« ベスト4決まる。 | トップページ | 選抜優勝戦 ~今、未来、時代~ »

常葉菊川VS大垣日大 優勝戦を占う。

常葉菊川の9回の逆転劇は見事でした。バント作戦を使わず2本の2塁打と2本のタイムリー安打で一気に3点を挙げ、試合をひっくり返しました。見ていて気持ちの良い、あまりにも鮮やかすぎる大逆転でした。1点ビハインドでも不思議と常葉が負けてしまう気がまったくせず、この逆転勝利も何か当たり前といった感じがしました。常葉菊川は試合だけでなく大会の流れまでも引き寄せた感がします。左腕エース田中と、今日好投した2年生左腕戸狩の2枚が安定し、勢いに乗っている打線がこれを援護するという理想の形で、現在試合ができているのですから、明日の優勝戦も相当期待できそうです。

一方、帝京を接戦で退け、初出場で優勝戦進出を決めた大垣日大。エース森田君とそれを盛り立てる堅実な守備陣(この試合も無失策)に加え、しぶとくチャンスに勝負強い攻撃陣が健在とあらば、こちらも大崩はせず安定した戦いが出来るでしょう。大垣は「点を取られたらすぐに取り返す」「点を取ったらその次の敵の攻撃は必ず抑える」といった、当然のことができているので、相手に試合の流れを渡すことなく、自分達のペースで試合運びが出来ています。(阪口監督の的確な指示のおかげでしょうか?)

負けた帝京にしてみると、いつも通り先制したもののエース大田君が怪我の為先発できず、その裏すぐに逆転され試合の主導権をつかめなかったことが痛かったと思います。豪腕大田君の2回戦の死球による怪我はアンラッキーでした。完調ならば・・・と悔いが残りますが、その分夏にもう一度甲子園で暴れてくれることを期待しています。

さて優勝戦ですが、共に勢いがあり、攻守にまとまる好チーム同士の対戦となりました。ポイントは、①4試合一人で投げぬいた森田君の疲れがちょっと心配な大垣日大と、2枚看板田中・戸狩の両左腕エースが健在の常葉菊川の「投手力」の対決、②バントを使用しない強攻策で勝ちあがってきた常葉菊川と、甲子園での戦い方を熟知した阪口監督の的確な采配で相手投手陣を攻略してきた大垣日大の「攻撃陣」の対決、の2点だと思います。

①の投手力では常葉にやや分があると思いますが、②の攻撃陣では、常葉菊川攻撃陣が優勝戦だからといって変にヨソ行きの野球(バント攻撃等)なんかをすると、策士阪口マジックの術中にはまってしまう恐れもあります。普段どおりの強攻策で、森田君のスライダーを攻略できるかという点が見所でしょう。一方大垣日大も、選手達が甲子園優勝経験のある阪口監督に絶大な信頼をおいて試合をしているように見えます。「監督の指示通りに自分の役割を果たせば、必ずいい結果になるんだ。」という催眠術にかかっているようにも見えます。阪口監督のことですから、もう田中・戸狩攻略作戦は既にミーティングで伝達済みでなのでは?明日の試合の采配が楽しみです。

試合のキーマンをあげるとすれば、大垣日大のエース森田君でしょう。私は5点勝負(5点取ったほうが勝ち)の接戦を予想していますが、彼の出来によっては常葉菊川の一方的な試合になる恐れもあります。森田君が常葉打線を3~4点に抑えられれば、大垣日大の優勝の目がかなり出てくると思います。

いずれにせよ、07年のセンバツは明日の優勝戦が最終戦です。選手の皆さんは悔いの残らないよう精一杯プレーしていい経験を積んでください。センバツが終わればもう、すぐに夏です。

|

« ベスト4決まる。 | トップページ | 選抜優勝戦 ~今、未来、時代~ »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 常葉菊川VS大垣日大 優勝戦を占う。:

« ベスト4決まる。 | トップページ | 選抜優勝戦 ~今、未来、時代~ »