« 「先生」の生まれた日。 | トップページ | 早慶決戦・前夜。 »

国際化する柔道をめぐる諸問題の原因。

柔道の話をもう一度だけ。

前記事(「JUDO」から「柔道」へ)を書いた後、少し柔道の歴史を勉強しまして、認識が改まったことや、ちょっと補筆というか書き足りなかったことを記したいと思います。

柔道は正式には「日本伝講道館柔道」といいます。明治15年(1882年)嘉納治五郎が、鎌倉幕府以来の武術であった武芸十八般の中の一つ・柔術に、自らの体験から教育的価値を見出して、100を超える流派を整理体系化し「柔道」と名づけ講道館を創設しました。いわゆる講道館柔道の始まりです。

嘉納は、修身法・錬体法・勝負法としての修行面に加えて、人間教育の手段として柔道を位置づけました。「精力善用」「自他共栄」を基本理念に掲げ、単に勝利至上主義を目指すのではなく、精神鍛錬という側面も重要な目的であるとしました。生死をかけた「武術」を、知徳・徳育・体育を教え込む人間教育の手段として武道という形に変容させまとめ上げたといえるでしょう。

その際、柔道に体育としての「勝負法」を設けたこと、すなわち競技性を持たせたことがその大きな特徴であるといえます。1900年講道館柔道乱捕試合審判規定が制定され、柔道の競技的側面は確立していきます。

一方、嘉納が柔道の精神鍛錬という側面をいかに重要としていたかを物語るエピソードがあります。

嘉納は日本体育協会初代会長・IOC委員を務め、日本のスポーツ普及に尽力しました。幻となった東京五輪(1940年)の招致にも成功しています。そして自ら創始した柔道も日本だけにとどまらず、世界に広めようと試みます。しかし海外に派遣した指導者の語学力不足で、柔道の精神鍛錬の重要性を外国人に理解してもらうことができず、競技的側面ばかりが取り上げられ正しい柔道を伝えられないという問題に直面し、海外への指導者派遣を取りやめにし、世界への柔道普及を断念したということがありました。「柔道の道に深い理解のある人があるようにしたい」という嘉納の言葉からも、そのことが伺えます。

昭和20年(1945年)の敗戦が柔道の進む方向性に大きな影響を与えることになりました。GHQ占領政策の下、精神鍛錬の重要性を掲げる柔道は、軍国教育を助長させたとして学校教育の現場での指導禁止を命じられてしまうのです。嘉納が目指した人間教育の手段としての柔道が、肝心な教育現場から追放されてしまったのです。

文部省はGHQとの折衝を重ね、昭和25年(1950年)に学校教育での柔道指導を認めさせますが、精神鍛錬という側面の色合いを限りなく薄めた「競技性に大きく偏った柔道」に変容した形で復活を余儀なくされます。

皮肉なことに、この変容が柔道の普及に大いに貢献することとなります。元来の魅力的な競技性を持つ柔道は、分かりにくい精神論や教育的価値といった側面を排除することで誰でも楽しめる競技スポーツとして一気に普及することとなり、1964年の東京五輪で正式採用されたこともあり、世界でも人気のある「スポーツ」として認められるようになります。

嘉納が目指した柔道の国際的な普及は実現しましたが、その内容は嘉納の創始した講道館柔道とは、大きくかけ離れたものであったといえましょう。

昭和23年(1948年)7月・ロンドンで欧州柔道連盟が結成され、3年後の昭和26年(1951年)に国際柔道連盟に改称されました。敗戦国の日本における統括柔道組織であった全日本柔道連盟は、サンフランシスコ講和条約締結(1951年)の翌年1952年12月にこの国際柔道連盟への加盟が承認されました。敗戦国とはいえ日本で生み出された柔道なのに、その日本が国際柔道連盟発足時にそのメンバーに名を連ねていない事実は見逃せません。

国際柔道連盟の規約第1条には「IJFは嘉納治五郎により創設されたものを柔道と認める。」と明記されています。嘉納治五郎が創設した柔道とは、すなわち講道館柔道です。競技性だけでなく、精神鍛錬をも含めた人間教育をも目的とした講道館柔道が、柔道なのです。

連盟発足当初、競技性に大きく偏ったスポーツとしての柔道が世界に伝播し普及しはじめていたこと、柔道発祥国である日本が発足メンバーにいなかったこと、この2点をふまえても、国際柔道連盟が嘉納治五郎によって創設された柔道、いや講道館柔道を正しく理解していたかとなると疑問符がつきます。

連盟発足時から現在に至るまで、柔道が国際化すればするほど国際柔道連盟と日本柔道の間で摩擦が生じるようになりました。共に柔道の普及と発展を目指す志が同じなのになぜなのででしょう。

