« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

08年前半戦を振り返る。

今年も早いもので半分が終わろうとしています。あっという間ですね…。年々月日が経つのが早く感じられることに恐怖すら感じてしまいます。

まあ、一区切りということで2008年上半期をちょっと振り返ってみたいと思います。

【高校野球】

1月のセンバツ出場校発表から華陵戦まで、塾高野球部には胸がワクワクする素晴らしい思いをさせていただきました。心から感謝したいです。残念ながら初戦敗退、春季県大会も4回戦敗退とその実力を充分に発揮することができませんでしたが、夏に向けて是非頑張って欲しいと思います。

昨年快進撃の慶應志木軟式、志木硬式、塾高軟式、SFCもあともう一歩というところでしたが、春までの悔しさをバネにして今年の夏は巻き返しましょう!

北神奈川・塾高、南神奈川・SFC、南埼玉・慶應志木、グレーのユニフォームで甲子園を独占しましょう!

【大学野球】

昨年の主力がゴゾっと抜け新戦力中心となった塾野球部の予想以上の健闘に大いに拍手を贈りたいです。一戦ごとにたくましく成長し、W・斎藤(佑)投手を攻略した山口君・梶本君の2発、主将相澤投手が完封勝利を飾った早慶2回戦に神宮で立ち会えたことは、上半期のナンバーワンのいい思い出となっています。

来季こそ3位から巻き返し、開塾150周年を三田の山でみんなで祝おうじゃありませんか!

【ラグビー・その他】

塾のラグビーの健闘も光りました!塾蹴球部は福岡での慶明戦に快勝。塾高蹴球部は春季高校ラグビー関東地区予選で神奈川優勝。普通部ラグビー部は、春季関東中学校ラグビー神奈川県大会優勝そして関東大会Aブロック準優勝、中等部も同Bブロック優勝と輝かしい戦績でした。

秋~冬のラグビーシーズンで更なる活躍ができるよう厳しい夏練、頑張ってくださいね。

プロ野球についても少し。

巨人は相変わらず浮上しませんね…。高給取りが仕事しなきゃやっぱりダメですよね。ヨシノブ・ヒサノリの両高橋、上原、二岡らが戻ってくる後半戦、少しは仕事してもらわないと…。

パは楽天が頑張ってますね。岩隈の復活は元Buファンとしては嬉しい限りです。是非CSに進出できるようもう一暴れして欲しいなと思います。

そして北京五輪。五輪最後になるかもしれない野球、金メダルを取ってほしいのは当然ですが、多くの野球ファンの心を揺さぶるような、野球の素晴らしさが堪能できるような、そんな熱い戦いを見せてください。日本代表、期待してます!

【少年野球】

冬場の単調な基礎トレを頑張ったことが実を結び、春季区大会リーグで準優勝という素晴らしい成績を飾りました。嬉しかったですね。

マメ球児のみんな、ありがとう!

ただ、5月~6月にかけての天候不順で、満足のいく練習がほとんどできなかったのは正直痛いです。これからの夏練・夏合宿で、どこまで遅れを挽回できるかが秋に好成績を残す為の鍵になりそうですね。

私も体内にこびりついている内臓脂肪を削りながら一生懸命頑張るつもりです。暑いですが秋には「準」の一字がとれることを目標に頑張りましょう!

【草野球】

絶好のコンディションで試合ができた3月を除き、極寒の1月・暴風の2月・早朝の5,6月(4月は雨天中止)とあまり良い条件とはいえませんでしたが、順調に「明るく楽しく気持ちよく」活動できたのではないかな?と思います。試合内容も投打の歯車ががっちりかみ合って4連勝中。7月には調子に乗って大会にも出場しちゃいます。さてさてこのヘッポコ草野球オヤジ集団の快(怪?)進撃はどこまで続くのでしょうか…。

…こうして振り返ってみるとあっという間という割には、非常に中身の濃い充実した半年間だったような気がします。

さあ、下半期は一体どんなことになるのやら…。これからも気を引き締めてガンガンいきますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

梅雨だからしょうがないんだけれど…。

ここのところ日曜日っていうと雨が降りますね(週末雨の傾向は5月ごろからずっと続いていますが…)。

少年野球の私設リーグの試合と練習は中止。試合経験を積んだりマメ球児たちがぐんぐん成長するこの5~6月、日曜日の連続中止は痛いですね。

そしてそれは高校野球でも同じこと。

夏本番前の練習試合が組まれ、選手達のコンディション調整やチームとしての仕上がり具合を把握しなければならない時期に、その試合ができないというのはかなりキツイ…。

今日、水戸市民球場にて塾高・早実を招待して行われる予定だった水戸一高130周年記念試合も中止が決まったようです。

何ヶ月も前からこの日の為に準備していた選手・関係者のご尽力は「水の泡」に、そして招待試合を楽しみに待っていたファンの思いも「水に流されてしまう」結果となりました。

カラ梅雨も困りますが、それでもやっぱり残念ですね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

復刻版ユニホームを着るなら、着方も当時の仕様に!

埼玉西武ライオンズvs千葉ロッテマリーンズ戦のTV中継をチラッと見ることができました。

ライオンズは、西鉄ライオンズ時代の復刻ユニホームを着用していました。なかなかシンプルで格好良かった(マリーンズにビジターのセンスの無さが際立ってしまいました)のですが、何か違和感が…。

そう、ライオンズのほとんど全ての選手がパンツの裾をいつも通りのダボダボ仕様でプレーしていたからでした。

折角復刻版ユニホームを着用するならば、やはりパンツは膝下まで、ストッキングをきちんと出す当時の着方まで復刻しないと駄目ですよね。

純白に黒で華文字の「Lions」、袖とパンツの脇に黒のラインが一本入っているだけの非常にシンプルなユニホームだけに、スマートにキッチリ着用しないと(ブカブカでダブダブという着こなしだと)、ただだらしなく見えるだけで、復刻ユニホームが持つデザインの秀逸さが全く画面から伝わってきませんでした。

何の為にわざわざ復刻版ユニホームを着ているのか…。

それに比べ、南海ホークス復刻ユニホームを着用した時の川崎宗則選手は格好良かったですね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

08年高校野球選手権南神奈川大会の展望

北神奈川に続き、南神奈川も…といきたいところなのですが、このところ非常に忙しいため各校の戦績を整理している時間がありません。

ということで、南神奈川大会は各シード校毎のブロックを総括ということでご勘弁いただければと思います。

【立花学園ブロック】

第1シードの立花も安穏としていられない。相洋・藤沢西の勝者が初戦の相手となるからだ。この2回戦がこのブロック勝ち抜けの大きなヤマ場となりそう。

【横須賀明光ブロック】

昨秋・商大、今春・日藤を撃破した横須賀明光の実力は相当なモノ。但し、三浦・桜丘・湘南工大附ら実力のある伏兵も揃っており明光テッパンというわけにはいかなさそう。

【横浜ブロック】

大本命・横浜だったが抽選の結果最悪の組合せとなった。2回戦は日藤、3回戦は藤嶺・平学の勝者、4回戦は南(春3回戦で創学館に2-3と惜敗)との対戦が予想される日程は、息つく間もない非常に厳しい戦いになりそうだ。

【鎌倉学園ブロック】

古豪・鎌学が3回戦を突破する可能性はかなり高い。一方のヤマからは毎年に夏に照準を合わせキッチリ仕上げてくるチーム同士、茅ヶ崎と横浜緑ヶ丘の争いか?

【湘南学院ブロック】

春4強の湘南学院がやはり中心だが、その春に湘学に敗れている関東学院も虎視眈々とリベンジを狙っている。近年好成績を残している横浜桜陽にも注目したい。

【山北ブロック】

第2シード山北としては横浜南陵(春・県商工に3-4、桜丘に1-2と惜敗)との対戦が予想される3回戦が鍵。ここを突破しても4回戦は藤沢総合が相手になりそうなだけに8強進出への道のりは易くない。

【横浜創学館ブロック】

打倒横浜の本命・創学館の勝ち抜けの可能性はかなり高い。3回戦の慶應湘南藤沢(昨秋16強)・茅ヶ崎北陵の勝者との対戦が唯一の障害になりそう。横浜地区勢の3校・上郷(南に2-3)・戸塚(創学館に2-5)・永谷(横浜商に3-5)にも期待したい。

…でも、個人的には慶應湘南藤沢イチオシです!!

【藤沢翔陵ブロック】

藤沢翔陵vs横浜商の復活を目指す古豪対決が3回戦で実現となれば神奈川高校野球ファンにはたまらない。横浜立野・鎌倉のどちらかが4回戦進出?

…ということで、北神奈川大会に比べかなり大雑把な展望となりましたこと、お許しください。

さあ、神奈川の夏開幕まであと2週間となりました。いよいよですね。今から胸がワクワクします。

選手の皆さん、最高のコンディションで試合に臨めるようにくれぐれも怪我や故障などしないようにしてくださいね。

ご健闘、お祈りしています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

08年高校野球選手権北神奈川大会の展望⑧ 日大ブロック

最終回は、第2シード・日大のブロックです。

【日大】

  • 秋ブロック…2勝1敗(1-3慶應義塾・12-1荏田・9-0柏陽)
  • 秋県…2回戦(5-1藤沢総合→1-5桐蔭学園)
  • 春ブロック…3勝0敗(10-0サレジオ・5-1瀬谷・13-1鶴見総合)
  • 春県…4回戦(12-0希望ヶ丘→6-1相模原総合→4-6武相)

【百合丘】

  • 秋ブロック…3勝0敗(10-0大師・8-0川崎商・11-1総合科学)
  • 秋県…4回戦(5-4立花学園→8-0藤沢西→2-3日大藤沢)
  • 春ブロック…2勝1敗(1-11川崎北・4-2川崎商・13-1生田)
  • 春県…3回戦(4-0上鶴間→17-2鶴見工→0-10慶應義塾)

【総合科学】

  • 秋ブロック…0勝3敗(2-5大師・1-5川崎商・1-11百合丘)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック/県…不出場

【横浜翠嵐】

  • 秋ブロック…2勝1敗(0-3横浜商・5-3横浜桜陽・3-1東)
  • 秋県…1回戦(0-7横浜商)
  • 春ブロック…2勝1敗(0-1希望ヶ丘・10-3瀬谷西・9-8荏田)
  • 春県…1回戦(3-11県川崎工)

【上溝南】

  • 秋ブロック…0勝3敗(4-14厚木北・4-7神奈川総合産業・2-7柏木学園)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…1勝2敗(1-25東海大相模・9-0栗原・1-12大和南)
  • 春県…進出できず

【新磯】

  • 秋ブロック…1勝2敗(3-22麻溝台・2-9相模原総合・8-5相原)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック/県…不出場

【川崎商】

  • 秋ブロック…1勝2敗(1-7大師・5-1総合科学・0-8百合丘)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…0勝3敗(1-16川崎北・2-4百合丘・1-3生田)
  • 春県…進出できず

【岸根】

  • 秋ブロック…2勝1敗(3-5川和・9-1神大附・3-1山手学院)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…1勝2敗(2-9武相・5-7霧が丘・6-1横浜旭陵)
  • 春県…進出できず

