« 明日から東京六大学新人戦。 | トップページ | 今年も「六旗の下に」の季節が来ました。 »

東京六大学のスター候補生勢揃い。

東京六大学野球春季新人戦の1回戦2試合が行われました。

第1試合法東戦は法政が猛攻で16-0と快勝、第2試合の慶立戦は2-2で迎えた延長10回裏、立教渡辺選手のサヨナラ満塁HRという劇的な幕切れで決着がつきました。

立教は、高校時代早稲田斉藤のライバルであった日大鶴が丘卒の仁平が3回をパーフェクト・3三振を奪う好投でした。この投手は立教復活の鍵を握る注目の投手となりそうです。

慶応スタメンには塾高センバツ組の山口・高橋玄・長谷の3人が名を連らね、途中から谷地・竹内も出場しました。今後の慶応を担う若い戦力として、塾高野球部出身者が神宮の杜で活躍しているというニュースを聞くと、ちょっとうれしくなります。また、桐朋卒の居村、岡山城東卒の奥橋らも好投したようで、加藤卒業後(もしかしたら今秋から?)の塾投手陣の柱としての可能性を示してくれました。試合には負けてしまいましたが、今後に楽しみな内容だったと思います。(打撃陣はちょっと不安ですが…)

明日は、今日勝った法政が明治と、立教が早稲田と戦います。

まだまだ神宮球場は熱い戦いが続いています。

|
|

« 明日から東京六大学新人戦。 | トップページ | 今年も「六旗の下に」の季節が来ました。 »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/6675684

この記事へのトラックバック一覧です: 東京六大学のスター候補生勢揃い。:

» A Supernova [擬藤岡屋日記]
塾野球部は奮闘むなしく残念な結果に終わったが、斎藤効果はあったにしてもエース加藤くんを中心とした大活躍で久々の大盛況の慶早戦、心からの感謝と称讃を送りたい。 昨日の立教との新人戦、延長10回満塁ホームランでのサヨナラ負けという情けない結果に... [続きを読む]

受信: 2007年6月 6日 11時41分

« 明日から東京六大学新人戦。 | トップページ | 今年も「六旗の下に」の季節が来ました。 »