« 昔も花園? | トップページ | 高校ラグビー2回戦。 »

Mスポ的10大ニュース。

今年も残すところあと1日半。07年はどんな年だったのか振り返る意味をこめて、2007年Mスポ的10大ニュースを発表してみたいと思います。

第10位 「夏の甲子園・佐賀北劇的優勝」

8回の逆転満塁HRは「天晴れ」の一言に尽きます。決勝だけでなく甲子園を通じての佐賀北の戦いぶりは、まさに高校野球は「筋書きのないドラマ」ということを改めて教えてくれたように思います。

第9位 「塾・中林君、神宮デビュー初登板初勝利」

4月15日の春季リーグ戦、対立教2回戦で塾高センバツ組の中林君が初登板初勝利を飾りました。大エース候補の記念すべきデビュー戦を生観戦できて感激しました。

第8位 「魂のエース・加藤幹典君、通算30勝。そしてヤクルトへ」

通算30勝左腕・塾投手陣の大黒柱の加藤君の「魂の投球」は、永遠に語り継がれることでしょう。これからはプロとして、神宮のマウンドで活躍する雄姿を応援させていただきます。

第7位 「アジア予選突破、日本代表北京五輪へ」

しびれるような対韓国戦、対台湾戦でした。野球の持つ真剣勝負の醍醐味を十分満喫させていただきました。本番でも是非頑張って欲しいですね。

第6位 「慶慶戦、実現」

春季高校野球神奈川県大会3回戦で、公式戦初の塾高対SFC戦、いわゆる「慶慶戦」が実現しました。秋季大会4回戦でも2度目の慶慶戦が実現され、塾関係者にはなんとも贅沢で勿体無い対戦となりました。3度目は是非来夏の甲子園決勝戦で…。

第5位 「志木高軟式、大活躍」

志木高軟式野球部の目覚しい活躍に、感動させていただきました。春季関東大会出場、夏の埼玉大会優勝、南関東大会出場…素晴らしいです。来年は塾高軟式とともに関東大会で「軟式版・慶慶戦」の実現を期待しています。

第4位 「激闘!早慶戦」

春・秋共に優勝のかかった早慶戦になりました。燃えましたね~。春は1勝2敗で早稲田が優勝。秋も延長12回の激闘や、エース加藤君の気迫の投球がみられたものの、またしても早稲田が優勝。1年に2回も目の前でライバルの胴上げを許すという屈辱を味わいました。開塾150周年の08年こそ、塾野球部の巻き返しを期待します。

第3位 「塾高、47年ぶりに春の神奈川制覇」

春季高校野球神奈川県大会で、塾高は47年ぶり3回目の優勝を飾りました。名実共に春の神奈川王者となりました。見事な戦いぶりでした。続く関東大会でもベスト4まで進出し、「夏も!」と大いに期待いたしましたが…。引退した塾高選手の皆さん、次は舞台を神宮に移して頑張ってくださいね。

第2位 「塾高、秋季大会快進撃!センバツほぼ当確」

新チームとなって迎えた秋季県大会で見事に準優勝、続く関東大会でも準優勝を果たし、来春のセンバツ出場がほぼ当確となりました。素晴らしい成績です。おめでとうございます。一緒になってハラハラドキドキさせていただきました。1月25日の選考委員会の結果が楽しみですが、もし出場確定だったら、甲子園のスタンドで絶対に応援させていただきます!

第1位 「充実した野球生活…。感謝」

6月から小1の長男が地元の少年野球チームに入り、それまでの生活リズムが一変、週末はほぼ野球の手伝いとなりました(11月には同チームのコーチにもなってしまい責任も重大になりました)。自分自身の草野球も大きな怪我も無く、明るく楽しく気持ちよく1年の活動を終えることができました。こうした野球中心の生活がおくれるのも、家族、特に奥方の深い理解があってのことだと思います。照れくさくて面と向かって言えそうもありませんのでこの場を借りて感謝の意を表したいと思います。「どうもありがとうございます。」

ということで、2007年Mスポ的10大ニュースでした。

アッという間に過ぎてしまったという感想でしたが、こうして振り返ってみるといろいろなことがあり、非常に充実した一年だったように思います。

2008年も、時間に流されること無く、足元を見つめながら一日一日しっかりと過ごしていきたいと思います。

|

« 昔も花園? | トップページ | 高校ラグビー2回戦。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mスポ的10大ニュース。:

« 昔も花園? | トップページ | 高校ラグビー2回戦。 »