« 「フルスイング」が心に響きます。 | トップページ | 加藤君はどうなったんだ~? 3 »

大きくて、まん丸なもの…。

昨日は珍しく積雪があり、グラウンドが使用できず少年野球の練習は中止となりました(もしかしたらグラウンドに集合して、雪合戦でもやるかと思っていましたが…)。

ということで、家の前の道路の雪かきをかねて、子供2人と超大型雪だるまの製作に取り掛かることになりました。自分が雪かきスコップで除雪した雪を一ヶ所に集め、子供2人が雪だるまを作るという役割分担で作業開始。

いい感じで雪は順調に集まるのですが、子供達は要領がつかめないのか、なかなか雪だるまの形になってきません。そのうち道路の雪もほぼ集め終わってしまいましたが、まだ雪だるまの体の部分も出来上がっていません。見るに見かねて「こうやるんだよ」と雪だるま作りに加わりました。

作り始めると、仕事柄「より大きく、より丸く作らねば…」という技術者魂に火がつき、子供以上にのめり込み雪だるま作りに熱中。離れては全体のバランスと体の丸味をチェックし近づいては気になるところの補修を行なうという作業を繰り返し、約1時間半後、遂に高さ約1mのまん丸の雪だるまが完成しました。

「よしっ、完成だ。大きくて立派だし見事な丸味だな~」と感慨にふけっていましたが、ふと気がつくと子供達がいません。一心不乱に雪だるま作りをしていた私に呆れて、子供達は早々に家の中に戻っていたのでした。

「おーい、雪だるま完成したぞ~」と声をかけると、家の中から子供達が出てきました。「大きいね~」「まん丸だね~」という期待通りのリアクションに、鼻高々・得意気に「どうだ、凄いだろう」と一言。

雪だるまを囲んで記念撮影をしていると、通りすがりのおばさんが「あらっ、大きくてまん丸の雪だるまね~。みんなで作ったの?」と私達3人に話しかけてきました。すぐさま長男が「違うよ、お父さんが一人だけで作ったの」、次男が「おとうさんががんばってつくったの」と答えました。その答えにおばさんは「お父さん頑張ったわね~」と笑って言いましたが、目は笑っていなかったことを私は見逃しませんでした…。

写真撮影後、家の中から嫁さんの「お昼ができたわよ~」の声が。3人は喜び勇んで家の中に。

目に飛び込んできたのは、テーブルの上に置いてあった、大きくてまん丸の蒸かし立ての肉まんでした…。肉まんをたらふく食べた後、もう一つ大きくてまん丸なものを見つけました。

私のおなか…。Img_1240

|

« 「フルスイング」が心に響きます。 | トップページ | 加藤君はどうなったんだ~? 3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大きくて、まん丸なもの…。:

« 「フルスイング」が心に響きます。 | トップページ | 加藤君はどうなったんだ~? 3 »