« 少年野球が公共工事の犠牲に…。 | トップページ | 勝手に選ぶ塾野球部ベスト9 (二塁手部門) »

LED使用は果たして本当にエコなのだろうか?

今日夕方、某ラジオでニューヨーク名物のクリスマスツリーの点灯式が行われたという話題が出てました。

今年から従来のライトアップから発光ダイオードに変更され、例年の3割ぐらいしか電力量がかからないとのこと。

「エコですね…。地球温暖化を考えてのことでしょうかね?」なんていうコメントが流れてきましたが、本当に真剣に地球温暖化のことを考えるならば、大して必要のないクリスマスツリーの点灯なんかやめてしまえ!と思うのですがいかがでしょう?

あちらこちらでクリスマスイルミネーションが盛んに行われています。また、自宅を電飾でピカピカに飾ってこの季節を楽しんでいる家も多くなりました。こういう話題を聞くと、やっぱり人間は地球温暖化や環境破壊に対して真剣に考えていない、どこか他人事みたいにとらえているんだなと思いました。

「この時期だけなんだからいいじゃないか」という意見もありますが、昼休みのオフィスの電気を落としたり、真っ暗なオフィスでデスクライトの光だけで残業をしたり、営業車を廃止し雨合羽を着て自転車にまたがり外回りをしたりしている一方で、一晩中電飾ピカピカというのもいかがなものか…。

この時期を楽しむならば何か違う方法があるのでは?例えば、自宅でロウソクを灯しながらクリスマスケーキを囲んでホームパーティーをするとか…。

ちょっと過激な意見だったかな?

|

« 少年野球が公共工事の犠牲に…。 | トップページ | 勝手に選ぶ塾野球部ベスト9 (二塁手部門) »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

全く同感です!そもそも日本人にクリスマスは何の関係も
ないイベントです。(子供の夢を奪うものではありませんが)地球温暖化に対する認識の甘さは極まりないですね!
「士農工商」と「言われた階級がありますが「士」にいかずに「商」に成り下がったと言われて久しいものです。
教育が間違ったのでしょうね!一連の食物偽装・不動産の耐震偽装・社会保険庁等々、倫理・道徳を亡くしてしまった日本は残念でなりません!
>ちょっと過激な意見だったかな?
 全くそうは思いません。
独逸を初めとする欧州先進国を、発展途上の日本は見習うべきです!

投稿: 一球入魂 | 2007年11月30日 11時30分

一球入魂さん、いつもコメントありがとうございます。

今朝のNHKニュースでは、CO2の排出量めぐる企業間での取引の話題が取り上げられていました。と思えば、クリスマスイルミネーションが点灯されたという話題もちらほらと…。
やはり世の中ちょっと矛盾してますよね。イルミネーションを点灯しなくたって、工夫次第で楽しみ方はいろいろあると思いますが…。
最近の日本は、やはりちょっと思考の歯車がかみ合っていないような気がします。

一球入魂さん、また何かありましたらコメントよろしくお願いいたします。

投稿: ,すーさん@10 | 2007年11月30日 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LED使用は果たして本当にエコなのだろうか?:

« 少年野球が公共工事の犠牲に…。 | トップページ | 勝手に選ぶ塾野球部ベスト9 (二塁手部門) »