【相模原】

  • 秋ブロック…3勝0敗(4-1大和・6-3伊志田・5-4城山)
  • 秋県…1回戦(3-6横浜清陵総合)
  • 春ブロック…1勝2敗(1-16海老名・2-3相模原総合・2-1橋本)
  • 春県…進出できず

【有馬】

  • 秋ブロック…3勝0敗(5-4上溝・13-1秦野総合・9-6橋本)
  • 秋県…1回戦(2-3住吉)
  • 春ブロック…1勝2敗(3-4秦野・0-8厚木・4-2津久井)
  • 春県…進出できず

【相模大野】

  • 秋ブロック…1勝2敗(0-2光明相模原・0-7相模田名・6-2大和西)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…0勝3敗(0-4座間・1-2渕野辺・0-7綾瀬)
  • 春県…進出できず

【座間】

  • 秋ブロック…2勝0敗(14-0伊勢原・10-0中央農)
  • 秋県…4回戦(6-0釜利谷→2-1茅ヶ崎北陵→0-12東海大相模)
  • 春ブロック…3勝0敗(4-0相模大野・5-4渕野辺・10-2綾瀬)
  • 春県…1回戦(0-16厚木西)

【秦野曽屋】

  • 秋ブロック…1勝2敗(0-5向上・6-3厚木清南・3-4海老名)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…2勝1敗(0-12厚木西・8-4ひばりが丘・1-0厚木清南)
  • 春県…1回戦(2-9城郷)

[展望]

2回戦で対戦が予想される日大vs百合丘がこのブロックのヤマといえそう。昨秋の戦績(立花学園に5-4、日藤に2-3)や今春の鶴工戦(17-2で快勝)をみても百合丘の実力は侮れない。日大としても初戦から厳しい戦いが予想される。3回戦は2季連続県大会出場の横浜翠嵐が相手になりそうだ。一方のヤマは北相地区の実力派が揃い紙一重の混戦。しいて勝ち抜け校を予想するならば、近年力をつけてきている座間だろうか。

2回戦で対戦が予想される日大vs百合丘は好カード。勝者がこのブロックの勝ち抜けになる可能性が高いが、座間ら北相地区の公立実力校も侮れない。

…ということで、全8回にわたり北神奈川大会の展望を書いてきました。

各高校の選手の皆さんや関係者の皆様には勝手な予想記事ということで、大変不愉快な思いをさせてしまったかもしれません。どうぞお許しいただけるようお願い申し上げます。

ただこの展望記事は、昨年同様各ブロックの展望は昨秋・今春の県公式戦のデータのみを参考にしたもので、県大会以降の既存戦力の成長度や4月以降の新戦力は全く加味していません。そして猛暑の中での連戦が続く夏の大会というものは、この4月から6月まで約3ヶ月間の選手の皆さんの頑張り度合いが試合の結果を左右する最も重要なファクターであることはいうまでもありません。

各ブロックの展望に記した内容が全く当てはまらないような、熱く内容の濃い素晴らしい記念大会になるよう、選手の皆さんと野球部関係者の皆様のご健闘をお祈りしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

08年高校野球選手権北神奈川大会の展望⑦ 東海大相模ブロック

第7回目は、春の神奈川王者・第1シードの東海大相模のブロックです。

【東海大相模】

  • 秋ブロック…3勝0敗(9-0渕野辺・5-0大和東・6-1厚木西)
  • 秋県…8強(11-1相模原総合→18-0厚木北→12-0座間→0-3横浜)
  • 春ブロック…3勝0敗(11-0栗原・25-1上溝南・9-2大和南)
  • 春県…優勝(12-7厚木北→5-4光明相模原→7-6横浜商大→1-0桐光学園→5-0桐蔭学園→6-1横浜)

【相武台】

  • 秋ブロック/県…不出場
  • 春ブロック/県…不出場

【新栄】

  • 秋ブロック…0勝3敗(2-6希望ヶ丘・7-8鶴見・0-7戸塚)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…1勝2敗(1-8神奈川工・0-10鶴見工・8-3森村学園)
  • 春県…進出できず

【菅】

  • 秋ブロック…0勝3敗(0-9住吉・0-9県川崎・0-9多摩…全て不戦敗)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…0勝3敗(1-8県川崎工・2-9麻生・3-20法政二)
  • 春県…進出できず

【大和南】

  • 秋ブロック…2勝1敗(1-8秦野・6-1厚木・7-1厚木東)
  • 秋県…1回戦(3-8日大藤沢)
  • 春ブロック…2勝1敗(2-9東海大相模・19-1栗原・12-1上溝南)
  • 春県…1回戦(0-4橘)

【厚木西】

  • 秋ブロック…2勝1敗(1-6東海大相模・4-2渕野辺・6-1大和東)
  • 秋県…1回戦(0-3神奈川工)
  • 春ブロック…3勝0敗(12-0秦野曽屋・12-1ひばりが丘・15-0厚木清南)
  • 春県…2回戦(16-0座間→5-8桐蔭学園)

【瀬谷】

  • 秋ブロック…2勝1敗(0-10横浜商大・6-2港北・9-3舞岡)
  • 秋県…2回戦(13-8金沢→5-8慶應湘南藤沢)
  • 春ブロック…1勝2敗(1-5日大・5-8サレジオ・11-1鶴見総合)
  • 春県…進出できず

【旭】

  • 秋ブロック…0勝3敗(1-8金沢・0-10港南台・4-5城郷)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…0勝3敗(0-10横浜商大・0-13城郷・3-7浅野)
  • 春県…進出できず

【鶴見工】

  • 秋ブロック…1勝2敗(2-6釜利谷・5-2金沢総合・0-7橘学苑)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…2勝1敗(5-9神奈川工・11-1森村学園・10-0新栄)
  • 春県…2回戦(7-2伊志田→2-17百合丘)

【白山】

  • 秋ブロック/県…不出場
  • 春ブロック/県…不出場

【県川崎】

  • 秋ブロック…1勝2敗(2-15住吉・9-0菅・1-15多摩)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…0勝3敗(0-9住吉・4-17橘・2-9麻生総合)
  • 春県…進出できず

【生田】

  • 秋ブロック…0勝3敗(2-14橘・2-11法政二・3-4生田東)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…1勝2敗(2-18川崎北・3-1川崎商・1-13百合丘)

[展望]

1回戦の厚木西vs大和南は好カード。この勝者が3回戦で春優勝の東海大相模への挑戦権を獲得することになりそう。桐蔭に5-8と善戦している厚木西との対戦となれば、東海も楽には勝たせてもらえないだろう。一方の山は飛び抜けた存在がなく混戦。瀬谷(日大に1-5)・鶴工(神工に5-9)の県大会経験校が4回戦進出か。

3回戦で対戦が予想される東海大相模vs厚木西がこのブロックの最大の山。春王者の東海に厚西がどこまで食い下がれるかに注目。8強進出はほぼ東海で間違いないだろう。

次回(北神奈川大会の最終回)は、第2シード・日大のブロックです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

08年高校野球選手権北神奈川大会の展望⑥ 向上ブロック

第6回目は第2シード向上のブロックです。

【向上】

  • 秋ブロック…3勝0敗(5-0秦野曽屋・23-0厚木清南・7-1海老名)
  • 秋県…3回戦(2-1川和→6-11平塚学園)
  • 春ブロック…3勝0敗(20-0相原・10-1中央農・1-2上鶴間)
  • 春県…8強(6-0弥栄→9-2市川崎→4-2川崎北→5-11桐蔭学園)

【綾瀬】

  • 秋ブロック…3勝0敗(5-0上鶴間・16-6綾瀬西・24-2ひばりが丘)
  • 秋県…2回戦(10-0寒川→0-4鎌倉学園)
  • 春ブロック…2勝1敗(2-10座間・7-0相模大野・9-2渕野辺)
  • 春県…2回戦(8-1川和→3-14桐蔭学園)

【麻溝台】

  • 秋ブロック…3勝0敗(4-3相模原総合・20-0相原・22-3新磯)
  • 秋県…2回戦(9-15桐光学園)
  • 春ブロック…3勝0敗(15-4柏木学園・8-0神奈川総合産業・2-1弥栄)
  • 春県…2回戦(1-8横浜商大)

【サレジオ】

  • 秋ブロック…0勝3敗(0-10横浜隼人・3-9永谷・1-8横浜平沼)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…2勝1敗(0-10日大・8-5瀬谷・10-0鶴見総合)
  • 春県…1回戦(0-10多摩)

【浅野】

  • 秋ブロック…1勝2敗(1-11桜丘・0-7霧が丘・8-4元石川)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…1勝2敗(0-15横浜商大・3-13城郷・7-3旭)
  • 春県…進出できず

【多摩】

  • 秋ブロック…3勝0敗(6-3住吉・9-0菅・15-1県川崎)
  • 秋県…2回戦(0-7鎌倉学園)
  • 春ブロック…2勝1敗(4-8桐光学園・12-5新城・22-0高津)
  • 春県…2回戦(10-0サレジオ→1-2神奈川工)

【森村学園】

  • 秋ブロック/県…不参加
  • 春ブロック…0勝3敗(0-28神奈川工・1-11鶴見工・3-8新栄)
  • 春県…進出できず

【上鶴間】

  • 秋ブロック…1勝2敗(0-5綾瀬・16-7綾瀬西・5-7ひばりが丘)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…3勝0敗(2-1向上・8-0相原・9-1中央農)
  • 春県…1回戦(0-4百合丘)

【栗原】

  • 秋ブロック…0勝3敗(3-7愛川・2-8津久井・2-6弥栄)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…0勝3敗(0-11東海大相模・0-9上溝南・1-19大和南)
  • 春県…進出できず

【新城】

  • 秋ブロック…0勝3敗(2-9市川崎・1-9川崎北・6-7麻生)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…1勝2敗(0-10桐光学園・5-12多摩・14-7高津)
  • 春県…進出できず

【上溝】

  • 秋ブロック…2勝1敗(4-5有馬・9-2秦野総合・7-4橋本)
  • 秋県…1回戦(0-7立花学園)
  • 春ブロック…0勝2敗(2-9光明相模原・4-8大和東)
  • 春県…進出できず

【生田東】

  • 秋ブロック…1勝2敗(0-8橘・4-3生田・1-5法政二)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…2勝1敗(7-5大師・2-9市川崎・7-5向の岡工)
  • 春県…1回戦(0-6光明相模原)

【大和西】

  • 秋ブロック…1勝2敗(3-9光明相模原・6-4相模田名・2-6相模大野)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…3勝0敗(7-1城山・11-0伊志田・4-1厚木東)
  • 春県…2回戦(8-3法政二→1-13桐光学園)

[展望]

今春、昨秋4強の川崎北を下し桐蔭を土壇場まで追い詰めた向上(延長戦の末5-11で惜敗)の実力を素直に評価。このブロックでは実力が1枚上手だと思うが、伏兵陣も揃っていて気が抜けない。私学勢に善戦している綾瀬・麻溝台の勝者との2回戦、3回戦では多摩(桐光に4-8・神工に1-2)との対戦が予想され、番狂わせの可能性も…。一方の山は、その向上をブロック予選にて2-1で下した上鶴間と今春法政二を敗った大和西が3回戦で激突か?

