« 視聴率低迷の原因はTV局にある。 | トップページ | 嬉しいけど、がっかり。 »

野球特待生問題について 3

「日本学生野球憲章」を読んだことがありますか?日本高等学校野球連盟(高野連)のホームページにその条文が掲載されています。憲章の前文の内容を要約すると以下のようになります。

「われらの野球は学生野球である。学生であるという自覚を基礎として、それを忘れてはわれらの野球は成り立たない。勤勉と規律を遵守しなければならないし、怠惰と放縦に対しては常に厳しく対処しなければならない。野球というスポーツがもつ本来の意味と価値に加え、更に、フェアな精神を体得する事、いかなる状況にも驕らず・屈せぬ明朗強靭な情意を涵養する事、強健な身体を鍛錬する事、がわれらの野球の理念である。この理念を想望して定めるのがこの憲章である。」

この内容をみればお分かりになると思いますが、日本学生野球連盟、あるいは日本高校野球連盟という組織は、単純に野球というスポーツをプレーする団体が所属する組織でなく、健全な精神と強健な肉体修養を主たる目的として、その手段として様々な制約を加えた「学生野球」という、本来の野球とは似て非なるものを取り仕切っている特異な組織なのです。

この連盟に加盟している団体は、どんな理不尽なことをいわれようとも、それがその連盟の規約の中に明記されている以上従わなければなりません。「他のスポーツがOKなのに、野球だけがNGなんてバランスがとれない。」なんていう理由は通用しないのです。私学中学高等学校連盟が要望書なんて提出しても、高野連が受け付けないのは当たり前のことです。連盟の規定が明文化されており、具体的事例まで挙げて説明している以上、それを承知で加盟していると判断しているわけですから。

高野連は、特待生問題の問題点、その法的根拠、現時点での違反校に対するペナルティ、改善の要求とそれがなされない場合のペナルティ等、を明確に示していてその対応も首尾一貫していてます。組織を運営する立場がとるべき姿勢という点では評価できると思います。

ただし、姿勢は評価できても、高野連が示している内容は腑に落ちません。

私自身、「野球特待生問題について」、「野球特待生問題について 2」を書いてからも、この問題についての様々な報道に接し、たくさんの人から意見を聞き、そして十分に考えてきました。そしてやはり、

①高野連の存在と運営の法的根拠となっている特異な「日本学生野球憲章」と、その中にある現実にそぐわなくなった憲章13条を厳格にしか適用できない硬直した体質(見直し・改正といった視点がまったくない)

②ペナルティの対象が学校だけでなく、野球部員にもおよんでいること。

③ペナルティ実施期間が5月という時期であること。(是正していくならば、即ペナルティ実施ではなく、指導期間あるいは猶予期間ということで新年度生募集からの廃止を行うべき。)

この3点が、特待生問題を混乱に陥れている原因と思われます。高野連は自分の体裁を守ることしか考えていないようにみえます。本当に考えなければならないのは、今野球をしている野球部員のことだと思います。特に3年生は最後のシーズンをむかえて、今一番大事な時期です。夏に悔いのない結果が残せるよう、くじけずにこの試練を乗り越えてください。

ということで、「野球特待生問題について」は、今回のブログを最後にしたいと思います。

|
|

« 視聴率低迷の原因はTV局にある。 | トップページ | 嬉しいけど、がっかり。 »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/6280174

この記事へのトラックバック一覧です: 野球特待生問題について 3:

» 特待生問題ってこんなことが、、、 [SAW]
----------------------------------ちわーっす。今日も流行りについての情報お送りいたします^^----------------------------------今検索されまくってる言葉----------------------------------野球特待生問題について 3高野連は、特待生問題の問題点、その法的根拠、現時点での違反校に対するペナルティ、改善の要求とそれがなされない場合のペナルティ等、を明確に示していてその対応も首尾一貫していてます。組織を運営する... [続きを読む]

受信: 2007年5月 3日 00時57分

» 腐りきった日本高校野球連盟 [1喝たぬき]
これは特待制度(奨学金制度)を禁止している高野連の方に問題があるだろう。優秀な選手に奨学金を与えるのは当たり前。 [続きを読む]

受信: 2007年5月 4日 10時58分

« 視聴率低迷の原因はTV局にある。 | トップページ | 嬉しいけど、がっかり。 »