« 白熱する準々決勝。~神奈川県春季高校野球大会~ | トップページ | 3つのアレレ?~神宮と保土ヶ谷~ »

慶明戦・早法戦、そして慶立戦。

優勝の行方を占う東京六大学野球春季リーグ戦、「慶応」―「明治」戦は雷雨によりノーゲームになりました。ノーゲームとはいえ、慶応の左腕エース加藤と、明治のエース水田の熱い投手戦が6回まで繰り広げられていただけに、突然の豪雨はまさに熱投(熱湯?)に水をさした格好となり非常に残念でした。

慶明戦の前の、こちらも注目の「早稲田」―「法政」戦は3-0で早稲田が勝ちました。この試合、早稲田は3年生の須田が先発し、法政打線を無四球で完封しリーグ戦初勝利を飾りました。早稲田のエースナンバー「11」を引き継ぐのにふさわしいピッチング内容だったようです。ということで「16」の斉藤投手の出番は無し。東大相手とは違って、優勝の鍵を握る大切な法政戦の初戦のマウンドを任せるには、まだ役不足だったのでしょうか?。でも早稲田が先勝したことで、明日は斉藤投手の登板があるかもしれませんね。

一方の法政は主力投手の4年の平野、2年の上野が今日も登板しませんでした。2人とも神奈川県の高校野球を盛り上げた投手で、特に上野は平塚学園出身で慶応の中林(現塾2年)の高校時代からのライバルでもあったので、一目を置いていて個人的に応援しているのですが…。負けていたので登板機会がなかっただけでしょうか?

神奈川の高校野球といえば、明日の準々決勝で、慶応大学の弟分・慶応義塾高校が立花学園とベスト4進出をかけて戦うことになっています。捕手・主将・4番の伊場君と2年生左腕エースの田村君のバッテリーを中心にして勝ち上がってきた塾高が、本格派右腕藤田君を擁する立花学園にどう立ち向かうか注目です。法政・上野の母校平塚学園に勝って勢いのある立花学園か、それとも勝利すれば中林が高3の時以来の関東大会進出となる塾高か、好ゲームになるのは必至です。

でも、個人的には中林の母校・塾高が、立花学園を破り、ライバル上野の母校・平塚学園の仇を討って、ベスト4進出、関東大会出場権獲得、夏予選第1シード権を勝ち取って欲しいと思ってます。

塾高がんばれ!!

|

« 白熱する準々決勝。~神奈川県春季高校野球大会~ | トップページ | 3つのアレレ?~神宮と保土ヶ谷~ »

野球」カテゴリの記事

コメント

Dear Mスポさん
小生は昨日軽いかみさん孝行を済まし、今日塾高の応援に横浜スタジアムへ行き優勝の立会いをしてきました。先週保土ヶ谷で本塁打の野俣君の勇姿は見られませんが上田監督率いる塾高野球を堪能しました。おめでとうございます。関東大会でも元気の良いプレーを期待します。大正生まれの親父の影響で小生も六大学野球は大好きです。林、高橋栄一郎、衆樹、中田、永野玄、木村保、森徹、立教三羽烏等のプレーはいまだに脳裏に焼きついています。(時代考証ばらばらでしょうが!)民放プロ野球中継の苛立たしさ、解説の日本語の稚拙さには同感です。あなたの今後のブログを楽しみにしています。

投稿: 野口純一 | 2007年5月 5日 18時46分

野口さん、コメントありがとうございます。
ただいま家族サービスから戻ってきました。(6日14時)旅行中はハマスタでの神奈川県大会決勝のことが気になって気になって…。正直心ここにあらずといった感じでした。
帰宅するや否や、雨の中スポーツ新聞を買いに走り「塾高優勝!」の記事を発見しました。知らず知らず涙がこぼれました。試合はなかなか素晴らしい内容だったということ、私も優勝に立ち会いたかっただけに野口さんがうらやましいです。
また、私のブログに対してのあたたかなコメントもありがとうございます。これからも、ご期待に沿えるよういろいろ書いていきたいと思っています(でもあまり力まずに)。
これからもご意見・ご感想ございましたらコメントよろしくお願いいたします。

投稿: すーさん@10 | 2007年5月 6日 14時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 慶明戦・早法戦、そして慶立戦。:

« 白熱する準々決勝。~神奈川県春季高校野球大会~ | トップページ | 3つのアレレ?~神宮と保土ヶ谷~ »