« やる! | トップページ | 心おきなく…。 »

勝負はこれから。

雨中の決戦となった早慶1回戦は、3-2で早稲田が逆転勝利。

【早慶1回戦】

  慶 001 010 000 =2

  早 000 101 10X =3

個人的に試合のポイントは2つあったと思います。

1つ目は1-1のスコアで迎えた5回表の塾の攻撃。

早稲田先発は須田君。無死1塁、打者坂本君の送りバントはピッチャー前の小フライ。須田君スライディングキャッチを試みるが落球(無死1・2塁)。この時須田君と坂本君が1塁塁線上で接触し須田君指を怪我した様子。その影響か9番中林君への初球は暴投(無死2・3塁)。ここで早稲田は大前君に継投。緊急登板の大前君は制球定まらず中林君にストレートの四球(無死満塁)。1番に返り山口君は押し出しの四球を選び塾勝ち越しに成功(スコアK2-1W。無死満塁)。2番渕上君は2S1Bからアウトコース高めのボール気味の球を三邪飛(1死満塁)。

ここでバッターボックスは、今季リーグトップの打率を誇り今日も2BHを放っている小野寺君。一気に突き放す絶好の場面、最高の打順の巡り合わせ…。流れは完全に塾へ大きく傾きつつあったのは間違いありませんでした。そして1S1Bからの大前君の3球目。外角高めにややすっぽ抜け気味の緩いカーブ。

「えええッ!?」

3塁走者・坂本君がスタート、打者小野寺君はバントの構え。

「ああ~」

意表をつくスクイズ(私も全く考えていませんでした)は、なんと「空振り」。ホーム直前まで来ていた3塁走者・坂本君はタッチアウト。捕手・細山田君は判断よく素早く2塁へ送球。大きく飛び出していた2塁走者・中林君も3塁手前でタッチアウト。最悪のダブルプレーで一瞬にしてチェンジ…。

2つ目のポイント。

6回裏の早稲田同点のシーン。レフト前に転がった打球を今福君が前進して捕球。あたりが強かったこと、今福君の捕球位置を判断してランナーは三塁ストップ。今福君はバックホーム。送球は大きくそれ捕手坂本君が後逸。バックアップに入っていた中林君もこの送球を捕球できず、ボールは一塁よりのバックネットへ。三塁に止まっていた走者はこれを見て再スタートし悠々ホームイン。

1つ目の場面で、ベンチが出したスクイズという作戦に対しては様々な状況を判断した上での選択でしょうから、とやかくいうつもりは全くありません。ですがやはり小野寺君は最低でもバットに当てなければいけません。イケイケで勢いに乗りヒットを固め打ちすることも「若さ」ですが、ここぞという場面で監督の指示通りの動きができないこともまた「若さ」…。珍しく早稲田が浮き足立っていただけに、もう一押しできなかったのは非常に痛かったです…。

そして、2つ目のプレーも「若さ」の悪い面が出てしまったという連携プレーでしょう。外野手は正確にカット、またはバックホームに送球する。捕手は体を張ってでもボールを止め絶対に後逸しない。バックアップは絶対にボールが逸れて来るものだと思って入る。その個々の全てのプレーにおいてあともう一歩の正確さが足らなかった為に与えてしまった余計な点だったように思います。

この2つのプレーで、試合の流れは完全に早稲田に傾いてしまいました。チームとしてほぼ完成の域にある早稲田に対抗する為に若さと勢いを武器に立ち向かっていくしかない発展途上の塾が、この流れを掴みとるチャンスを自滅という形で逸してしまっては勝ち目はないですね。

7回裏に早稲田が奪った足を絡めた決勝点は見事でした。やはり強いですよ、早稲田は…。実力差はそれほどあるとは思いませんが、野球をよく知っているというか、「うまさ」「点の取り方」「勝ち方」を知っているというのか…。

それゆえ同じような野球をしていては、今の塾では接戦は戦えても早稲田の野球には勝てないでしょう。でも塾野球部は今まさに発展途上、法政戦の時のように若さを武器に流れに乗れば積極果敢・怒涛の勢い・パワーを爆発させることができるのです。明日の早慶2回戦では、先発が予想される早稲田・斎藤(佑)君の出鼻を挫き初回からガンガン攻め立てて一気に押し切るような圧勝を期待しています。

明日は私、今日味わった悔しさを晴らすべく神宮で思いっきり応援させていただきます!

勝負はこれから。明日から巻き返せばOK!

頑張れ、塾野球部!

|
|

« やる! | トップページ | 心おきなく…。 »

大学野球」カテゴリの記事

慶応義塾」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/21311654

この記事へのトラックバック一覧です: 勝負はこれから。:

» 早慶戦第1戦を観戦して・運命と人生を白球に賭けた勇者たちの魂に拍手を [八田修一・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)]
今日は春の東京六大学リーグ・早慶戦第1戦を観に神宮球場へ足を運んだ。春の早慶戦を観るのは今回が初めてである。同じサークルのTさんが、野球部のメンバーとゼミが一緒というご縁で、その力添えで特別指定席で観戦することができた。毎度のことながら、各人のご厚情に深謝する。学生席とは違い、マウンドが非常に近い。生憎の雨模様だったが、出場メンバーの顔もはっきりと見える。先日、右太ももに傷を負った斎藤佑樹も元気そうでひと安心だ。慶応の先発は、ヤクルトへプロ入りした加藤幹典君に代わって、期待の中林伸陽君。大...... [続きを読む]

受信: 2008年5月31日 20時09分

« やる! | トップページ | 心おきなく…。 »