3回戦は向上vs多摩、上鶴間vs大和西。4回戦は向上vs上鶴間と予想、8強進出は順当に向上…といいたいところだが、実力ある公立勢の一発の可能性も充分考えられる波乱含みのブロックか?

ということで、次回は第1シード・東海大相模のブロックです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

龍谷大平安への措置について。

今春のセンバツでも8強入りした京都の名門・龍谷大平安で、複数の2年生部員による1年生部員への暴力行為が判明。高野連は3年生部員はこの件に関わっていないということで、3年生14人のみによる今夏の選手権大会府予選への参加を認めるという措置をとったとのこと。

昨年冬、センバツ21世紀枠東北地区推薦校に選ばれていた大曲工は、野球部副部長の暴力行為(授業中の携帯使用を注意した際に怪我を負わせた)により推薦を辞退しています。この時は部員でなく副部長、高野連が推薦を撤回したのではなく学校からの辞退申し入れを受け入れたものでした。21世紀枠選出の可能性もかなり高かっただけに悲しい出来事でした。

毎年センバツの選考時期や選手権大会予選開始前のこの時期になると、野球部関係者の暴力・喫煙・窃盗といったハナシがあちこちから湧いて出てきますね。

もちろん不法行為を行なった野球関係者は罰せられるべきだと思いますが、かといって大多数の無関係な部員らも一蓮托生、連帯責任をとらされ出場辞退や対外試合禁止となってしまうこれまでのケースは、頭では分かっていながらも部員達の3年間の頑張りを思うと心が痛んだものでした。

「不祥事=連帯責任で出場辞退・対外試合禁止」ではなく、その案件の内容を精査し関係のない野球部関係者にはできる限り大会参加を認めるという今回の措置は、高野連が方針転換を図った画期的なものといえそうです。

龍谷大平安の3年生部員の皆さん、そして大曲工の野球部員の皆さん、夏はもうすぐです。

甲子園出場目指して、精一杯悔いのないよう頑張ってくださいね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

08年高校野球選手権北神奈川大会の展望⑤ 武相ブロック

第5回目は第1シード・武相のブロックです。

【武相】

  • 秋ブロック…3勝0敗(10-0横浜立野・13-0市ヶ尾・19-0上矢部)
  • 秋県…8強(6-0海老名→6-4桜丘→10-8横須賀明光→4-5相洋)
  • 春ブロック…3勝0敗(8-1霧が丘・16-2横浜旭陵・9-2岸根)
  • 春県…8強(9-3城郷→3-2横浜隼人→6-4日大→0-5桐蔭学園

【市ヶ尾】

  • 秋ブロック…1勝2敗(0-13武相・0-13横浜立野・7-3上矢部)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…2勝1敗(1-8桐蔭学園・8-0東・10-2元石川)
  • 春県…3回戦(4-2新羽→11-3秦野→2-12桐光学園)

【瀬谷西】

  • 秋ブロック…1勝2敗(1-11横浜・7-0鶴見総合・6-9保土ヶ谷)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…1勝2敗(5-9希望ヶ丘・3-10横浜翠嵐・6-4荏田)
  • 春県…進出できず

【城山】

  • 秋ブロック…1勝2敗(2-0大和・4-5相模原・1-2伊志田)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…1勝2敗(1-7大和西・6-7伊志田・8-1厚木東)
  • 春県…進出できず

【荏田】

  • 秋ブロック…0勝3敗(1-8慶應義塾・4-15柏陽・1-12日大)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…0勝3敗(0-18希望ヶ丘・4-6瀬谷西・8-9横浜翠嵐)
  • 春県…進出できず

【麻生】

  • 秋ブロック…3勝0敗(6-3市川崎・7-6新城・7-9川崎北)
  • 秋県…1回戦(0-7湘南工大附)
  • 春ブロック…1勝2敗(4-5県川崎工・2-11法政二・9-2菅)
  • 春県…進出できず

【厚木北】

  • 秋ブロック…3勝0敗(14-4上溝南・10-3神奈川総合産業・9-2柏木学園)
  • 秋県…3回戦(5-3希望ヶ丘→0-18東海大相模)
  • 春ブロック…2勝1敗(2-6愛川・5-3相模田名・16-1大和)
  • 春県…2回戦(14-13海老名→7-12東海大相模)

【厚木】

  • 秋ブロック…1勝2敗(1-5秦野・1-6大和南・10-7厚木東)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…2勝1敗(1-2秦野・8-0有馬・7-0津久井)
  • 春県…1回戦(6-7橘学苑)

【光明相模原】

  • 秋ブロック…3勝0敗(6-2相模田名・9-3大和西・2-0相模大野)
  • 秋県…2回戦(3-8湘南工大附)
  • 春ブロック…2勝0敗(8-0大和東・9-2上溝)
  • 春県…3回戦(6-1生田東→7-1住吉→4-5東海大相模)

【大師】

  • 秋ブロック…2勝1敗(7-1川崎商・5-2総合科学・0-10百合丘)
  • 秋県…1回戦(3-9城郷)
  • 春ブロック…1勝2敗(5-7生田東・1-15市川崎・11-0向の岡工)
  • 春県…進出できず

【鶴見総合】

  • 秋ブロック…0勝3敗(0-12横浜・0-7瀬谷西・2-9保土ヶ谷)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…0勝3敗(1-13日大・0-10サレジオ・1-11瀬谷)
  • 春県…進出できず

【大和】

  • 秋ブロック…0勝3敗(1-4相模原・2-5伊志田・0-2城山)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…0勝3敗(3-4愛川・4-7相模田名・1-16厚木北)
  • 春県…進出できず

[展望]

2季連続8強の古豪・武相は4回戦までは危なげなく勝ち上がりそうな様相。一方の山は、2回戦での対戦が濃厚な光明相模原と公立実力校・厚木北の勝者がそのまま4回戦進出になりそうだが、今春の東海大相模戦を尺度に比較すると武相への挑戦権は光明が獲得か。

4回戦は武相vs光明。実力校同士の対戦で勝敗予想は非常に難しいが、しいてどちらかといわれれば桐蔭に0-5の武相より、東海との熱戦を繰り広げた(4-5で惜敗)光明を上に見たい。8強は光明相模原。

次回は、第2シード・向上ブロックです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

脱メタボへの道 その16

第16回目の測定です。

76.2kg(前回と同じ。目標まであと2.2kg)

…減らなくなってきました。そろそろ何か変えないと(朝の運動をハードにするとか、さらに食事量を減らすとか)これ以上減らないかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

中林君、世界の舞台へ。

塾野球部の大黒柱・中林伸陽君が第24回ハーレム・ベースボールウィーク日本代表に選出されました。

おめでとう!

ちなみにハーレムベースボールウィークとは、オランダ・ハーレムで行なわれる大学生の野球大会のことで、今年は24回目、7月4日~13日まで行なわれます。参加国(地域)は日本・アメリカ・キューバ・台湾・オランダ・オランダ領アンティル諸島の6カ国。総当りのリーグ戦を行い上位4チームが決勝Tに進出。準決勝でリーグ戦1位×4位、2位×3位が対戦し各試合の勝者が決勝戦を戦います。

日本代表は、4日・台湾戦、5日・アメリカ戦、7日・アンティル諸島戦、8日・オランダ戦、9日・キューバ戦という試合日程でリーグ戦を戦い、上位4チームに入った場合、2位×3位による準決勝は11日、1位×4位による準決勝は12日、決勝は13日に行なわれます。

第4回世界大学野球選手権大会代表には選ばれませんでしたが、ハーレム大会日本代表として世界の舞台を経験することで、一回りも二回りも成長するであろう中林君の雄姿を秋季リーグ戦で見られることを心から期待しています(大会優勝投手として凱旋登板になったら最高なんですけど…)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

普通部、準優勝。

6月22日(日)熊谷ラグビー場で行なわれた第59回関東中学校ラグビー大会Aブロック決勝戦・慶應義塾普通部vs国学院久我山は、24-17で国学院久我山が勝利し春の関東No1の座に輝きました。

国学院久我山の皆さん、優勝おめでとうございます。

残念ながら惜敗してしまった普通部ですが、ここまで良く頑張りました。健闘に心から拍手を贈りたいと思います。

準優勝おめでとうございます。

この大会で得た自信を胸に、見つかった弱点を克服し、秋~冬にかけて行なわれる東日本中学校ラグビー大会に向けて頑張ってください。

開塾150周年、塾本流・普通部の優勝はその時までのお楽しみ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

08年高校野球選手権北神奈川大会の展望④ 横浜商大ブロック

第4回目は第2シード・横浜商大のブロックです。

【横浜商大】

  • 秋ブロック…3勝0敗(7-0港北・10-0瀬谷・10-0舞岡)
  • 秋県…3回戦(18-0弥栄→3-4横須賀明光)
  • 春ブロック…3勝0敗(8-2城郷・15-0浅野・10-0旭)
  • 春県…4回戦(5-2相模田名→8-1麻溝台→11-1神奈川工→6-7東海大相模)

【高津】

  • 秋ブロック…0勝3敗(0-18県川崎工・6-13麻生総合・4-13向の岡工)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…0勝3敗(0-29桐光学園・7-14新城・0-22多摩)
  • 春県…進出できず

【市川崎】

  • 秋ブロック…1勝2敗(9-2新城・1-11川崎北・3-6麻生)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…3勝0敗(15-1大師・9-2生田東・11-1向の岡工)
  • 春県…2回戦(2-9向上)

【新羽】

  • 秋ブロック…2勝1敗(0-11桐蔭学園・9-3横浜学園・8-1金井)
  • 秋県…1回戦(0-17横浜創学館)
  • 春ブロック…2勝1敗(8-7川和・4-2田奈・2-4神大附)
  • 春県…1回戦(2-4市ヶ尾)

【秦野】

  • 秋ブロック…3勝0敗(5-1厚木・8-1大和南・10-0厚木東)
  • 秋県…2回戦(4-5日大藤沢)
  • 春ブロック…3勝0敗(4-3有馬・2-1厚木・7-1津久井)
  • 春県…2回戦(3-11市ヶ尾)

【川崎北】

  • 秋ブロック…3勝0敗(11-1市川崎・9-1新城・9-7麻生)
  • 秋県…4強(10-0保土ヶ谷→10-0戸塚→10-1桐蔭学園→2-1平塚学園→18-8横浜創学館→3-5慶應義塾)
  • 春ブロック…3勝0敗(16-1川崎商・11-1百合丘・18-2生田)
  • 春県…3回戦(7-3橘学苑→2-4向上)

【渕野辺】

  • 秋ブロック…1勝2敗(0-9東海大相模・10-0大和東・2-4厚木西)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…1勝2敗(4-5座間・2-1相模大野・2-9綾瀬)
  • 春県…進出できず

【神奈川総合産業】

  • 秋ブロック…1勝2敗(3-10厚木北・7-4上溝南・0-7柏木学園)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…0勝3敗(0-8麻溝台・2-9柏木学園・1-8弥栄)
  • 春県…進出できず

【相原】

  • 秋ブロック…0勝3敗(0-20麻溝台・0-13相模原総合・5-8新磯)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…0勝3敗(0-20向上・3-4中央農・0-8上鶴間)
  • 春県…進出できず

【霧が丘】

  • 秋ブロック…2勝1敗(1-3桜丘・7-0浅野・10-4元石川)
  • 秋県…2回戦(11-1ひばりが丘→2-5横浜緑ヶ丘)
  • 春ブロック…2勝1敗(1-8武相・3-1横浜旭陵・7-5岸根)
  • 春県…1回戦(5-6希望ヶ丘)

【厚木東】

  • 秋ブロック…0勝3敗(0-10秦野・7-10厚木・1-7大和南)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…0勝3敗(1-5大和西・1-8城山・8-10伊志田)
  • 春県…進出できず

【橋本】

  • 秋ブロック…0勝3敗(6-9有馬・4-7上溝・11-13秦野総合)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…0勝3敗(2-9海老名・1-5相模原総合・1-2相模原)
  • 春県…進出できず

【川和】

  • 秋ブロック…2勝1敗(15-0神大附・5-3岸根・2-8山手学院)
  • 秋県…2回戦(5-1横須賀総合→1-2向上)
  • 春ブロック…2勝1敗(7-8新羽・12-0田奈・10-1神大附)
  • 春県…1回戦(1-8綾瀬)

[展望]

昨秋県4強ながらノーシードとなった川崎北が爆弾としてこのブロックに。公立の強豪・秦野との1回戦の内容には注目したい。春Vの東海に惜敗した第2シード・横浜商大との対戦が予想される3回戦は屈指の好カード。一方の山は、昨夏8強進出の川和・2季連続県大会出場の霧が丘vs2季連続ブロック予選敗退ながらも厚木西・座間ら実力校に惜敗している渕野辺の3回戦か?

