« 「正義の戦争」と「不正義の平和」 | トップページ | 何を考えているんだか・・・。 »

「バッテリー」見てきました。

見てきました。「バッテリー」。良かった。いや~良かった。何ともいえない爽やかな感動をくれた映画でした。★5個で満点ならば★★★★★★といった感じでしょうか。小さい頃野球をかじったことがある方にはたまらない映画だと思います。

内容はまだ劇場公開中なので書きません。ただ、天才投手原田巧の弟青波役の鎗田君が、ギクシャクする家族を、チームメートを、そしてバッテリーを、ひとつにまとめるきっかけをつくる重要で難しい役どころを、非常に自然に、それでいて存在感たっぷりに好演していますので注目していただきたいと思います。

また、映画の中で非常に印象に残った言葉がありましたので、ここに書かせていただきます。野球の魅力について父親役の岸谷五朗が語った台詞なのですが、野球の何が素晴らしいのか?ということをハッと気づかせてくれた言葉です。

「野球って気持ちを伝えるスポーツなんだよ。だからお互いの気持ちをわかりあえた時、野球ってものすごく楽しいんものなんだ。」

|

« 「正義の戦争」と「不正義の平和」 | トップページ | 何を考えているんだか・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「バッテリー」見てきました。:

« 「正義の戦争」と「不正義の平和」 | トップページ | 何を考えているんだか・・・。 »