« テレビの現状に対する問題提起。 | トップページ | No.1右腕が大場(東洋大)なら、No.1左腕は? »

季節がわりは古傷が…。

体調不良から復活し仕事復帰しましたが、今度は左足首に鈍い痛みが…。

今から25年ほど前、野球の練習で2塁にスライディングした際、スパイクの刃がひっかかり左足首が倍に膨れ上がるほどの重度の捻挫をしたことがあり、その後遺症かどうかはっきりしませんが季節がわりのこの時期や梅雨時に、この鈍痛の症状がでることが多いのです。

周りの人は「体重増加で足に負担がかかっているんじゃないの?」などと冷やかしますが、本人は結構きついものです。

今週末は草野球と少年野球の練習のお手伝いもありますし、近々その少年野球の「BBQ&親子混合親善ソフトボール大会」も予定されていますので、早くこの鈍痛の症状が改善することを祈らずにはいられません。

気ばかり若いつもりでいるものの、体には(あちこちが痛むということは)そろそろガタがきはじめていることを素直に認め、日頃の不摂生を反省して、少しは真面目に体の手入れをしなければ…と思う今日この頃であります。

|
|

« テレビの現状に対する問題提起。 | トップページ | No.1右腕が大場(東洋大)なら、No.1左腕は? »

少年野球」カテゴリの記事

草野球」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです!
ちょっとばたばたしていたので今日は歯科で読みました。ここの先生も慶応出身で(すーさん情報の)早慶戦の話を振ったらいつもに増して饒舌に…その針先は本当に治療する歯にあたっているのか?と思うくらい目がたれてました!いつもはくれない歯間ブラシのサービスもあり…すーさん情報のおかげです~ありがとうございました。
古傷はつらいですよね…体調不良後のいたずらもあるかもしれませんがお大事にしてください。
そうそう、この前の日曜日、はじめて少年野球でサドンデスの試合をみました。三塁まではお互いいくのですがその後の進塁を許さない両軍のバッテリー、守るバック、本当に力互角の戦いでした。このまま延長かと思いきや一回勝負の1アウト満塁のサドンデス…勝負決まらず、全員参加のくじ引きに…結果勝ちましたが、いまいちすっきりしない試合になりました。
『ぜったい優勝しろよ!』と最後の挨拶で相手に重い言葉をもらいました。
次はベスト4。
関東大会遠征は夢に終わりました…

投稿: せい | 2007年10月18日 00時12分

せいさん、いつもコメントありがとうございます。

ご子息のチーム、頑張っていますね。
トーナメントはいくらいい勝負をしても勝たないと次がありません。クジ勝負でも勝ちは勝ちですから、次の準決勝も実力+その強運を味方につけて、クジで負けてしまったチームの分まで是非勝ち進んでください!応援してます。

大会準決勝を控えて最高潮のせいさん、早くもシーズンオフに突入している私…何かプロ野球界と同じような状況ですね。せいさんのところがうらやましいです。

また、何かございましたらコメントいただけるとうれしいです。

投稿: すーさん@10 | 2007年10月18日 09時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/8468472

この記事へのトラックバック一覧です: 季節がわりは古傷が…。:

« テレビの現状に対する問題提起。 | トップページ | No.1右腕が大場(東洋大)なら、No.1左腕は? »