« 早慶戦まで、あと10日。 | トップページ | 早慶戦名勝負 ① »

伝説の始まり。

久しぶりに映画の話。

今から30年前の今日(5月25日)に、ある伝説の映画が全米で公開されました。さてその映画とは?

ヒント1。世界のクロサワはこの映画を、「汚れがいいね。」と評した。

ヒント2。シリーズ化された物語は、全て同じ文言から始まる。

ヒント3。全6作品すべてに登場するのは、ロボット(ドロイド)二体である。

正解は、「スターウォーズ」です。後に、「エピソードⅣ・新たなる希望」という副題がつけられることになった第1作目の全米封切りの日が、1977年5月25日なのです。今から30年前のことです。(日本公開は1978年)

私も「スターウォーズ」、観に行きました。有楽町の日劇のスクリーンだったような気がします。(ちょっと記憶が定かでは有りませんが…)9歳の子供にとって、スクリーンに映し出される、今まで見たことのないような現実的でスピード感あふれる映像は、その全てが圧倒的で衝撃的でした。映像だけでなく、描き出されている世界観にもどっぷりはまってしまいました。

もちろん、全6作品+3作品(旧3部作の完全版)は劇場(延べ30回くらい観にいっているかな?)で鑑賞し、DVDプレーヤーを購入することになったきっかけの映画でもあります。2人の子供に「ジェダイ」と「フォース」の崇高さを切々と説き、妻から「スターウォーズ」禁止令が出されることもありました。(というより、現在も禁止令継続中でDVDは隠されてしまって、どこにあるかわかりません。)

一番の衝撃を受けた場面は、Ⅳのクライマックスですね。デススターの心臓部からつながる熱排出口にプロトン魚雷を打ち込むため、ルークら反乱軍の小型戦闘機の編隊がデススターに突入して繰り広げられる戦闘シーンです。それまでのSF映画に見られなかったリアルな映像とスピード感に圧倒されました。全6作品の中でも、No1だと思います。

ということで、「スターウォーズ」についてはまだまだ書きたいことが山のようにありますが、またの機会にしたいと思います。

ということで、早くSW禁止令を解除してくれないかな~。

|
|

« 早慶戦まで、あと10日。 | トップページ | 早慶戦名勝負 ① »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/6547392

この記事へのトラックバック一覧です: 伝説の始まり。:

« 早慶戦まで、あと10日。 | トップページ | 早慶戦名勝負 ① »