優勝候補の一角・商大vs昨秋、桐蔭・平学・創学館を撃破した川崎北、この決戦を制した方が8強進出濃厚。

ということで、第5回は第1シード・武相のブロックです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

08年高校野球選手権北神奈川大会の展望③ 桐光学園ブロック

第3回目は第1シード・桐光学園のブロックです。

【桐光学園】

  • 秋ブロック…選手権大会出場の為、免除
  • 秋県…4回戦(15-9麻溝台→14-4横浜緑ヶ丘→0-7横浜)
  • 春ブロック…3勝0敗(10-0新城・8-4多摩・29-0高津)
  • 春県…8強(13-1大和西→12-2市ヶ尾→7-0慶應義塾→0-1東海大相模)

【海老名】

  • 秋ブロック…2勝1敗(1-7向上・4-3秦野曽屋・10-0厚木清南)
  • 秋県…2回戦(7-4横浜南陵→0-6武相)
  • 春ブロック…2勝1敗(4-7相模原総合・16-1相模原・9-2橋本)
  • 春県…1回戦(13-14厚木北)

【法政二】

  • 秋ブロック…3勝0敗(2-1橘・11-2生田・5-1生田東)
  • 秋県…2回戦(1-5相洋)
  • 春ブロック…2勝1敗(9-12県川崎工・11-2麻生・20-3菅)
  • 春県…1回戦(3-8大和西)

【厚木清南】

  • 秋ブロック…0勝3敗(0-23向上・3-6秦野曽屋・3-4海老名)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…0勝3敗(0-15厚木西・0-1秦野曽屋・2-3ひばりが丘)
  • 春県…進出できず

【麻生総合】

  • 秋ブロック…2勝1敗(1-7県川崎工・7-6向の岡工・13-6高津)
  • 秋県…1回戦(1-6茅ヶ崎北陵)
  • 春ブロック…1勝2敗(0-9住吉・9-10橘・9-2県川崎)
  • 春県…進出できず

【希望ヶ丘】

  • 秋ブロック…2勝1敗(11-4鶴見・0-3戸塚・6-2新栄)
  • 秋県…2回戦(11-4山手学院→3-5厚木北)
  • 春ブロック…3勝0敗(9-5瀬谷・1-0横浜翠嵐・18-0荏田)
  • 春県…2回戦(6-5霧が丘→0-12日大)

【愛川】

  • 秋ブロック…2勝1敗(7-3栗原・4-2津久井・0-5弥栄)
  • 秋県…2回戦(5-4横須賀工→1-8藤嶺藤沢)
  • 春ブロック…2勝1敗(0-7相模田名・6-2厚木北・4-3大和)
  • 春県…進出できず

【秦野総合】(昨秋は大秦野・秦野南が丘)

  • 秋ブロック…1勝2敗(1-13有馬・2-9上溝・13-11橋本)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック/県…不参加

【相模原総合】

  • 秋ブロック…2勝1敗(3-4麻溝台・13-0相原・9-2新磯)
  • 秋県…2回戦(12-4平塚江南→1-11東海大相模)
  • 春ブロック…3勝0敗(7-4海老名・3-2相模原・5-1橋本)
  • 春県…3回戦(3-2橘→1-6日大)

【大和東】

  • 秋ブロック…0勝3敗(0-5東海大相模・0-10渕野辺・1-6厚木西)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…1勝1敗(0-8光明相模原・8-4上溝)
  • 春県…進出できず

【横浜隼人】

  • 秋ブロック…3勝0敗(7-1永谷・11-0横浜平沼・10-0サレジオ)
  • 秋県…3回戦(13-3追浜→4-6鎌倉学園)
  • 春ブロック…3勝0敗(13-1鶴見・9-1橘学苑・2-0港北)
  • 春県…3回戦(8-0県川崎工→2-3武相)

【元石川】

  • 秋ブロック…0勝3敗(1-6桜丘・4-10霧が丘・4-8浅野)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…1勝2敗(1-8桐蔭学園・2-10市ヶ尾・4-3東)
  • 春県…進出できず

[展望]

第1シード・桐光への挑戦権をめぐる1回戦の海老名vs法政二は好カード。勝者と桐光が対戦する2回戦も好ゲームになりそうだが、順当ならば桐光が3回戦へ勝ち上がるであろう。その場合、相手は古豪・希望ヶ丘が有力。一方の山は相模原総合と横浜隼人の16強進出争いか?

ズバリ、3回戦は桐光vs希望ヶ丘、相総vs横浜隼人。実力校との対戦が続きそうな桐光だが、毎年夏に照準を合わせキッチリチームを作ってくるので取りこぼしはなさそう。一発を秘める隼人の存在は気になるが、8強は順当に桐光ということで…。

次回第4回目は、第2シード・横浜商大ブロックを取り上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

08年高校野球選手権北神奈川大会の展望② 慶應義塾ブロック

第2回目は第2シード・慶應義塾のブロックです。

【慶應義塾】

  • 秋ブロック…3勝0敗(8-1荏田・9-2柏陽・3-1日大)
  • 秋県…準優勝(7-0三浦→9-1藤嶺藤沢→2-1慶應湘南藤沢→7-0日大藤沢→5-3川崎北→2-9横浜)
  • 春ブロック…センバツ出場の為免除
  • 春県…4回戦(10-0百合丘・0-7桐光学園)

【横浜旭陵】

  • 秋ブロック…1勝2敗(3-6神奈川工・0-15関東学院・3-2磯子工)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…0勝3敗(2-16武相・1-3霧が丘・1-6岸根)
  • 春県…出場できず

【ひばりが丘】

  • 秋ブロック…2勝1敗(2-24綾瀬・7-5上鶴間・12-3綾瀬西)
  • 秋県…1回戦(1-11霧が丘)
  • 春ブロック…1勝2敗(1-12厚木西・4-8秦野曽屋・3-2厚木清南)
  • 春県…進出できず

【東】

  • 秋ブロック…0勝3敗(2-9横浜商・1-3横浜翠嵐・2-3横浜桜陽)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…0勝3敗(1-10桐蔭学園・0-8市ヶ尾・3-4元石川)
  • 春県…進出できず

【鶴見】

  • 秋ブロック…1勝2敗(4-11希望ヶ丘・0-7戸塚・8-7新栄)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…0勝3敗(1-13横浜隼人・3-13橘学苑・1-7港北)
  • 春県…進出できず

【綾瀬西】

  • 秋ブロック…0勝3敗(6-16綾瀬・7-16上鶴間・3-12ひばりが丘)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック/県…不出場

【港北】

  • 秋ブロック…1勝2敗(0-7横浜商大・2-6瀬谷・3-0舞岡)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…1勝2敗(0-2横浜隼人・7-1鶴見・3-4橘学苑)
  • 春県…進出できず

【相模田名】

  • 秋ブロック…1勝2敗(2-6光明相模原・4-6大和西・7-0相模大野)
  • 秋県…2回戦(2-0大清水→4-6関東学院)
  • 春ブロック…2勝1敗(7-0愛川・3-5厚木北・7-4大和)
  • 春県…1回戦(2-5横浜商大)

【神奈川工】

  • 秋ブロック…2勝1敗(1-2関東学院・7-2磯子工・6-3横浜旭陵)
  • 秋県…3回戦(3-0厚木西→5-4湘南学院→0-4相洋)
  • 春ブロック…3勝0敗(9-5鶴見工・28-0森村学園・8-1新栄)
  • 春県…3回戦(2-1多摩→1-11横浜商大)

【向の岡工】

  • 秋ブロック…1勝2敗(2-10県川崎工・6-7麻生総合・13-4高津)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…0勝3敗(0-11大師・5-7生田東・1-11市川崎)
  • 春県…進出できず

【城郷】

  • 秋ブロック…3勝0敗(5-2金沢・8-3港南台・5-4旭)
  • 秋県…2回戦(0-2平塚学園)
  • 春ブロック…2勝1敗(2-8横浜商大・13-3浅野・13-0旭)
  • 春県…2回戦(9-2秦野曽屋→3-9武相)

【伊志田】

  • 秋ブロック…2勝1敗(5-2大和・3-6相模原・2-1城山)
  • 秋県…1回戦(4-6相洋)
  • 春ブロック…2勝1敗(0-11大和西・7-6城山・10-8厚木東)
  • 春県…1回戦(2-7鶴見工)

〔展望〕

桐光にまさかのコールド敗戦を喫した塾高がどこまで立ち直っているかが鍵。復活していればこのグループでは実力が傑出している。対抗は相模田名・神工・城郷・伊志田の4校の混戦状態。商大戦を尺度に田名・神工・城郷の比較、関東学院戦を尺度に田名・神工を比較、相洋戦を尺度に神工・伊志田を比較、加えて田名の光明戦、神工の湘南学院戦、城郷の平学戦を考慮しても、4校の実力的差異はほとんど無いと考えられる。

4校(相模田名・神工・城郷・伊志田)による塾高への挑戦権をめぐる争いは熾烈(しいてあげるとすれば相模田名かな?)だが、コールド敗戦ショックから立ち直ってさえいれば塾高の8強進出はまず間違いないと思われる。

ということで次回は第1シード・桐光学園のブロックです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

骨休み。

今週は雨の為、少年野球が中止となりました。

朝6時30分の草野球から夕方5時30分まで野球漬けだった先週の日曜の後だけに、昨日の段階では「雨天中止でゆっくりできそう。骨休みにちょうどいいかな」なんて思っていましたが、実際中止の連絡網が回ってくると少し物足りない…。

