« 還暦野球。 | トップページ | 広島VS巨人、松坂VSイチロー、「NPB」VS野球ファン。 »

4月11日という日。

有名なのは1921年メートル法が公布された日、面白いところでは「ガッツポーズの日」。これは1974年ガッツ石松さんがWBCライト級のチャンピオンになった日で、メディアが勝利の瞬間のポーズを「ガッツポーズ」と名づけたことに由来するそうです。

さて野球界での出来事といえば、1959年、王貞治さんがデビューした日です。相手は国鉄のカネヤンこと金田正一投手で、対戦成績は2三振、1四球で金田投手の貫禄勝ちでした。長嶋茂雄さんのデビュー戦も、対戦相手は国鉄の金田投手で(結果はあまりにも有名な4打数4三振)、その後のプロ野球を引っ張っていくONの同じようなデビュー結果に何か不思議な縁を感じずにはいられません。

そしてもうひとつ。1989年、監督として明治大学野球部を長年にわたり指導してきた島岡吉郎氏がなくなった日でもあります。当時慶応に通っていた私達にとって、「御大」島岡監督(私が在学当時は総監督でした)率いる明治は大きな壁であり、強敵でありました。ただ、その訃報を聞いたとき、目に見えない大きな何か(うまくいえませんが)を失った喪失感に似たような感覚を感じたことを覚えています。当時の明治大学野球部に在籍していた選手の皆さんは私達が感じた以上に、ショックだったと思います。明治だけでなく東京6大学にとっても、大きな存在を失った日でした。

今でも毎月1日、明治の野球部員と関係者は島岡さんの胸像の前に集まり、その月1ヶ月間精一杯練習することを誓うといいます。島岡さんの明治大学野球部に注いだ熱い思いは、脈々と今に受け継がれているのです。

さあ、今週末から東京6大学の春季リーグ戦が始まります。御大の遺志を受け継いだ明治が、斉藤・福井らの加入で戦力の充実した早稲田や加藤・相澤の2枚看板の慶応、選手層の厚い法政らと(もちろん立教・東大も)どういう戦いを繰り広げるのか、今から楽しみです。

|

« 還暦野球。 | トップページ | 広島VS巨人、松坂VSイチロー、「NPB」VS野球ファン。 »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月11日という日。:

« 還暦野球。 | トップページ | 広島VS巨人、松坂VSイチロー、「NPB」VS野球ファン。 »