« 南関東・桐蔭学園優勝~08年夏・軟式~ | トップページ | 東北勢健闘!~08年夏・大会7日目~ »

塾高の応援で甲子園にいった場合…。

【慶應義塾の目的】

慶應義塾は単に一所の学塾として自から甘んずるを得ず 其目的は我日本国中に於ける気品の泉源智徳の模範たらんことを期し 之を実際にしては居家処世立国の本旨を明にして 之を口に言ふのみにあらず 躬行実践以って全社会の先導者たらんことを欲するものなり

      福沢諭吉 書

普通部入学後、最初の授業(確か国語だったような…)がこの【慶應義塾の目的】を暗記・暗唱することでした。そしてこの文言を「一字一句間違えないように書け」という問題が1年生1学期の期末テストに出されたこともはっきり覚えています。

もちろん今でも暗唱できます。

すっかり洗脳されてしまったのか、今現在に到るまでこの【慶應義塾の目的】は私の行動や思考を規程する重要な拠り所となっています。なんて偉そうなことを書いていますが、「一中小自営業者で単なる野球好きの2児の父親」の行動・思考などは、社会の中では吹けばどこか飛んでいってしまうようなチリのような微々たるものであることくらいはちゃんと認識しています。

それでも誰が見ていようが見ていまいが関係なく、常に「気品の泉源」「智徳の模範」を肝に銘じ「躬行実践を以って全社会の先導者たる」努力を怠らないようにすること、そうあり続けることがとても大事なことなのだと思います。

この【慶應義塾の目的】の念頭には常に「社会」があります。「社会」すなわち「公」の中において、塾・塾生・塾員という「個」がどういう考えに基づき、いかに行動すべきかを説いているのです。

「個」をあまりにも尊重するあまり、自分本位の考え方しかしない、自分の認める価値基準以外は全否定・排斥してしまう、自己の責任をすべて他に転嫁してしまう、といういびつに歪んでしまった「個」優勢の社会状況だからこそ、「気品の泉源」「智徳の模範」に基づく行動を心がけ、社会を「個」と「公」がバランスよく共存する形へと導いていくことがとても重要なんだなと思いました。

…これはもちろん私個人の主観的な考えであるゆえ、これを押し付けたり他の考え方や価値基準を否定しようとしているわけではありませんのでご理解の上ご了承ください。

ということで長々書いてきました。

結局何が言いたいかと申しますと、お盆休み中に塾高の応援で甲子園に駆けつけることができた時には、興奮のあまり我を忘れて馬鹿騒ぎをし周りの人々にご迷惑をかけないように、「気品の泉源」「智徳の模範」たるべき行動をとり社会のお手本となるようなマナーで応援するぞ!ということなのでした(…できるかな?)。

|

« 南関東・桐蔭学園優勝~08年夏・軟式~ | トップページ | 東北勢健闘!~08年夏・大会7日目~ »

野球」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

高校野球」カテゴリの記事

慶応義塾」カテゴリの記事

コメント

髪型や応援の姿勢に対する一連のご意見(批判)、ただただ悲しく空しく感じています。塾高ナイン(もちろん部員全員のことです)が、試合に集中し、「エンジョイ・ベースボール」を体現してくれることを願い、祈っています。

投稿: 疾風 | 2008年8月 8日 23時05分

疾風さん、いつもコメントありがとうございます。

大好きな「慶應野球部応援団」HP・BBS内で行われている髪型等についてのやり取りを見ていて、私も疾風さんのような空しさを感じずにはいられません。

「高校野球=坊主頭じゃなきゃいけない」という方は何を根拠にそう仰るのでしょう。「坊主頭でも良し」「スポーツでも良し」「長髪OK」なんだって良いと思います。本人達がそれでよければそれでいいんだとも思います。髪型もそうですが、上田監督の掲げる「Enjoy Baseball」への批判も然り。

なぜ「自分の価値観や考えが全て正しい。そうでなきゃ認めない」という姿勢で批判だけをし、多様な価値観を認めようとしないのか…。

塾高ナインには、こうした周囲の雑音を気にせず「Enjoy Baseball」を実践して、一つでも多く勝ち進んで欲しいと思っています。

応援マナー(特にごみ)については、「出したごみは個々が責任を持って持ち帰るようにしよう」と素直に思いました。…当たり前なんですけどね。

ということで、また何かありましたらコメントいただけると嬉しいです。

投稿: すーさん@10 | 2008年8月 9日 05時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塾高の応援で甲子園にいった場合…。:

« 南関東・桐蔭学園優勝~08年夏・軟式~ | トップページ | 東北勢健闘!~08年夏・大会7日目~ »