« ただの勝ち負けじゃない。~TG戦~ | トップページ | ここまでの総括と今後の展望~神奈川春季高校野球大会~ »

ベスト8決まる。~神奈川県春季高校野球大会~

神奈川県春季高校野球大会4回戦が行われ、ベスト8が決まりました。

今大会旋風を巻き起こした城郷、川崎北、相模大野の公立勢は残念ながら惜敗し、ベスト16止まりでした。センバツ出場の日藤は今大会好調の藤嶺との藤沢決戦を制しました。4回戦屈指の好カードは商大が秋優勝の桐光に完封勝ちしました。一方東海大相模は、3試合目にしてやっと打線が爆発し光明に大勝、横浜も危なげなく相洋を下しました。慶応義塾(塾高)は伊場君の2ランHRで先制し、終盤のY校の猛追をかろうじてかわし準々決勝進出を決めました。今日敗れた8校は、今夏の県大会は第3シードとなります。

試合結果は以下の通りです。日大藤沢6-2藤嶺藤沢、鎌倉学園4-3城郷、横浜商大2-0桐光学園、横浜創学館9-1相模大野、東海大相模11-1光明相模原、横浜11-0相洋、立花学園3-2川崎北、慶応義塾3-2横浜商業。

28日、29日に保土ヶ谷球場で行われる準々決勝の組合せは以下の通りです。28日・日大藤沢VS鎌倉学園、横浜商大VS横浜創学館、29日・東海大相模VS横浜、立花学園VS慶応義塾。

どの組合せも実力伯仲の楽しみな対戦カードとなりました。個人的には塾高VS立花戦(昨秋も3回戦で対戦していて6-2で塾高の勝利)に注目です。立花が秋の仇をとるか、それとも塾高が返り討ちにしとめるか、29日がとても楽しみです。

|

« ただの勝ち負けじゃない。~TG戦~ | トップページ | ここまでの総括と今後の展望~神奈川春季高校野球大会~ »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベスト8決まる。~神奈川県春季高校野球大会~:

« ただの勝ち負けじゃない。~TG戦~ | トップページ | ここまでの総括と今後の展望~神奈川春季高校野球大会~ »