「嘉納の創設したものを柔道と認める」としておきながら、柔道が持つ競技性のみを取り上げ変革し、本来多面的な要素を持つ柔道のそれ以外の側面を軽視というか理解しようとしない国際柔道連盟と、講道館柔道に固執するばかりで、時代の要望にあった必要と思われる変革までも否定し続ける日本柔道の、相互不理解が現在の国際化された柔道で生じている摩擦の大きな原因であると思います。

柔道が国際化されて競技人口も増えました。試合での誤審防止や対戦している選手の区別のために必要なカラー柔道着導入に対する日本柔道の抵抗は全く意味がないものでした。逆に今検討されている「技あり」の廃止(「効果」は1976年のモントリオール五輪で導入されたポイントなので構わないと思いますが…)は、嘉納が創始し確立した柔道の勝負法に基づいて制定された試合審判規定を否定するもので、国際柔道連盟が明らかに無理解、横暴であると思います。

今後世界において柔道がますます発展し愛される競技となる為には、国際柔道連盟には嘉納が創始した柔道(講道館柔道)の多面的側面への理解を一層深める努力を、日本柔道には講道館柔道の本質をきっちり継承し守りながら、国際化に対応した必要な変革を容認していく努力を、そして双方が互いの立場を尊重し一層の理解を深める努力をしていかなければならないと思います。

長々とすいませんでした。

|

« 「先生」の生まれた日。 | トップページ | 早慶決戦・前夜。 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

日本の野球も時々「道」を感じることがあります。
柔道の轍は踏まないよう剣道は自分の国が発祥国と名乗る隣国や他国にルールを変えてもらいたくないと思っています…。
(全日本剣道連盟の見解はこちらです。http://www.kendo.or.jp/kendo/opinion.html )

投稿: マーチ | 2008年1月11日 20時20分

マーチさん、コメントありがとうございます。

剣道でも世界大会で日本が敗れ、国際化の波がまさに押し寄せようとしています。

剣道が国際スポーツとして発展していく為には、相互理解が大前提となるのでしょう。相手を否定しあうのではなく、敬意を払い尊重する姿勢で理解しあおうと努力すること。競技性といった一面だけを捉えるのではなく、剣道の持つ多面的性格・発祥の歴史的背景や現在に至る継承過程を、共通認識として理解しようと務めあえれば、おのずと絶対に変えてはならないこと、変えていかなければならないことが明白になっていくのでしょう。

剣道にはその時間的な余地は残っていると思うのですが、タップリというほど時間はないように思います。

世界で剣道を愛するすべての人々が、自他の利害関係を越えて互いを尊重しあい、共通の認識と同じ志を持った時、剣道の真の国際化がなされるといえるのでしょう。

ということで、マーチさん、今年もよろしくお願いいたします。

投稿: すーさん@10 | 2008年1月11日 22時35分

大変失礼しました。

山口さん曰く
「JUDO」に馴染もうとせず、わがまま放題のだだっ子の日本柔道界はいずれ世界からも見向きもされなくなるだろう。

という事でした。

実際、世界に広まってきた「JUDO」ではありますが、まだまだマイナー競技から脱却は出来ておりません。

日本の様に国内大会が頻繁に行われる様な国は多くはなく、競技人口も少ない為に選手や試合内容や審判技術も質が高いとは言えません。

ならば日本の柔道界が指導者や審判を定期的に海外派遣させたりしているのか?逆に海外から審判を国内大会に派遣させるなどして国際的なレベルupを計ろうしていたのだろうか?
国際的な取り組みに対し否定をするだけで国際大会でやれルールだ、審判のレベルが低いや誤審などを敗戦理由をするのもみっともない。その恩恵も受けているのにムシが良いものです。

結局の所、日本が築き上げた柔道に対し、世界が決定権を有しイニシアチブが取れず、アイデンティティーが損なわれる事を危惧し、ヘソを曲げているだけだと山口さんは仰っておりました。

因みに昨年ブラジルで行われた世界柔道。男子は2つの金メダルを獲得しましたがその2つの階級は五輪にはありません。
五輪に当てはめたら金はゼロという結果でした。

投稿: K・O・F | 2008年1月12日 00時56分

K・O・Fさん、引き続きありがとうございます。

山口さんの言葉は、説得力というか重みがありますね。現場にいる当事者が冷静な分析をしていることは、まだ日本柔道と国際柔道連盟の関係改善の余地があるということでしょう。共に意地を張り合い、主導権争いをして否定しあう現状では柔道の国際的発展は難しそうですが…。

関係者の皆さんには、嘉納治五郎が掲げた柔道の基本理念の一つ「自他共栄」の教えを、いまこそ実践していただきたいと思います。

また、何かありましたらコメントいただけるとうれしいです。

投稿: すーさん@10 | 2008年1月12日 08時20分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国際化する柔道をめぐる諸問題の原因。:

« 「先生」の生まれた日。 | トップページ | 早慶決戦・前夜。 »