我ながら野球バカだなぁ…と少々呆れてしまいました。

ということで、今日はのんびり日曜日でいこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

08年高校野球選手権北神奈川大会の展望① 桐蔭学園ブロック

夏の甲子園を目指した高校野球選手権大会の神奈川予選開幕まであと20日。今年は第90回の記念大会ということで、神奈川は南北に分割されることはご存知の通り。

まずは北神奈川をシード校別のベスト8ごとのヤグラにわけ、各校の昨秋・今春の県公式戦の戦績(他の要因は加味しない)から8強進出をめぐる各ブロックの展望を占ってみたいと思います。

第1回目は第1シード・桐蔭学園のブロックです。

【桐蔭学園】

  • 秋ブロック…3勝0敗(11-0新羽・23-2横浜学園・15-2金井)
  • 秋県…3回戦(5-1日大→1-10川崎北)
  • 春ブロック…3勝0敗(8-1市ヶ尾・10-1東・8-1元石川)
  • 春県…4強(14-3綾瀬→8-5厚木西→11-5向上→5-0武相→0-5東海大相模)

【伊勢原】

  • 秋ブロック…0勝2敗(0-14座間・3-5中央農)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック/県…不参加

【弥栄】(昨秋は弥栄東・西の合同チーム)

  • 秋ブロック…3勝0敗(5-0愛川・9-0栗原・6-2津久井)
  • 秋県…2回戦(0-18横浜商大)
  • 春ブロック…2勝1敗(1-2麻溝台・1-0柏木学園・8-1神奈川総産)
  • 春県…1回戦(0-6向上)

【田奈】

  • 秋ブロック…0勝3敗(1-9横浜緑ヶ丘・3-13上郷・1-8県商工)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…1勝2敗(0-12川和・2-4新羽・9-2神大附)
  • 春県…進出できず

【橘】

  • 秋ブロック…2勝1敗(14-2生田・1-2法政二・8-0生田東)
  • 秋県…3回戦(5-4柏木学園→9-3山北→5-6日大藤沢)
  • 春ブロック…2勝1敗(4-5住吉・17-4県川崎・10-9麻生総合)
  • 春県…2回戦(4-0大和南→2-3相模原総合)

【橘学苑】

  • 秋ブロック…2勝1敗(3-9釜利谷・7-0鶴見工・5-1金沢総合)
  • 秋県…2回戦(4-3横浜立野→5-14藤沢西)
  • 春ブロック…2勝1敗(1-9横浜隼人・13-3鶴見・4-3港北)
  • 春県…2回戦(7-6厚木→3-7川崎北)

【住吉】

  • 秋ブロック…2勝1敗(9-0菅・15-2県川崎・3-6多摩)
  • 秋県…2回戦(3-2有馬→0-10桜丘)
  • 春ブロック…3勝0敗(9-0県川崎・5-4橘・10-9麻生総合)
  • 春県…2回戦(1-7光明相模原)

【中央農】

  • 秋ブロック…1勝1敗(5-3伊勢原・0-10座間)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…1勝2敗(1-10向上・4-2相原・1-9上鶴間)
  • 春県…進出できず

【柏木学園】

  • 秋ブロック…2勝1敗(2-9厚木北・7-2上溝南・7-0神奈川総産)
  • 秋県…1回戦(4-5橘)
  • 春ブロック…1勝2敗(4-15麻溝台・9-2神奈川総産・0-1弥栄)
  • 春県…進出できず

【神大附】

  • 秋ブロック…0勝3敗(0-15川和・1-9岸根・2-8山手学院)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…1勝2敗(1-10川和・4-2新羽・2-9田奈)
  • 春県…進出できず

【津久井】

  • 秋ブロック…1勝2敗(2-4愛川・8-2栗原・2-6弥栄)
  • 秋県…進出できず
  • 春ブロック…0勝3敗(1-7秦野・2-4有馬・0-7厚木)
  • 春県…進出できず

【県川崎工】

  • 秋ブロック…3勝0敗(7-1麻生総合・10-2向の岡工・18-0高津)
  • 秋県…4回戦(5-4横浜商→7-5湘南工大附→0-5相洋)
  • 春ブロック…3勝0敗(5-4麻生・12-9法政二・8-1菅)
  • 春県…2回戦(11-3横浜翠嵐→0-8横浜隼人)

〔展望〕

昨秋の川北ショックから立ち直った桐蔭学園が中心。対抗は法政・日藤や公立の実力校山北・大和南・相総と互角の戦いをしてきている橘。その橘に春ブロック予選で競り勝っている住吉、昨秋Y校・湘南工大を撃破し16強進出を果たし今春ブロック予選でも法政に勝利した県川崎工にも注目。

3回戦は桐蔭学園vs橘・住吉vs県川崎工の対戦が有力(4回戦は桐蔭vs県川工か?)。公立実力校との対戦が続き油断は禁物だが、桐蔭の8強進出の可能性は相当高いと思われる。

次回は第2シード・慶應義塾ブロックです

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

火曜サスペンス…もどき。

先日レンタルしたDVDの実写版「キャプテン」を見て、いたく感激した私は、嫁に内緒で(←「またこんな無駄遣いして!pout」ととっちめられることが予想されるため…)「キャプテン」を購入することを決意し、インターネットショッピングで早速注文しました。

私、自営業ですので届け先は当然会社事務所、期日指定で火曜日午前中としておきました。嫁は月・水・金に会社に事務の手伝いに来るからです。

そして、劇場で鑑賞しこれまたいたく感激した「バッテリー」のDVDも付け加えて。そしてこの追加購入した「バッテリー」が私の絶体絶命のピンチを救うことになろうとは…。

火曜日、朝10時30分。

ワクワクしながら待っているとピンポ~ンとチャイムの音。

「来たっ!」

急いで事務所の入口を開けると…、嫁でしたwobbly。水曜日が提出期限の入札関係書類を仕上げに来たのだと言う…。

しまった!すっかり忘れていた!先週、入札物件を落札したんだった!

オロオロしていると再びピンポ~ンとチャイムが…。

「宅配便で~す。」

応対した嫁が受け取った小さな荷物は、当然私宛…。嫁が私に荷物を手渡しながら

「また変なもの買ったんでしょ。何買ったの?gawk

「…DVDcoldsweats01

「まさか、アダ○トじゃないでしょうね!pout

「違うよ!違うってば。coldsweats02

「…怪しい。じゃあ、なんで会社が届け先になってるのよpout

「…。coldsweats02

当然、荷物はその場で開けることになりました。

「キャプテン?、バッテリー…。な~んだ、また野球モノ。あなた、本当に野球好きね。confident」と呆れながら、でもちょっと興味深げな顔で

「長男とNHKでやっていたバッテリー見てたんだけど、面白かったの。だから映画のバッテリーも見てみたかったのよね。これ早速見ましょう。wink

AV疑惑が晴れ、「バッテリー」のお陰で嫁の機嫌も若干回復し、いやぁ~ヨカッタヨカッタ。万事めでたし、めでたし。

(断っておきますが、私は恐妻家では断じてありません!…と思う)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

テンション急上昇。

神奈川に続き、埼玉の高校野球選手権大会の組合せも決まりました。記念大会ということで南・北分割開催となり、慶応志木(志木高)は南埼玉大会に出場します。

志木高は7月10日・県営大宮公園野球場第1試合(9時~)の2回戦から登場、初戦の相手は今春県4強進出のシード校・武蔵越生となりました。

ということで、塾関係3校の初戦を整理したいと思います。

【塾高】…北神奈川・第2シード

 2回戦 7/15 大和引地台球場 12時

       横浜旭陵 vs ひばりが丘 の勝者

【湘南藤沢】…南神奈川

 2回戦 7/17 平塚球場 14時30分 

       vs 茅ヶ崎北陵

【志木高】…南埼玉

 2回戦 7/10 県営大宮公園野球場 9時 

       vs 武蔵越生(シード)

…組合せも決まり、夏本番を前にテンションも上がってきました。今年も塾高・SFC・志木高の熱い戦いを応援させていただきます。

皆さん、頑張ってくださいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

価値ある敗北。

監督生活23年目(南海8年・ヤクルト9年・阪神3年・楽天3年目)に突入したボヤキのノムさんこと野村克也監督が、監督としての歴代最多タイの負け数1453敗目を記録したとのこと(1457勝72分)。

本人曰く「長くやっているんだから…。記録に名が残ることは勲章だよ。」

どん底のチームを引き継ぎ、「ID野球」「再生工場」とも呼ばれた戦うための意識改革の徹底と現有戦力の見直し・育成・補強を通じて、チーム再建を成し遂げてきた見事な手腕には、ただひたすら感服してしまいます。

野村さんは、自らが監督として積み上げてきた【1453】という敗北数に、どれ一つとして無駄がなく必ず次に繋がる貴重な糧となる敗北であったという自負と誇りを持っているからこそ、前述のような粋なコメントができたのだと思います。

現在指揮を執っている東北楽天ゴールデンイーグルスは、6/18現在34勝32敗でパシフィックリーグ4位につけています。06年・6位→07年・4位、そして…。

CS進出、期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

脱メタボへの道 その15

第15回目の体重測定の結果です。

76.2kg (前回と変わらず。目標まであと2.2kg)

あんなに野球したのに、体重が減らないとは…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

純白のユニホーム。

少年野球のコーチに就任してから7ヶ月、大会等でベンチに入る為にユニホームが必要となり購入しました。帽子・上下・ストッキング・アンダーシャツにいたるまでラインは無しで全て真っ白。背中には連盟指定のコーチ背番号「28」。早速着てみました。

…似合わないんです。宿敵早稲田を連想させるような上から下まで純白のユニホームが…。

純真な心を持っているマメ球児たちが着ると子供らしくてとても好感の持てるシンプルさなのですが、世間の荒波に揉まれ汚れた心を持ってしまった大人(私?)がこの純白のユニホームを着ると何故かうさん臭さというか空々しい感じが…。練習ユニホーム(それでも帽子・アンダーシャツ・ストッキングは紺だった)以外では白を着たことがありません。鏡に映った己の姿を見て違和感だらけでまさに茫然自失。

「うわっ、似合わねぇ。これじゃまるで白豚だよ…。」

結成から30年を越え、区内でも最も古い歴史と伝統を誇るチームであります。ユニホームも結成当時から全く変わっていないとのこと。

早くこの純白のユニホームが似合うような、野球に対して純真な心を持つコーチになれるよう日々精進しなければと思います。

そんな日が果たしてくるのでしょうか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

中等部に続け!

