« 斉藤投手だけじゃないぞ! | トップページ | ちょっと真面目に政治の話。 »

慶応には○○がいるぞ!~東京6大学野球~

神宮球場で慶応大学VS立教大学戦を見てきました。

試合開始5分前に到着、パッとバックスクリーンをみると慶応スタメンに「1番セカンド、漆畑」「9番ピッチャー、中林」と表示されているではありませんか!!塾高時代から追い掛けていた2人の名をスタメンに見たときは、感動で目頭が熱くなりました。

感動の余韻に浸っている間もなく、慶応先攻で試合開始。先頭打者の漆畑君が痛烈なレフト前ヒットを放つと、また感動…。漆畑君のヒットがその後の慶応の猛攻に火をつけた形となりました。

1回裏マウンドに立つ背番号18番の姿をみて、三たび感動…。投球練習をみて四たび感動…。中林君の神宮初登板の記念すべき第一球は「136kmのストレート」でボールでした。先頭打者を珍しく四球で出してしまったのは、緊張と少し力みがあったのでしょう。3回以降は本来テンポのある小気味のいいピッチングと抜群の制球力で立教打線を封じ込めました。立教関係者の方には悪いですが、格の違いのようなモノを感じました。(後で知ったのですが、中林君は7回で被安打2で立教を0封したそうです。)

急用が出来てしまい、残念ながら4回裏終了で神宮を後にしたのですが、3安打した佐藤翔君、3塁手の松尾君、背番号1の青池君のプレーも非常に印象に残りました。今年の慶応は役者が揃っていて、なかなか期待できそうです。

斉藤君をはじめとする早稲田の新人選手ばかりが取り上げられている東京6大学ですが、ライバル慶応の「バヤシ」こと中林投手、「ウルシ」こと漆畑選手ら今春神宮デビューの若き新戦力選手の活躍にも注目です。

余談ですが、学生席のすぐ横に陣取ったので「ダッシュケイオー」をはじめとする塾の応援も十分に満喫できました。(♪パララッパパ~♪)久しぶりだったものの応援方法や歌詞も意外と忘れていないもので、一緒になって歌い大声で声援をおくることができて、塾生時代に戻ったような気分でとてもリフレッシュできました。4回までしかいなかったのに5回も「若き血」を歌えたことも非常にラッキーでした。

また、時間を作って是非見に行きたいと思います。

|

« 斉藤投手だけじゃないぞ! | トップページ | ちょっと真面目に政治の話。 »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 慶応には○○がいるぞ!~東京6大学野球~:

« 斉藤投手だけじゃないぞ! | トップページ | ちょっと真面目に政治の話。 »