« 勝手に選ぶ塾野球部ベスト9 (一塁手部門) | トップページ | 明日は「勤労感謝の日」。 »

要再考・スポーツ中継の在り方。

11月21日付読売新聞朝刊19面に、村田雅幸氏が書いた「スポーツ考現学」というコラムがあり、「虚像消費する試合中継」という内容で記事が書かれていました。テレビのスポーツ中継に対する不誠実な姿勢について、このブログでも何度か取り上げてきましたが、この村田氏の書いているコラムもスポーツ中継に対する放送する側と視聴する側の問題点を指摘しています。

以下記事の内容を紹介させていただきます。『 』内は、同コラムから引用させていただいた箇所です。

まず記事は今夏の世界陸上でモザンビークの女性選手に「筋肉聖母」というニックネームをつけたTV局に対して、映画監督西川美和さんが違和感を持ったことを紹介している。そしてこう続けている。

『ニックネームを付けることは、親近感を持たせる有効な手段ではある。だからテレビは、例えば女子バレーボールなら、選手たちを「プリンセス○○」「○○姫」などと名づけ、アイドルのごとく持ち上げる。選手に人気が出れば、視聴率も上がるという算段だろうが、「それがスポーツ本来の面白さを奪っている、という気がするんです」。中継は、人気選手のアップ中心となり、外国勢との対戦では、画面に映るのは日本人ばかり。いくら相手がいいプレーをしても、その姿が映されなければ、ゲームの本当の面白さが視聴者に届くはずもない。その結果、人々の関心は勝ち負けだけに向いていく。』

『一方で、選手を美化するニックネーム付けによって、「視聴者の目から隠されてしまう部分もある」という。選手たちは、汗にまみれ、はいつくばって厳しいトレーニングを積んでいるのに、オヤジ趣味的な「プリンセス」「姫」という呼び方が、そのすべてを見るものから遠ざけてしまうというのだ。』

村田氏は西川監督の言葉を用いて、映画は撮る側と撮られる側が共犯の関係にあるのだが、スポーツにおいては撮る側と撮られる側の関係は、盗み撮り・搾取とまで言い切り、撮られる側の意思や希望はまったく反映されていないことを指摘している。その上で、スポーツ中継において共犯関係は、テレビと国民の間に成り立っていると述べている。

『テレビカメラの先にいるのは、私たち国民である。選手の一挙手一投足まで知りたがる視聴者である。その時、テレビと国民との間に共犯関係が生まれる。選手たちを蚊帳の外において。』

最後はこう結んでいる。

『私たちは、テレビ中継のおかげで多くのスポーツに触れらた。それがスポーツ人口を増やしてきたのも事実だろう。だが、過度の演出は、スポーツにはなじまない。「視聴者が見たいものを作っているだけ」「テレビが流すから見てしまう」と責任をなすりつけ合うことは簡単だが、本当にスポーツを愛すのなら、互いに自戒することが必要になるだろう。』

目玉グループのバレーボール中継(アイドルがコートで何故歌を?)、昨夏の甲子園大会から東京六大学へと引き継がれたハンカチ王子(東京六大学はワセダだけでは無い)、亀田のボクシング、世界陸上の過剰な煽り立て、ゴルフのハニカミ王子騒動、バトミントンのオグシオ…。

選手個人にスポットをあてて「かっこいい」「かわいい」とワイワイキャーキャー騒ぎ立てるならば、昼のワイドショーあたりで特集でも組んで放送すればいいのです。ワイワイキャーキャー騒ぎたい人たちは、そのワイドショーを見ればいいのです。スポーツ中継とワイドショーをごっちゃにしないで欲しいと思います。

スポーツ本来の面白さを純粋に楽しみたいと思っている人達を小馬鹿にするような内容の中継ばかりで、いい加減うんざりしてしているというタイミングで、この記事を読みました。是非皆さんに読んで欲しいと思いましたのでご紹介させていただきました。

それにしても、これだけ新聞等でスポーツ中継の改善すべき点が指摘されているのに、TV関係者は全然気にしないのでしょうか?気にはしているけれども視聴率を取るために不本意ながら現在のような中継内容に甘んじているのでしょうか?もしそうだとすれば、スポーツをワイドショー的視点で見ることに慣れてしまった視聴者側にも大いに問題があるということでしょう。

中継する側・見る側双方ともに、スポーツ中継の在り方についてもう一度再考しなくてはならない時期に来ているのかもしれません。

|

« 勝手に選ぶ塾野球部ベスト9 (一塁手部門) | トップページ | 明日は「勤労感謝の日」。 »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 要再考・スポーツ中継の在り方。:

« 勝手に選ぶ塾野球部ベスト9 (一塁手部門) | トップページ | 明日は「勤労感謝の日」。 »