6/14(土)・15(日)に熊谷で行なわれた関東中学校ラグビー大会に出場した慶應義塾普通部(Aブロック)・中等部(Bブロック)の結果です。

【中等部】

1回戦(14日) 中等部 17-0 茗渓学園

決勝(15日) 中等部 26-26 桐蔭学園

同スコア・同トライ数ということで引き分け・両校優勝となりました。

中等部の皆さん、優勝おめでとうございます。 

【普通部】

1回戦(14日) 普通部 35-27 明大中野

準決勝(15日) 普通部 22-19 深谷市立上柴

初戦の中学版・慶明戦、準決勝・上柴戦をともに接戦で勝ちあがった普通部は、22日(日)の決勝戦(13時キックオフ予定)進出を決めました。決勝の相手は国学院久我山です。

Bブロック優勝の中等部に続いて、普通部も優勝できるといいですね。

悔いのないよう精一杯頑張ってくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

勝ったのは【洋】の方。

広辞苑によると

【洋】…①広い海。おおうみ。(②・③略)

【海】…②湖など広々と水をたたえたところ。(①・③・④略)

だそうです。

昨日行なわれた全日本大学野球選手権大会決勝は、準決勝で史上最長試合時間を戦った東【洋】大学が、同じく準決勝で1イニング史上最多得点を挙げた東【海】大学を7-5で敗り、22年ぶりの大学日本一に輝きました。

【洋】の広がりが、【海】を飲み込んだといった感じでしょうか。

東洋大学の皆さん、優勝おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

The Longest Day

The Longest Day…第2次世界大戦の連合国によるノルマンディー上陸作戦を描いた映画「史上最大の作戦」の原題です。この「史上最大の作戦」という邦題をつけたのは先日お亡くなりになった水野晴郎さんなのですが、今回はこの映画の話ではありません。

朝4時55分、5時にセットした目覚ましが鳴る直前、小学校の時の遠足当日のようにスパッと布団から飛び起きました。朝7時から都内の公園にて月1回の早朝草野球が予定されているからです。不思議なもので、楽しいことがある日というのは起きることができちゃうんですね。

車で1時間ほどでグラウンドに到着。周囲の緑と朝の清清しい空気に包まれて気持ちがとても良かったです。2回連続で早朝野球ですが、何かその雰囲気の良さにハマリそうな…。

軽いアップの後、7時10分から試合開始。今日は投手陣が揃って欠席の為初勝利を目指し、中「1年4ヶ月」で先発登板しました。前回登板時と同様コントロールとテンポだけに注意し、スローボールを投げ込みます。味方守備陣の華麗なダブルプレー(年1回あるかないかのプレーが、この日だけで2回も…。ありがとうございます)などもあり、4回まで何とか無失点に抑えることができました。

5回、3-0から2点を奪われ1点差に詰め寄られたところで、疲労から制御不能となり降板。試合はその後3-3の同点に追いつかれたものの6回裏に2点を勝ち越すことに成功し5-3で勝利。悲願の初勝利はならなかったものの、非常に気持ちよく充実した気分で試合をすることができました。

草野球が終わると、急いでUターン。今度は11時からの少年野球の私設リーグ戦の応援です。

この私設リーグは、あまり勝ち負けにこだわらず公式戦にあまり出られない控えのマメたちに試合経験を積んでもらうことを目的としたリーグ戦です。長男も3回表の守備(センター)から出場。守備機会は無難にこなし、打席は三振1・四球1でした。ファウルになったもののいい当たりの打球もあり、だいぶ上手くなったなと感心しました(←親バカ)。試合は17-6で快勝したものの、反省点山積だったため、いつものグラウンドに戻り13時から練習となりました。

14人のマメを2チームにわけ、試合形式の実践的練習を行いました。足りないポジションにはもちろん私達オヤジコーチがつきます。この練習、オヤジコーチたちは攻撃には参加しませんのでずっと守りっぱなし。

私はショートを守ってヒット性のあたりをことごとくアウトにする大人気ないプレーを連発して、マメたちから一斉にブーイングを浴びせられましたが一喝。「一生懸命プレーする君達に、手加減やいい加減なプレーをするのは失礼だ。だから私はできるプレーを一生懸命する。君達も一つ一つのプレーを一生懸命やらなきゃ駄目だ!」

17時まで続いたこの練習メニュー、最後の方はマメの投手陣の疲労から私が緊急登板。朝の試合でパンパンに張っている右肩が悲鳴を上げながらも、約1時間黙々と投げ続けました。

最後の練習ベーランが終わり全ての練習が終了したのは17時30分。

朝6時30分から実に11時間もの間、野球漬けとなりました。体はガタガタ、足腰右肩はパンパン。月曜の仕事に影響あるかな?と少し心配しながら、それでも充実感一杯の長い1日は終了。

まさしく 「The Longest Day」 でした。

野球が好きじゃなきゃ、こんなことできませんよね。ということで故水野さんを模して決め台詞を。

「いやぁ~、野球って本当にいいものですね~。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

決定!神奈川県大会の夏の組合せ。

第90回記念高校野球選手権大会の南・北神奈川大会の組み合わせが決定しました(詳細は神奈川高野連HPを参照してください)。

http://www21.ocn.ne.jp/~khbf/vsnatu/2008natu-t.xls

大会の各ブロック毎の展望はまた改めて詳述したいと思います。

さあ、組み合わせが決まりました。あと1ヶ月弱(7月12日)で夏の甲子園目指しての戦いがスタートします。

高校球児の皆さん、くれぐれも怪我や故障等しないように万全のコンディションで試合に臨めるよう精一杯頑張ってくださいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

何だっ?!

何が起こった?!

全日本大学選手権準決勝の明治vs東海戦、5回裏の東海の得点【16】って一体何なんだ!?

5回表終了で6-0と明治リード、先発・江柄子君は東海を0封していたのに…。

東海の5回裏の攻撃の詳細。(○内数字は得点)

H→H→捕ゴロ(1死)→H②→四球→2BH①→(岩田君に交代)H②→HR②→四球→H→死球→四球①→(野村君に交代)H①→遊失①→死球①→H②→三振(2死)→HR③→(近藤君に交代)→三振…でチェンジ。

打者2巡・2HRを含む10安打・1イニング16得点(新記録)の猛攻で明治3本柱を粉砕…恐るべし東海打線。

結局試合は17-7で東海大学が勝利し、東京六大学代表・明治は4強止まりでした。

…ということで、「明治にわか応援団」は今日まで。

たった今からは元通り、ガンガン塾野球部を応援していきますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

「光」と「蔭」のあいだ。

現在、組み合わせ抽選会真っ只中の今夏の高校野球北神奈川大会で、慶應義塾高校(塾高)の初戦の詳細が決まったようです。

第2シードの塾高は、2回戦・7月15日(火)大和引地台球場第1試合に登場、横浜旭陵vsひばりが丘の勝者と対戦です。

シード校の振り分けは、◎桐蔭学園○塾高◎桐光学園○横浜商大◎武相○向上◎東海大相模○日大となりました。(第1シード…◎、第2シード…○)

…第1シードの桐蔭・桐光にはさまれてしまいました。なかなか厳しい組合せですね。

まぁ、勝ち進めば必ずや戦わなければならない相手、避けては通れない道程です。強豪をすべてなぎ倒し、正真正銘・北神奈川No1として夏の甲子園に乗り込もうではありませんか!

私も力の限り一生懸命応援させていただきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

大学4強。

全日本大学野球選手権は今日準々決勝4試合が行なわれ、4強が出揃いました。

【準々決勝・神宮球場】

  1. 明治大学  2-0  上武大学
  2. 東海大学  5-0  中部大学
  3. 東洋大学 13-0  東北福祉大学
  4. 近畿大学  3-0  東日本国際大学

明治は昨夏甲子園準優勝・今春リーグ戦で3勝を挙げた野村君(広陵)が8回まで上武大打線を被安打6・奪三振9・与四死球0の快投、エース岩田君が後続をピシャリと抑え0封で4強進出です。

「明治にわか応援団」としては、東京六大学代表・明治にこのまま優勝まで突っ走ってもらいたいですね!

明日の準決勝は

  1. 明治大学 vs 東海大学
  2. 東洋大学 vs 近畿大学

という対戦カードとなりました。東京六大学、首都、東都、関西学生の伝統ある連盟代表4校による優勝争いです。

両カードとも室力伯仲・接戦必至の大注目の試合になりそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

日本の夏、緊張の夏。

明日、第90回記念高校野球選手権南・北神奈川大会の組合わせ抽選会が行なわれます。

いよいよ、いよいよですね…。

「日本の夏」といえば高校野球。

いかなる組合わせとなるのか?

運命の組合せ抽選前日は、まさに「緊張の夏」ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

スコアブックでも早・慶対決?

野球の試合内容を記録するのに、スコアブックをつけますよね。

今一般的に使われているスコアブックは、左側に投球内容を記録する縦の細い長い欄があり、その右側の打席内容を記録する欄は、□が点線で4つに区切られ中央に◇があるタイプのものが多いです。

このスコアの形式、1925年に早稲田大学の飛田穂洲初代監督が紹介したもので「早稲田式」といいます。

「早稲田式」があるならば「慶應式」もあるの?と思われた方、正解です。

現在プロ野球の公式記録は、この「慶應式」を改良したものが使われています。後に「スコアブックの父」として野球殿堂入りを果たした直木松太郎さんが慶應義塾大学在学中(入学は1907年)に開発したスコア記録形式を、「記録の神様」の異名をとったパリーグ記録部長の山内以九士さんが改良を加えたものです。そのため「慶應式」は、「直木式」「山内式」という別名で呼ばれたりもしています。

「早稲田式」との形式上の簡単な違いは、上段に細く横長で投球内容を記録する欄があり、その下に打席内容を記録する□があります。そしてこの□の中が「早稲田式」とは違い点線で4つに区切ったり◇など一切なく、ただの空白になっているという点です。

スコア記入方法等の違いについては省略させていただきますが、様々な情報が幅広く網羅されていて分かりやすく記録されているのが「早稲田式」、公式記録として必要な情報だけが詳細に明確に記録されているのが「慶應式」といった感じでしょうか。

スコアブックの世界でも、早・慶はライバル関係にあったのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

水戸で早慶戦。

6月29日(日)水戸市民球場にて高校版・早慶戦が行なわれます。水戸第一高校創立130周年記念として、同校野球部が早実と塾高の2校を招待し試合を行なうのです。

水戸一は北関東旧制五大中学(水戸一、土浦一、宇都宮、前橋、高崎)の伝統を受け継ぐ名門校です。他の旧制五大中との招待試合ではなく何故早・慶?という疑問もありましたが、早稲田大学野球部の飛田穂洲初代監督、早慶6連戦の指揮を執った石井連蔵早大監督、慶應義塾前塾長の鳥居泰彦さんが水戸一OBということで早実・塾高に白羽の矢が立ったそうです。なるほどと納得。

夏の予選前の水戸での早慶戦が、甲子園での早慶戦実現へのプロローグになるといいですね。そして水戸一高野球部の夏の健闘も期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

明治、初戦突破。

どうも。期間限定「明治にわか応援団」です。

今日、全日本大学野球選手権2回戦に登場した東京六大学代表・明治は、3-1で関西国際大を下し春の大学日本一へ順当に勝ち上がりました。

明治エースの岩田君が5回まで関西国際大打線をパーフェクトに抑える好投。6回に初安打を許したものの終わってみれば被安打3・失点1という見事な内容で完投勝利です。

そして準々決勝の対戦相手は、今日創価大を6-3で下した上武大となりました。明日神宮球場にて11時30分試合開始です。

先発は江柄子君でしょうか。リーグ戦のようなピッチングができれば上武大相手でもきっとダイ・ジョウブ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

脱メタボへの道 その14

第14回目の測定です。

76.2kg(前回より-1.0kg。目標まであと2.2kg)

暑くなってきたせいか、発汗量が増えたことが体重減に結びついたようです。ここのところ非常に忙しいので…。

さあ、目標まであと2kgちょっと。先が見えてきましたよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

全日本大学選手権開幕!

