« 中締め。~07年神奈川県春季高校野球大会~ | トップページ | 視聴率低迷の原因はTV局にある。 »

仕切り直し。~慶明2回戦~

本日の東京6大学リーグ戦・慶明2回戦は延長10回7-5で明治が勝利し、連勝で勝ち点を挙げました。

慶応は一時は4-0でリードし、先発中林が粘りのピッチング(5回1失点)をしたものの、6回からマウンドを引き継いだ相沢が明治打線につかまり逆転を許す。7回に5-5の同点に追いついたが、延長10回に左腕エース加藤が2ランHRを浴びて万事休す…。

早稲田追走には痛い星を落としてしまいました。残念な内容でしたが、終わってしまったことを後悔しても始まりません。この敗戦を、反省材料・今後の糧にして次週東大戦頑張ってください。もう一度仕切り直しです。

それにしても慶応・中林はいいですね。今日は四死球が多かったものの、要所をしめる粘りのピッチングで、持ち味を十分発揮していました。それとは逆に、相沢・加藤の2本柱は調子が上がってきません。特に加藤は本来のデキには程遠い状態のように見えます。気持ちを切り替え、再調整をして何とか東大戦で復活してほしいです。さもないと大逆転優勝は難しくなってしまいます。今まで塾投手陣を引っ張ってきたというエースの自覚とプライドを忘れずに頑張っていただきたいと思います。絶対に復活できます。

さあ、本当の勝負はこれからです。今リーグ戦の塾野球部の健闘を期待します。

|

« 中締め。~07年神奈川県春季高校野球大会~ | トップページ | 視聴率低迷の原因はTV局にある。 »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕切り直し。~慶明2回戦~:

« 中締め。~07年神奈川県春季高校野球大会~ | トップページ | 視聴率低迷の原因はTV局にある。 »