« 早法・慶明、ともに譲らず。~東京六大学野球秋季リーグ戦~ | トップページ | 秋の4強決まる!~高校野球秋季神奈川県大会~ »

少年野球秋季リーグ戦第1戦。

長男が所属する少年野球チームの区連盟主催の秋季リーグ戦がありました。

朝7時いつも練習に使っているグラウンドに集合し軽い準備体操の後に、試合が行われる小学校に移動しました。区の北端にあって、ほとんど区境といってもいいほどの遠方の試合会場への移動ということで、時間に余裕を見ていたものの、9時試合開始直前にグラウンドに到着、試合前のアップがほとんど出来ないという(キャッチボール3分)最悪の状況で、試合が始まりました。

お彼岸3連休で主力の子供達が数人かけている状況に加え、明らかな準備運動不足がたたってか、投手は四球・死球を連発、内外野の守備は壊滅的失策が続出、攻撃もまったくバットに当たらないという(相手投手が凄いというわけでは決して無い)悲惨さで、3-13で3回時間切れコールド負けとなってしまいました。

長男はこの日も応援部隊で、最初のうちは一生懸命応援していたものの、試合状況が悪化するにつれだんだん声が出なくなり、応援部隊の他の1年生とふざけあう始末。

試合後のミーティングで発言する機会を監督から与えてもらったので次のようなことを話させていただきました。

試合というのは、チームのみんなが一つの目標に向かって力を合わせなければ絶対に勝つことが出来ない。どんなに速いボールを投げる投手がいても、どんなボールでもHRできる打者がいても、それだけでは絶対に勝てない。試合に出ている選手は勿論のこと、ベンチで応援している選手も、「試合にでてないから関係ないや」ではなく、チームが勝つために今自分が一体何をすることが出来るのかを考えてそれをやらなければいけない。チームが試合をしている時に必要ない選手なんて一人もいないんだ。チームのために自分ができることは何?ということを考え行動することで、初めてチームワークというものが生まれ、そしてチームワークこそ、チームが勝つための絶対必要な条件なんだ。今の君達にはチームワークが無いようにみえる。

マメ球児たちは神妙な顔つきで聞いてくれましたが、なんとなくでも分かってもらえたのでしょうかね?

長男にも、「控え選手というのは、常に試合に集中していなければいけないんだぞ。いつ、どのタイミングでどんな形で出場しても大丈夫なように、自分も試合に参加している気持ちで見ていなければならないし、そしてすぐ動けるように準備していなければいけないんだ。試合に出ていないから関係ないというのは見当違いも甚だしい。一番大変な役割を担っているんだぞ。」と話しました。こちらも分かってくれたかどうかは???ですが…。

いつものグラウンドに戻って3時まで、みっちり練習しました。午後になってやっとエンジンがかかってきたのか、ノックでは好守備、バッティング練習では快音連発でした。ノリノリのマメ球児たちに向かって、「試合のときやってくれよ~」と監督がぼやいていたのには笑わせていただきました。

さあ、明日は秋季リーグ戦の2戦目です。どんな戦いを見せてくれるのか、とても楽しみです。できればこのままノリノリの調子で秋の初勝利を期待しています。(長男にも出場機会があると正直嬉しいですが…。)

みんな、がんばれよ~。

|
|

« 早法・慶明、ともに譲らず。~東京六大学野球秋季リーグ戦~ | トップページ | 秋の4強決まる!~高校野球秋季神奈川県大会~ »

少年野球」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/8072766

この記事へのトラックバック一覧です: 少年野球秋季リーグ戦第1戦。:

« 早法・慶明、ともに譲らず。~東京六大学野球秋季リーグ戦~ | トップページ | 秋の4強決まる!~高校野球秋季神奈川県大会~ »