第57回全日本大学野球選手権が今日開幕、神宮球場と東京ドームの2会場で1回戦3試合ずつの計6試合が行われました。

【神宮球場】

  1. 関西国際大 3-1 道都大
  2. 上武大 8-3 九州共立大
  3. 三重中京大 3-1 福岡大

【東京ドーム】

  1. 中部大 4-3 龍谷大
  2. 金沢星稜大 4-2 佛教大
  3. 函館大 4-1 広島経済大

そして明日2日目、東京六大学春季リーグの覇者・明治が登場です。今日1回戦突破を果たした関西国際大と神宮球場で対戦です。東京六大学連盟代表として、絶対に春の大学王者に輝いて欲しいと思います。

ということで、この大会関連の記事については、隅々まで三色旗に染まった自らの肉体と心を封印し、期間限定で紫紺の旗を振りかざす「明治にわか応援団」として活動したいと思いますのでご了承ください。 

♪ オオ、明治~ ♪

岩田君・江柄子君・野村君、春季リーグ戦で見せた熱投を今大会でも存分に発揮してください!期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

抗議と釈明。

テレビ朝日「報道ステーション」。後期高齢者医療制度に関連して、前日に行われた自民党役員連絡会の映像が流れるのを観て、古館一郎キャスターが「よく笑っていられますね」と発したコメントについて、自民党が「後期高齢者医療制度の内容で笑っているわけではない」と猛抗議しているそうな。

古館さん、謝ったり釈明したりする事はないですよ。

報道情報番組が政治に対して何でも迎合しはじめたらとんでもないことになります。もちろん真実を正しく伝えるという報道情報番組としての使命は果たさなければならないと思いますが、番組として問題提起や注意喚起したり、キャスターがコメントや意見等を述べるのは至極当たり前のこと。ましてやあの久米宏さんの後を引き継いだ古館さんに期待しているのは「いい子ちゃん発言」ではなく、国民が感じている不満や疑問をスパッと代弁してくれるような内容の発言でしょう。もちろん古館さんがああいう内容のコメントを発した以上、そこには古館さんなりの考えと信念と責任の裏付けがあるのでしょうから…。

もし仮に古館さんが大衆迎合的視点・人気取りだけが目的でこの発言をし、こんな抗議ごときで態度を一変させるようならばキャスターなんぞやめてしまったほうがいいです。自分の発した言葉に責任をもてないような人物はキャスター失格です。

またこの抗議に屈して番組内で謝罪や釈明の時間を割くようならば、番組自体の存在価値は失われたと局側は思った方がいいと思います。局としても公共の電波を使って流す内容なのですから、それなりの信念と覚悟は当然あったのでしょうから…。

そしてNHKのニュース番組ならいざ知らず民放のニュース番組なんかにいちいち抗議するセンセイ方、あまり政治権力を振りかざして言論の自由を侵害するものじゃありません。報道情報番組が政治批判なんかするのは当たり前のことじゃないですか。みのさんの朝の番組なんか批判しっぱなしですよ。

小言を言われてすぐ立腹し抗議するとは、余裕が全然ない証拠なんですかね。あるいは痛いところや触れられたくないところを突かれて慌てて抗議したのでしょうか。

それとも…図星(後期高齢者医療制度の内容で笑っていた)だったのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

中・高ラグビー関東大会は?

春の神奈川を制し関東大会へコマを進めた塾高・普通部ラグビー部はどうなったのでしょうか。

第56回関東高校ラグビー大会は埼玉・熊谷ラグビー場で6月7日(土)~8日(日)に開催されました。7日Aブロック(茨城・茗渓学園、東京・国学院久我山、千葉・流経大柏、塾高の4チーム)初戦で流経大柏と対戦した塾高は5-29で惜しくも敗退、翌日のAブロック3位決定戦では茗渓学園と24-24とタイスコアながらもトライ数で上回った塾高が3位となりました。

因みにAブロックは流経大柏、Bは日川、Cは明大中野、Dは東京、Eは向上、Fは県浦和、Gは東海大相模が優勝しています。

さて普通部の出場する「第59回関東中学校ラグビー大会」は今週末の6月14日(土)・15日(日)・22日(土)の3日間、埼玉熊谷ラグビー場にて行われます。

普通部は、清真学園(茨城千葉1位)・関東学院(神奈川2位)・深谷(埼玉栃木2位)・国学院久我山(東京1位)・上柴(埼玉栃木1位)・北中野(東京3位)・明大中野(東京2位)と同じAブロックです。初戦は6月14日(土)13時40分から明大中野との対戦となりました。中学版・慶明戦ですね。兄貴の塾蹴球部は今春明治に福岡で快勝していますので、普通部も是非続いて欲しいですね。

なお、同大会には東京4位として中等部もBブロックに出場しています。初戦は茨城千葉2位の茗渓学園と14日12時から対戦です。

普通部・中等部ともに優勝めざして頑張ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今年もやりますよ!

東京六大学野球のもう一つの主役、六大学応援団(塾は応援指導部)が一堂に会してパフォーマンスを繰り広げる催し…そう「六旗の下に」の季節がやってきました。

明治大学応援団リーダー部廃部に伴い、その開催が危ぶまれていましたが、今年も予定通り行なわることが分かりました。

いやぁよかった、よかった。

六旗ファン(私もそうですが…)は一安心といったところでしょうか?

「第55回六旗の下に」は6月14日(土)14時開場・15時開演、場所は日比谷公会堂で開催されます。当日券は1,500円(前売りは1,000円とお得!)となっています。

新生・明治大学応援団のパフォーマンスに大いに注目ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

春季大会閉会式。

土曜日の仕事が終わらず日曜日は午前中休日出勤となりました。

少年野球の練習が午前中だったためお手伝いは急遽欠席。マメ球児の皆さん、ごめんなさい。

13時過ぎに仕事が終わりグラウンドへ直行。雨の為延びに延びていた春季大会の閉会式が15時から予定されていた為です。

高学年チームは残念ながら1勝もできずブロック最下位だったものの、長男の所属している低学年チームはブロック準優勝を果たし、少年野球連盟から表彰状と記念の盾、後援の新聞社から表彰状を授与されました。

1~3塁を結ぶ線上にズラッとならんだ少年野球チームの前に出て、チーム代表の3名が表彰される姿には「1年間でずいぶん逞しく成長したな」と感動いたしました。

引き続き行われた優秀選手の連盟表彰でも、高学年・低学年チームから各2名(合計4名)の名前が呼ばれました。思いもよらなかった選出に驚く一方春季大会でのマメ球児達の奮闘振りが目に浮かんできてまたもや感動してしまいました。

閉会式後グラウンドが開放され各チームはあちこちに散らばり記念撮影。もちろん私達も表彰状と盾と優秀選手賞のメダルを持って記念撮影を行いました。

開会式はこれから頑張るぞというヤル気と意気込みで満ちていますが、閉会式はお互いの健闘を讃えあい何か心温まる優しい和やかな雰囲気がグラウンドを包み込んでいるようで、なかなかいいものですね。

マメ球児のみんな、秋季大会もたくさん表彰されるよう頑張ろう!

そして長男も、いつの日にか優秀選手のメダルがもらえるように頑張ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

違和感。

6日のタイガースvsホークス戦。

ホークスはあの懐かしくシンプルでカッコいい(と個人的に思っている)南海ホークス時代の復刻版ユニホームを着用して試合を行ないました。

ああ、やっぱり格好いい!

でも、王監督の南海ホークスのユニホーム姿に強烈な違和感を覚えたのは、決して私だけではなかったはず…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

オリンピックとは一体何なの?

東京が2016年の開催都市候補の4都市の中に選ばれたそうな。

これまで「東京なんかでオリンピックをやらなくたっていいじゃないか…」くらいにしか考えていなかった私でしたが、いざ開催の可能性が高まってくるととても他人事とはいっていられなくなってきました。

これからの招致活動に150億円(都の負担は100億)かかるとも言われ、そのほかに施設整備、交通機関の整備等に莫大な税金がつぎ込まれる訳ですよね…。ガソリンは170円超え、ライフライン料金も右肩上がり、食べ物は値上げラッシュ、老後の生活も不安だらけ…。今、五輪招致ごときに使える私達が汗水たらして納めた血税は、びた一文ないんじゃないんでしょうかね。

そもそも2016年東京五輪招致は誰が言い出したことなのでしょう。少なくとも都民が自発的に招致運動を起した事でないことだけは確実。某都知事が音頭をとり一人で大騒ぎしているといったほうが的を射ているのかな?

IOC調べでは都民・近郊住民の東京五輪への支持率は59パーセントだそうです。自都市開催にマドリード市民はが90パーセント、リオデジャネイロ市民が77パーセント、シカゴ市民が74パーセントの高い支持を表しているのに比べ、60パーセントに満たない支持しか得られていない東京は、やはり都知事の独りよがりなのかなという気がします。

さて最近のオリンピックの話題といえば、競泳の着用水着問題ですね。結論から言えば日本水連が契約を結んでいるスポーツメーカー3社の水着しか着用できないなんていうこと自体、やっぱりどこかおかしいですよ。

まあ、これまで水連・選手達もそのお陰もあって様々な恩恵や援助を受けてきたことは紛れもない事実ですが、だからといって着用すれば今までより速く泳ぐことができるかもしれないという水着があるならば、着てみたいと思うのがほとんどの選手の本音でしょう。4年間、五輪の舞台で活躍することだけを夢見て血のにじむような努力をしてきたわけですから…。

「着たいけれど契約があるから着る事ができない。私はただ速く泳ぎたいだけなのに…」という、水泳以外のしがらみみたいなものに縛られている選手達の苦しい胸の内が手に取るように分かります。

こういう話題に接するたびに、いつも思うことがあります。

「オリンピックって一体何なの?」

悲しいけれど現実は、「外国への国力誇示の場」「国威掲揚・ナショナリズム発揚の機会」「権力者の自己顕示欲の主張の場」「新性能・高品質の新製品発表会場」「利権に群がり奪い合う商業主義のぶつかり合いの場」…。

本来オリンピックは、己の限界にチャレンジしつづけながら世界一を目指し必死に練習してきた選手達と、そんな選手達を純粋に心から応援する我々市民のものでなければならないのではないでしょうか。

都民の40パーセントに支持されていない東京五輪の招致活動、ただ速く泳ぎたいと思っている選手達を苦しめている精神的負担…、これらの事実はやはり本来のあるべき姿ではないと思うのですが、いかがなものでしょう?

