« 悲しい別れ。 | トップページ | たった一行、されど… »

将来を担う若い戦力。

最近、少年野球の練習が終わるとガクッと疲れるようになり、日曜日のブログ更新ができないことが多くなってきました。今一度心を入れ替え、簡単には疲労しないような体力づくりを心がけねばなりませんね…。

ということで、昨日は朝10時から少年野球の練習に行ってきました。ミストサウナの中にいるような蒸し暑さで、練習開始早々から汗がボタボタと流れ、アンダーシャツは絞れるほどグッショリ。口をつく言葉といえば、「あちぃ~」ばかり…。

でもマメ球児たちは元気一杯なんですね。周りから見ていたら、彼らのパワーに叱咤激励されるオヤジコーチという、どちらが練習の主体だか分からないような練習風景だったことでしょう。

来週から2年生~5年生チームを対象とした区の新人戦が始まる為、いつもは低学年・高学年チームと分かれてする練習が合同。試合に出られない6年生と、高学年相手に戦力にならない2年生は練習が別メニューとなりました。

私は2年生5人の練習を受け持つことになり、グラウンドの片隅で邪魔にならないようにこじんまりと練習スタート。しかしながら新人戦対策の練習が白熱していく過程で打球や送球がガンガン飛び込んでくるようになり、危険回避の為とうとうグラウンドに近接する広場へ追い出されるハメに…。

でも2年生マメ球児(長男も含まれる)5人衆との練習はとても充実していました。グラウンド内ではないためできる練習メニューは限られてしまうのですが、正面の緩いゴロの捕球体制、ゴロ捕球後の送球へ移る動作、フライの落下位置までの移動と捕球動作といった、普段時間をかけてできないような基本動作の確認・反復練習を個人別指導でみっちりすることができました。

普段練習の合間やノックの順番を待つ間に、砂いじりや仲間同士でふざけてしまうことが多い2年生5人衆も、少人数で息つく間もなく繰り返される練習に、いつもと違う真剣な眼差しで取り組んでいたように見えました。

午後4時30分、練習終了後に新人戦用背番号が渡され2年生5人衆には15番から19番までの背番号を渡されました。

今日繰り返し行った基本練習は必ず君達の堅固な土台になります。注意されたことを忘れないようにこれからも意識して練習に臨んでくれればいいなと思います。そうすれば渡された背番号の左側の「1」がなくなる日もそう遠くないはず(ちなみに長男は「19番」、「上原と同じだぁ~」といって大喜びしていました)。

がんばれ、2年生マメ5人衆!明日のチームを担っていくのは君達だ!

|
|

« 悲しい別れ。 | トップページ | たった一行、されど… »

少年野球」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/22127505

この記事へのトラックバック一覧です: 将来を担う若い戦力。:

« 悲しい別れ。 | トップページ | たった一行、されど… »