« 高校野球神奈川県大会の展望 その12~横浜商ブロック~ | トップページ | 第三者機関。 »

高校野球神奈川県大会の展望 その13~横浜創学館ブロック~

横浜創学館は第1シードです。このブロックには、大磯・栗原・藤沢翔陵・日大・大和東・森村学園・慶応藤沢・上郷・追浜・柏陽・鶴見総合が入りました。

大磯。昨秋は2勝1敗(平学に2-10、高浜に8-1、大井に6-5)で本大会へ。1回戦で茅ヶ崎に0-11で敗れる。今春は2勝1敗(平塚江南に6-3、小田原に3-8、大井に11-4)で予選突破。1回戦で住吉に1-7で敗れる。

栗原。昨秋は2勝1敗(有馬に6-2、渕野辺に0-7、柏木学園に11-1)で本大会へ。1回戦で霧が丘に2-3で敗退。今春は0勝3敗(秦野に1-12、城山に5-9、大和西に2-7)で予選敗退。

藤沢翔陵。昨秋は1勝1敗(アレセイアに10-0、藤沢西に7-10)で予選敗退。今春は3勝0敗(湘南学園に10-0、湘南台に16-8、藤沢西に2-1)で本大会へ。2回戦で武相に3-5で敗れる。

日大。昨秋は3勝0敗(桐蔭学園に6-5、瀬谷に3-2、港南台に6-2)で予選突破。2回戦は向上に4-2、3回戦で桐蔭学園に3-10で敗れる。今春は公式戦不参加。

大和東。昨秋は2勝1敗(津久井に3-2、総合産業に10-2、大和南に1-6)で予選突破。1回戦で立花学園に5-10で敗れる。今春は1勝2敗(光明相模原に0-4、相模原総合に7-8、中央農に11-6)で予選敗退。

森村学園。昨秋は0勝3敗(武相に1-11、金沢に2-9、新栄に1-8)で予選敗退。今春は0勝3敗(川和に0-10、県商工に1-12、金沢総合に1-8)で予選敗退。

慶応藤沢。昨秋は1勝2敗(鎌倉に7-8、深沢に5-6、大清水に14-13)で予選敗退。今春は1勝1敗(七里ガ浜に16-9、藤沢総合に2-9)、代表決定戦で大船に8-1で勝利し予選突破。1回戦は麻溝台に7-0、2回戦は横須賀工に8-1、3回戦で慶応(塾高)に0-7で敗れる。

上郷。昨秋は3勝0敗(横浜清陵総合に13-0、舞岡に12-2、港北に5-4)で本大会へ。2回戦で秦野に3-7で敗れる。今春は2勝1敗(武相に0-12、岸根に6-1、保土ヶ谷に7-2)で予選突破。1回戦は鶴嶺に7-4、2回戦で創学館に1-8で敗れる。

追浜。昨秋は2勝1敗(三崎水産に16-2、横須賀大津に7-0、横須賀学院に0-4)で本大会へ。1回戦で県川崎工に2-5で敗れる。今春は3勝0敗(横須賀に9-1、三崎水産に11-0、岩戸に8-3)で本大会へ。2回戦で川崎北に0-10で敗れる。

柏陽。昨秋は0勝3敗(創学館に0-16、岸根に2-9、横浜立野に5-8)で予選敗退。今春は3勝0敗(南に7-6、上矢部に8-1、市ヶ尾に15-8)で本大会へ。2回戦で相洋に6-14で敗れる。

鶴見総合。昨秋は0勝3敗(南に1-22、横浜南陵に0-10、金井に1-13)で予選敗退。今春は0勝3敗(神奈川工に0-10、横浜立野に1-10、港南台に0-10)で予選敗退。

秋・春連続県大会進出校は、創学館・大磯・上郷・追浜の4校。連続予選敗退校は森村学園・鶴見総合の2校。

創学館最初の関門は3回戦での日大戦だろう。春不参加ながらも桐蔭に勝利した実績は価値がある。藤翔にも可能性はあるが、武相戦敗北の戦績は日大と比較するとやや見劣りがする。

もう一つのヤマからの4回戦進出校は慶応藤沢、上郷、追浜、柏陽の4校が候補だが、戦績を比較する限り大差が無い。つまりどこが勝ち上がってもおかしくない。あえて挙げるとすれば岸根に勝利している上郷か?(希望は慶応藤沢)。いずれにしても、どの高校が4回戦に進出してもで創学館に勝つまでは?という状況。

結論。創学館は日大(藤翔)戦さえクリアできれば、5回戦進出。

|

« 高校野球神奈川県大会の展望 その12~横浜商ブロック~ | トップページ | 第三者機関。 »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高校野球神奈川県大会の展望 その13~横浜創学館ブロック~:

« 高校野球神奈川県大会の展望 その12~横浜商ブロック~ | トップページ | 第三者機関。 »