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

気がつけばもう…。

東京六大学野球春季リーグ戦は明治優勝で幕を閉じ、現在は東京六大学野球新人戦の真っ最中、そして6月10日からは春の大学日本一を決める全日本大学野球選手権…と息つく間もありません。

そして高校野球も今日、第90回高校野球選手権沖縄県大会の組み合わせ抽選が行なわれ、来週14日(土)からその戦いの火蓋が切って落とされます(ちなみに沖縄大会の組み合わせ抽選会は14時からで、その模様はインターネット生中継されるそうです)。

沖縄大会開幕と同じ14日(土)、いよいよ神奈川でも夏の組み合わせ抽選会が行なわれます。今年は第90回記念大会ということで横浜地区を2分割し南・北神奈川大会として開催されることはご存知の通り。

南はセンバツ出場・春季神奈川県大会準優勝・春季関東大会準優勝とやや抜けた存在の横浜を、横浜創学館、湘南学院、藤嶺藤沢、立花学園、鎌倉学園、平塚学園、日大藤沢、相洋、横須賀明光、藤沢翔陵、横浜商、湘南工大附・山北・桜丘・南…らが追うという展開。

春県大会優勝の東海大相模、センバツ出場の慶應義塾、その慶應をコールドで敗った桐光学園、復活なるか新生桐蔭学園、夏に爆発的な力を発揮する横浜商大、今春4強の武相、そのほかにも横浜隼人・光明相模原・日大・向上・法政二らの私学勢。それらに加え、昨秋4強の川崎北を筆頭に厚木西・神奈川工・百合丘・川和・綾瀬・相模原総合・橘ら公立実力校が虎視眈々と一発逆転を狙っている南神奈川は空前の大混戦の様相。

南・北に分かれても激戦必至の神奈川。大会の展望に大きな影響を与える組み合わせ抽選は一体どうなるのでしょうか。今からハラハラドキドキしてしまいます。

気がつけばもう、あっという間に夏なんですね…。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

実写版「キャプテン」 ★★★★★

昨夏劇場公開されたもののスケジュールがあわず、泣く泣く見逃してしまった劇場用実写版「キャプテン」、やっとDVDでレンタルして観ることができました。

若干設定に変更があったものの、愚直なまでに野球に打ち込み、いつの間にか周りの人々もその輪の中に取り込んでしまう谷口タカオキャプテン率いる墨谷二中ナインの奮闘ぶり、そして逞しく成長していく姿に素直に感動いたしました。心熱く、それでいて文句なく楽しめる素晴らしい作品だと思います。五つ星(満点)評価ですね。

野球部顧問先生の「努力したものだけが味わえる、もっと大きな喜びを分かち合うこと=本当に野球を楽しむこと。」という言葉には、様々な展開をしている「キャプテン」という作品に一貫して共通する「頑張ることは素晴らしいこと」という作者の最も伝えたいことがしっかり反映されています。

人生の中で、他のことを考えず愚直に一つのことに全精力を傾けて熱中できる時期というのは、学生時代だけかもしれません。情報の波の中にさらされ自分に有益か無益かの判断基準でしか行動を起こそうとしない現代を生きる学生諸君には、この作品はどのように映るのでしょうかね。

個人的には、少年野球のマメ球児たちは必見の作品だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

若き精鋭、神宮登場。

早慶戦が終り、今日から東京六大学リーグ春季新人戦が開幕。塾野球部は残念ながら1-5で法政に敗れてしまいましたが、今後の塾を背負って立つ若き新戦力が神宮の舞台を経験しました。

そして、驚いたのは塾野球部のメンバーに塾高OBがズラッと名を連ねていたことです。ちょっと前ではとても想像のつかない数です。凄いですね…。

スタメンでは2番(遊)千々和君、3番(左)竹内君、5番(右)野俣君、7番(二)高尾君、そして塾の先発としてマウンドに登った9番(投)田代君。

途中出場は千々和君の代打で新谷君、4番岸川君(佐賀西)の代打で平川君(そのままファーストに)、野俣君の代打で正木君(そのままセンターに)、その正木君の代打で野毛君、6番湯本君(野沢北)の代打で伊場君、田代君の代打で田中聡君。

なんと11人もの塾高OBが神宮のスコアボードに名を刻み、千々和君・竹内君・高尾君・田代君はヒットを記録(塾の全5安打のうち4安打が塾高OBによる)、先発・田代君は初回いきなり2ランHR被弾にもかかわらず5回を被安打4・奪三振6・与四球球2・自責点3という彼らしい粘り強い投球を披露しました。

神奈川の激闘を戦い抜いた面々が神宮に場所を移し、元気で成長した姿を見せてくれて、その上颯爽としたプレーを披露してくれるなんて…。なんか熱いものがこみ上げてきます。感動ですね。

今日は残念ながら負けてしまいましたが、彼らはこれからの人材。近い将来、打倒早稲田・リーグ戦優勝・大学日本一を必ずや成し遂げてくれるメンバーだと確信しています。怪我や故障などしないように、そして順調に逞しく成長して塾野球部の主力としてこれからのリーグ戦・大学野球を盛り上げてもらいたいと心から願っております。

頑張れよ、若き精鋭たち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

脱メタボへの道 その13

第13回目の測定です。

77.2kg (前回と同じ。目標まであと3.2kg)

膠着状態です…。何かを変えなくてはなりません。う~む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

梅雨入り。

「6月2日ごろ関東地方は梅雨入りした模様」という何ともあいまいな気象庁発表。

言わせてもらえれば6月2日よりもずーっと前、5月20日頃からグズグズのはっきりしない天気が続いていたじゃないですか。その時からもう梅雨に入っていたんだと思いますよ。

しかし晴れが続きませんね…。気持ちよく晴れたのは6月1日(日)だけで、当初の週間天気予報を無視するがごとく、空からは雨粒がこれでもか!というほど落ち続けてきます。よくまあ、これだけ空の上に水分が溜まっているなと呆れるばかりです。

これから7月中旬までの約50日間、左足首の古傷がうずき鈍痛に悩む日々が続くかと思うと気も重くなります。

思いっきり野球(少年野球・草野球)を楽しむことができなかった天候不順の5月だったので、モヤモヤ気分で欲求不満のまま梅雨を迎えてしまいました。

あ~あ。スカッと野球がしたいなぁ~。

そうだ!子供達と野球盤でもしようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

無念…。でも来季こそ!

延長戦にもつれこむ大熱戦となった早慶3回戦は、延長10回裏宇高君のサヨナラタイムリーで3-2と早稲田が勝利しました。

塾は健闘むなしく勝ち点3でまたもや3位。先発・中林君の早慶戦初勝利はまたもやおあずけとなりました。

2回表2死満塁から自らのセンター前タイムリーで2点をたたき出した中林君、その後の粘りの熱投も報われませんでした。

無念…。

リーグ戦経験の浅いメンバーが主力となり、開幕前の戦力評価は必ずしも高くなかった塾野球部ですが、リーグ中盤戦から後半戦は一戦ごとに逞しくなり、昨日の早慶2回戦は昨秋まで3連覇している早稲田相手に一歩もひけをとらない堂々たる試合内容でした。まだまだ成長過程にある塾野球部、来季こそ宿敵ワセダに一泡吹かせてやろうじゃありませんか!

中林君、早稲田から勝ち星を奪えなかったものの今季対早稲田戦2試合の投球内容は見事だったと思います。来季こそ宿敵ワセダから2個勝ち星を挙げようじゃありませんか!

春季リーグ戦はこれにて終了ですが、これからの成長と秋季リーグでの打倒早稲田を期待して、塾野球部に心からエールを送りたいと思います。

フレー!フレー!慶應~!

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

塾のエースへ。

早慶3回戦。

早稲田先発は昨日KOされた斎藤(祐)君。対する塾は1回戦好投むなしく惜敗した中林君。塾高・早実時代からのライバルが、神宮に場所を移して再び激突。

「早稲田を倒さずして塾のエースとはいえない。」

エース・斎藤(佑)の連投で必勝を期す早稲田…相手にとって不足はない。中林伸陽君が真の【塾のエース】の称号を手に入れることができるのか。今日こそその襲名の記念すべき日となるよう期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ああ 華の早慶戦。

授業参観終了後、長男とダッシュで神宮へ。

11時30分球場到着。三塁側内野席に通じる階段を一気に駆け上るとそこには、人工芝の緑・空の青・スタンドの白・スコアボードの黒がその目に飛び込んできました。その全てがくっきり色鮮やかなコントラストになっていながら、その全てが違和感なく調和し溶け合っている見事な光景。絶好の早慶戦日和となりました。

これから繰り広げられる「早慶戦」への期待とあいまって胸の鼓動の高まりは早くも最高潮に。

9番入り口左脇中断に座席を確保し改めて周囲を見渡すと球場全体はこの段階で7分近く埋まっており、グラウンドではグレーのユニホームが試合前のフリー打撃練習中。三塁側学生席では早稲田応援部が陣中見舞いで塾の応援の指揮を執っています。一方早稲田応援団のライト側・一塁側学生席は既に埋め尽くされており、いつもながらの地鳴りのような声援とうねりのような人の波(肩でも組んでいるのでしょうか…)の迫力に圧倒されました。

「ああ、早慶戦に帰って来たな…」

試合前の感動のイベント、早慶讃歌斉唱と塾旗入場そして塾歌斉唱が終わるとあっという間に試合開始10分前。スタンドはいつのまにか3万4000人の大観衆。

大急ぎでカレーライスで腹ごしらえし、さあいよいよ試合開始。

塾は主将・相澤君、早稲田は怪我から復帰の斎藤(佑)君が先発。両投手とも見事な立ち上がりで3回まで1安打しか許さず、試合はハイテンポで4回裏塾の攻撃。

この回先頭は塾高OBの山口君。打順2周り目、そろそろ何とかして欲しいという期待をこめての応援が続きます。

コン!という快音を残し山口君の放った弾丸ライナーは、私達の目の前をあっという間に通り抜け、塾応援団の真っ只中に飛び込む先制ソロHR!

これまで早稲田、いや斎藤君にやられっ放しで溜まりに溜まった積年の鬱憤が、山口君のHRで解き放たれたごとく一気に爆発する塾応援席。もちろん私もその一人。

続く5回にも梶本君が早稲田応援団が陣取るライトスタンドに一発を叩き込み2-0。斎藤君をこの回でKOします。

投げては先発・主将相澤君が気迫溢れる見事な投球で、5回・9回以外は得点圏に走者を許さない完璧な内容。なんと公式戦初の完封勝利を早慶戦で達成しました。

   快勝です。happy01

試合後の塾歌斉唱・エールの交歓、そして感動の「丘の上」(←本当に久しぶりです)までキッチリ歌い神宮を後にしました。

絶好の天気に恵まれ、そして伝統の応援合戦に参加し、素晴らしい内容の試合を堪能できて、そして何よりも塾野球部の力強さと逞しさ溢れる勝利に立ち会うことができ、これまでのモヤモヤが一気に解消された解放感、晴れ晴れとした爽快感、一仕事終えたような充実感に満ち溢れた何ともいいようのない清清しい気分を味あうことが出来ました。

早慶両校の皆さん、素晴らしい時間をありがとうございます。

さあ、今日は早慶3回戦。2回戦の試合内容・勢いからすると塾の連勝も十分期待できます。「塾のエース」襲名の為に絶対必要条件の早慶戦での勝利を目指し中林君がリベンジ登板します。相澤君が示してくれた素晴らしいお手本を参考にした中林君の快投、そして塾の勝利を心から期待したいと思います。

因みに、長男は今まで観戦してきた東京六大学の試合とは雰囲気が全く違う早慶戦の迫力に少々圧倒された模様。試合中も目を真ん丸くしたまま最後までボー然としておりました…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

いざ、神宮。

おはようございます。窓の外は久しぶりの青空です。

絶好のコンディションの下、いよいよ今日は早慶2回戦。

授業参観のあと、塾野球部の必勝を祈念しながら神宮でしっかり応援させていただきます。

それでは、神宮で!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »