« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

明日から師走です。

明治神宮大会が閉幕し学生野球の公式戦は終了。プロ野球も明日からオフシーズンということで、野球に関してはほぼ一段落。

嵐のように忙しかった11月も、今日の休日出勤で目途が立ち何とか無事乗り切れそうで、仕事に関してもほぼ一段落。

精神的にちょっとゆったりできるかな?と思いきや2008年も残り1ヶ月。明日からは師も走り回る程忙しい「師走」の始まり…。

なかなかじっくり腰を落ち着けて物事に取り組めませんね。

怒涛のごとく迫ってくる年末まで、もう一踏ん張りするとしましょうか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

21世紀枠推薦校、決定。

来春行われる第81回選抜高校野球大会の各都府県高野連推薦の21世紀枠候補校が28日に出揃いました。

【東北】

  • 県立八戸西 (青森・8強)
  • 県立盛岡第一 (岩手・8強)
  • 県立秋田中央(秋田・4強)
  • 鶴岡東 (山形・4強)
  • 県立利府 (宮城・優勝)
  • 県立田島 (福島・4強)

【関東】

  • 県立水戸桜ノ牧 (茨城・準優勝)
  • 矢板中央 (栃木・準優勝)
  • 県立中央中等教育 (群馬・8強)
  • 県立滑川総合 (埼玉・16強)
  • 県立身延 (山梨・4強)
  • 県立八千代東 (千葉・4強)
  • 明大中野 (東京・4強)
  • 市立川崎 (神奈川・8強)

【北信越・東海】

  • 県立村上桜ヶ丘 (新潟・準優勝)
  • 県立高岡西 (富山・4強)
  • 県立小松商 (石川・8強)
  • 県立藤島 (福井・4強)
  • 県立沼津東 (静岡・8強)
  • 大同工大大同 (愛知・8強)
  • 県立各務原 (岐阜・8強)
  • 県立名張桔梗丘 (三重・4強)

【近畿】

  • 県立彦根東 (滋賀・準優勝)
  • 市立塔南 (京都・4強)
  • 県立御所実 (奈良・8強)
  • 県立日高高校中津分校 (和歌山・8強)
  • 市立桜宮 (大阪・4強)
  • 県立三木北 (兵庫・4強)

【中国・四国】

  • 金光学園 (岡山・8強)
  • 県立鳥取東 (鳥取・4強)
  • 県立呉宮原 (広島・4強)
  • 県立矢上 (島根・8強)
  • 県立岩国商 (山口・4強)
  • 県立土庄 (香川・4強)
  • 県川之石 (愛媛・8強)
  • 県立徳島北 (徳島・4強)
  • 県立高知東 (高知・4強)

【九州】

  • 九産大九産 (福岡・4強)
  • 県立杵島商 (佐賀・8強)
  • 県立諫早 (長崎・8強)
  • 県立東稜 (熊本・8強)
  • 県立大分上野丘 (大分・準優勝)
  • 県立宮崎農 (宮崎・8強)
  • 県立川内 (鹿児島・準優勝)
  • 県立浦添工 (沖縄・4強)

今回推薦された高校の部員・関係者の皆さん、おめでとうございます。

今後ですが、1次推薦校は12月15日に各地区毎の推薦9校に絞られ、その9校から1月の選考委員会で正式に21世紀枠3校が選出されることになります。

これだけの高校から、たった3校を選ぶというのは非常に難しいですね…。

秋の大会の成績という観点から見ると、宮城大会決勝で仙台育英を9-8で敗り優勝、東北大会でも日大東北(8-2)・酒田南(3-2)といった甲子園でもお馴染みの強豪校を撃破しての4強進出を果たした利府。彦根東も滋賀県大会決勝で強豪・近江と延長戦にもつれ込む大熱戦を戦い惜敗、近畿大会で東洋大姫路とも4-6という互角の試合を戦っています。また高知東も初戦の強豪校・土佐戦に4-0で快勝、続く2試合を10-0、5-0と3試合連続完封で勝ち上がり、準決勝で高知に2-4と惜敗しています。

また今回も文武両道が評価されて推薦された高校は多いですが、単純に進学実績という観点からから見ると、東京大10名・東北大44名・岩手大15名の盛岡第一、東京大15名・京都大15名・大阪大24名・金沢大46名・福井大41名の藤島、滋賀大27名(現役)・京都大10名(現役)・大阪大11名(現役)・立命館大124名(現役)の彦根東、東京大13名・大阪大21名・九州大47名の大分上野丘…(いずれも平成20年の実績)。

学校や部を挙げての地域貢献という観点ならば、12年前から部員全員献血している八戸西、部費を稼ぐ為に地元郵便局でバイトしている市立川崎、同じく高岡西も年賀状配達で地元郵便局から感謝状を贈られています。

困難克服という観点から見ると、グラウンドが狭く練習ができないため、荒れ放題だった近くの公立運動場を借り部員・地域住民が一丸となって練習場を作り上げ県準優勝という成績を収めた村上桜ヶ丘…。

21世紀枠は選考基準が明確でないので選出校を予想するのは本当に難しいです。難しいことを承知の上で、独断と偏見であえて3校選ぶとすれば、利府・彦根東・そして高知東…かな?

願望だけだったら、横浜商大・鎌学を敗り県8強入りした神奈川の市立川崎。そして東京の明大中野が選出されて、高校野球の聖地・甲子園で「早・慶・明」の揃い踏みが見てみたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

高橋由伸、契約更改。

塾OBのG・高橋由伸選手、現状維持で契約更改したとのこと。

良かったですね…。正直ホッとしました。

腰痛で思うような成績が挙げられずに苦しんだ08年シーズン、亀井や鈴木尚ら若手が台頭し、ウカウカしていられない状況に追い込まれてきています。G・生え抜きで選手会長だった二岡のファイターズへの衝撃のトレードもありましたし…。

契約も無事済んだことですし、しっかり体を手入れして、来季こそ背番号24がグラウンドを所狭しと暴れまわる姿を見せて下さいね。

復活を期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

麻生太郎を首相として信任しません。

私は、麻生太郎という人物を総理大臣として信任しません。わが国の最高責任者として不適格者だと思います(自民党に対して支持・不支持と言っているわけではありません)。

.

「たらたら飲んで、食べて、何もしてない人の分の金を何で私が払うんだ」

何ですか?この発言。

…そりゃこっちのセリフですよ、麻生さん。

「バーで飲んで、高級料亭で食べて、国民の為に何もしていないあなた達の分の金(税金・保険料)を何で私達が払わなきゃならないんだ」って、そのまま言い返してあげたいですよ。

この言葉の軽さ、配慮の無さ、思慮の浅はかさ、何とかなりませんかね。

国内ならまだフォローができるものの、もし一国の首脳同士が腹を割ってサシで重要な議題を話し合うような場面だったら…。こんな人に日本の命運を委ねることは恐ろしすぎてできませんよ。

公の場でアホみたいな失言を重ねる人が、わが国の最高責任者かと思うと恥ずかしいやら、情けないやら、恐ろしいやら…。

.

日本経団連の御手洗会長や財界首脳と会談し、09年春闘での賃上げを要請するんですって?

この不景気でそんなこと実現できるわけないじゃないですか。あのパナソニックですら08年の最終利益が9割減なんですよ。企業が人件費を抑制する為に正規雇用から派遣労働者へ移行をはかり、その派遣労働者までも一斉に契約を打ち切ったりしているというのに、賃上げ?

日本のおかれている実態が全くわかっていない。そして自分の無能無策の対応がこの不景気を一層深刻なものにしているということを全くわかっていないじゃないですか。

政局より政策なんて格好いいこと言って景気対策の為に打ち出した2次補正予算案(例の定額給付金を含んである法案)も、結局のところ政策より政局で国会への法案提出を年明けに先延ばしてしまったんでしょう。

よくまぁ自分のことを棚に上げておいて、しゃあしゃあとお門違いの要請ができるもんだと怒りを通り越して呆れています。人にモノを頼むならまずは自分でやるべきことはしっかりやってからじゃないとね。

場当たり的なパフォーマンスのようなことばかりやっている人が、わが国の最高責任者かと思うと恥ずかしいやら、情けないやら、悲しいやら…。

やはり、こんな人に日本を任せるわけにはいきません。

.

なんで日本国民は、自分達の将来を託すリーダーを自分達の手で選ぶことができないんでしょうか。

アメリカのような大統領制にしろとは言いませんが、総選挙も経ず一国の首相が一任期中にコロコロ変わるのは、今の日本の議会制民主主義制度に不備があるとしか思えません。

総選挙が行われなければ、その首相への信任・不信任の意思表示を国民が示すことがまったくできないわけでしょう。これはどう考えたっておかしいですよ。

総選挙を経ずに首相が変わった場合は、信任・不信任を問う為の総選挙を必ず実施する。そうでなければ首相公選制導入を検討するくらいの法改正を行うくらいしないと、自分達いや子供達の将来を任せられません。

今すぐ民意を問う総選挙を行うべきです。

その上で麻生さんを首相として信任という結果ならば、私は不本意ではありますが素直に従いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日本の4番。

「NY・松井秀喜がWBCに出場できないことで、日本代表の4番打者が不在となり早くも暗雲が立ち込めている。」…と、マスコミが報じておりましたが、皆さん、堂々たる日本代表4番候補を忘れちゃいませんか?

2008年シーズンにおいて、打率.323、46HR、114打点という文句ない成績を収めたハマの和製大砲「男・村田修一」の存在を!

元々左の好打者揃いの日本代表にあって、打線の軸となる4番は右の強打者を据えるべきだと考えている私。男・村田はイメージピッタリの長距離砲なのです(北京では活躍できませんでしたが…)。

そして「男・村田」は3部門以外にも、勝負強さ(得点圏打率.344)・長打力(長打率.665はリーグトップ)、出塁率.397(内川・青木・赤星に続くリーグ4位)という素晴らしい成績を残しています。クリーンアップとしてだけではなく、時にはチャンスメーカーとしての役割を果たすことができるのです。

まぁ、守備力に不安が残る(失策数がリーグ最多の16個)ので、WBCでは指名打者に専念してもらいましょう!

ということで、WBCの予想(希望?)オーダーを組んでみました。

  1. (右) イチロー (マリナーズ)
  2. (二) 西岡 (マリーンズ)
  3. (三) 岩村 (レイズ)
  4. (指) 村田 (ベイスターズ)
  5. (一) 小笠原 (ジャイアンツ)
  6. (遊) 中島 (ライオンズ)
  7. (捕) 阿部 (ジャイアンツ)
  8. (左) 内川 (ベイスターズ)
  9. (中) 青木 (スワローズ)

 P 松坂 

…どうですか。4番・村田を核として、なかなかいい感じのラインナップだと思いませんか?

「今度こそ!」の期待をこめて、WBC日本代表の4番には是非とも「男・村田」を!

おススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新ユニホーム。

来季から新球場になるカープ。それに伴い新ユニホームが発表されました。

格好いいですねぇ~。特にビジターが!

小衿付、濃紺ライン、白文字筆記体でHIROSHIMA、そして何より赤一色の上着!

赤は膨張色です。カープはどちらかというと線の細い選手達が多いだけに、力強く逞しく見えるのではないでしょうか。

一方、ベイスターズもユニホームのデザインを一新しました。YOKOHAMAのYの縁取りを衿部分に施した斬新なデザインが特徴。ビジターは薄いグレーに縦縞。

ホーム用の白基調・ベイブルーのラインというシンプルなデザインはいいのですが、特徴であるYの衿が中尾彬のネジネジに見えてしまい、まだちょっと違和感が…。

チームが強くなれば注目が集まり、そのユニホームは格好良く見えるようになるといいます。カープもベイスターズも「新しいユニホーム、格好いいよねぇ~」と評判になるように、来季の巻き返しを期待していますよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

さあ がんばろうぜ!

最近モーレツに忙しく、草野球や少年野球のお手伝いに参加できません。

…というより、11月は東京ドームへ日本シリーズ観戦に行った2日と塾高の明治神宮大会初戦を観戦に行った16日以外、お休みがありません。

今年最後の連休だった23・24日は2日間保育園の天井裏で過ごし、今度の30日は地下機械室内で1日過ごす予定になっています。その後も年末までビッシリ…。

朝から晩まで現場で体力仕事、その合間を縫って次の工事の現場打ち合わせ、会社に帰ってから書類・見積・請求書作成&工事写真整理等々…やらねばならないことがこれでもかと重なっていて頭は飽和状態・体はグロッキー気味。

こんなに仕事が重なったのは、ちょっと記憶にありませんね…。

ここまで休日出勤が続くと、いつもならば「あぁ、野球がしたいなぁ~」という禁断症状が出るんですけれども、今回の場合はそれを通り越して「1日寝ていたい…」としか思えません。

ふぅ~っ。

今現在は体が鉛のように重たくて相当しんどいです。

…でも「しんどい」なんて口にできる間はまだまだ大丈夫ということなのでしょう。この不景気に仕事があることをありがたいことだと思って、もうひと踏ん張りしなくては!

今頑張らなければ、正月のお餅も買えませんからね。

.

♪ さぁ がんばろうぜ!

  オマエは今日もどこかで不器用に

  この日々ときっと戦ってることだろう ♪

.

 (エレファントカシマシ「俺達の明日」より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

品のある愛称。

慶應義塾大学体育会硬式野球部公式HPによると、今日岐阜・中津川公園野球場の完成記念イベントとして、塾vs岐阜選抜大学の試合が行われたそうです。

この新球場、既に東海地区野球連盟のリーグ戦などが行われているそうで、中堅・122m、両翼・100m、ナイター設備完備、外野は天然芝、収容人員7500人の素晴らしい球場のようです。

結果は塾野球部が4-1で勝利を収めたとのことですが、試合内容より気になったのは中津川公園野球場の愛称が「夜明け前スタジアム」ということ。

「ナイトゲームは禁止。未明~早朝野球専門球場」

…というわけではありません。

中津川市と合併した旧山口村で生まれた文豪・島崎藤村の代表作「夜明け前」にちなんでつけられた愛称なのだそうです。

中津川名物にちなんだ愛称「栗きんとんスタジアム」や「安岐そばスタジアム」でなく、愛媛・松山の「坊ちゃんスタジアム」のように、文学の香りが漂うちょっと品のある愛称で良かったですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

打倒・早稲田ならず…。

関東大学ラグビー対抗戦・伝統の早慶戦が秩父宮ラグビー場にて行われました。今年で85回(通算成績は塾の19勝60敗5分)を迎えた節目の試合となりました。

今季の対抗戦で帝京にまさかの敗退を喫し53連勝でストップした早稲田、塾蹴球部の「魂のタックル」が炸裂すれば十分付け入る隙はありそうだと思っていました。

前半戦は11-10(塾が1T・2PG、早稲田が1T・1G・1PG)で塾がリード。さすが伝統の一戦らしく、なかなかの白熱した攻防戦といった展開。後半戦になっても中盤までは同点という激闘が続きます。が、しかし早稲田・有田君に勝ち越しのトライを許すとそのまま一気に押し切られ、17-34のダブルスコアで試合終了。終わってみれば塾は早稲田から1トライしか奪えず、逆に早稲田に5トライを奪われるという試合内容でした。

これで早慶戦8連敗となり通算61敗目を喫してしまいました。前半~後半・中盤までは大善戦といえる戦いだったのですが…。惜しかったですね。

塾蹴球部のみなさん、気持ちを入れ替えて対抗戦最終戦の成蹊大戦にきっちり勝ちましょう。そして全国大学選手権への出場を確定させ、必ずや早稲田へのリベンジを果たすべく、強豪達をなぎ倒していって欲しいと思います。

昨年の大学選手権決勝で早稲田に敗れた借りをキッチリ返すためにも、まだまだへこたれるわけにはいきませんよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

三田祭です。

今日現場からの帰り道、塾・三田校舎の脇を車で通ったら、土曜日なのに凄い人だかりでした。普段の土曜日なんてキャンパス内には鳩と野良猫くらいしかいないのに…。

そういえば、21日から三田祭だったんですね。

ミスター慶應に選ばれ…ず、華やかな中庭ステージの脇で所属していた野球同好会の活動費を稼ぐ為に必死に焼きソバを作り、売りこみと称して可愛い女の子に声をかけまくっていたことを思い出しました。

懐かしいですね…。

その野球同好会は、数年前に会創立50周年を迎える直前に部員不足のため解散。所属ゼミも担当教授の退官と共に無くなって久しいです。10年位前に三田を訪れた時には、たまり場だった三田仲通りの喫茶店は無くなっており、ラーメン二郎も道路拡張で跡形も無く、キャンパス内学食は小ざっぱりしたカフェテリアに、山食も名前だけ残っていましたがすっかりきれいに改修されていました。

今、三田を訪れても在学していた頃の私の居場所はどこにも見当たりません。

時の流れに一抹の寂しさを覚えながらも、中庭の大銀杏だけは変わることなく黄色く色づき、今でも現役塾生達の歓談の様子を見守っているのだろうなとちょっと感傷に浸ってしまいました。

車を止めて久しぶりにちょっと覗いて行こうかと思ったのですが、昼までに会社に戻らなくてはならなかった為、断念しました。

現役塾生の皆さん、思いっきり楽しく悔いなく青春のひとときを謳歌してくださいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

こちらから願い下げだ!

ドラゴンズの選手達が(球団の指示かどうかわかりませんが)、WBCへの参加を辞退するとのこと。

真剣に世界一を狙いにいっても、それが達成できるかわからない厳しく過酷な戦いなのがWBC。

岩瀬?森野?井端?和田?

戦う意志の無い奴なんて、いらないよ。

無理にWBCに出ていただかなくて結構。

こちらから願い下げだ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

好きなユニホームを着させてやれよ…。

兵庫県高野連が、ユニホームの色を「白またはアイボリー」とする独自規制の廃止を加盟校に通知したとのこと。

なるほどねぇ…。

こんなくだらない規制があったから、兵庫代表校は、縦縞やスカイブルー・グレーといったカラーユニホームの高校が出場してこなかったんだ…。

名門・関西学院。大学野球部のユニホームは、グレーでパッとみると慶應みたいなんだけど、高校は白基調の早稲田タイプですものね。なんで同系列の大学と高校でユニホームが違うのか理由がわからなかったのですが、こんな規制がその原因の一つだったのでしょうかね。

まあ、同系列の学校が全て同じユニホームにしなければいけないというわけではありませんので違っていても一向に構わないのですが、同じユニホームにしたいと考えている学校や、カラーユニホームの着用を希望している学校の自由や選択肢を、何の意味も無い規制で強制的に禁止していたのは、もうナンセンスとしか言いようがありません。

確か東京の頴明館高校野球部は、帽子・上下ユニ・アンダーシャツ・ストッキングに至るまで、濃い青一色(ライオンズ・ブルー)のユニホームだったと思います。3年間自分達が着るユニホームくらい、好きにデザインさせてやれよと言いたいですね(個人的にはシンプルなデザインが好きですけれど…)。

いろいろと訳のわからない理由で規制の多い高校野球の世界ですが、このユニホームに関する兵庫県高野連独自の規制の存在には、驚き以上に開いた口が塞がらない程呆れてしまいました。

ということで、今回の兵庫県高野連の決定は評価できる…じゃないな。

マイナスだったのがやっとゼロに戻ったというだけですね。

★11/21追記★

関西学院は第3回選手権大会準優勝・第6回選手権大会優勝の輝かしい歴史を誇る名門校です。中・高野球部のユニホームが先に存在していて、大学が独自のユニホーム(グレー)にしたという経緯があるという指摘をいただきました。つまり兵庫県高野連の規制により、アイボリー&エンジのユニホームを着用しているわけではないということがわかりました。

また、色の配色だけで同校ユニホームを早稲田タイプと評したことで、同校野球部の輝かしい歴史と伝統を軽んじているように受け取れる内容になってしまったことも重ねてお詫び申し上げます。

あのユニホームは、決して「早稲田タイプ」ではなく「関西学院タイプ」なんです。

深慮せずに、この事例に該当しない関西学院野球部を例にあげてしまい大変申しわけありませんでした。

関係者の皆様に深くお詫び申し上げます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

鬼も笑う、来春のセンバツ出場校予想。

明治神宮大会も終わり、08年の高校野球の公式戦は全て終了となりました。

ということであまりにも気が早いのですが、来年行われる第81回選抜高校野球大会の21世紀枠3校を除く29校(一般枠28・神宮大会枠1)の顔ぶれを勝手に予想してみたいと思います。

.

北海道(1)…道大会優勝の鵡川で決まり。

東北(2)…光星学院(優勝)は確定。残り1校は準優勝だが決勝で光星に1-7で敗れた一関学院ではなく、4強ながら光星に3-6と善戦し、県大会決勝で一関に9-2で圧勝した花巻東ではないかなと…。

関東・東京(6)…関東大会優勝の慶應義塾・準優勝の習志野・4強の高崎商・前橋商の4校と、都大会優勝の国士舘は確定。明治神宮大会で塾高が優勝したことにより神宮枠が関東に割り振られる為、準々決勝で習志野と延長戦の末惜敗した下妻二の神宮枠選出が濃厚。関東8強の残り3校と東京準優勝の早稲田実が残り1枠を争うが、都大会惜敗の早実を思いっきり願望を込めて上とみたい。

北信越(2)…優勝の日本文理・準優勝の富山商で順当。

東海(2)…優勝の中京大中京・準優勝の掛川西で順当

近畿(6)…優勝の天理・準優勝のPL学園・4強の福知山成美・金光大阪までは確定。8強のうちPLに0-7の報徳学園、金光に2-3と惜敗したものの大阪勢2校が4強入りしている大阪桐蔭は脱落。福知山に0-2の東洋大姫路と、天理に4-7の箕島の選出が濃厚だと思われる。個人的には箕島は絶対に選ばれて欲しい…。

中国・四国(5)…中国大会優勝の倉敷工・準優勝の南陽工、四国大会優勝の西条・準優勝の今治西の4校は決まり。四国vs中国決戦となった明治神宮大会では、西条が2-0と倉敷工を下しているものの地区の力量差は紙一重。残り1枠は各地区4強の比較となるが西条に0-9の高松商は厳しい。今治に2-5の尽誠学園、倉敷工に1-2の鳥取城北、南陽工に1-4の開星は戦績だけでは甲乙つけ難いのだが、中国王者倉敷工に1点差惜敗の鳥取城北を個人的には推したい。

九州(4)…優勝の清峰、準優勝の神村学園、4強の明豊・興南。県の重複も無くほぼ確定。

神宮枠(1)…関東・東京の項で触れたが、関東8強で準V習志野に延長戦の末7-8で惜敗した下妻二でほぼ順当ではないか。

…ということで、鬼も笑う来年の第81回選抜高校野球大会の独断と偏見による出場校予想でした。

関係者の方々でご気分を害された方がいらっしゃいましたら、この場を借りてお詫びさせていただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

ちょっと落ち着いてきました。

塾高優勝の興奮状態から、ちょっと落ち着いてきました。

それにしても明治神宮大会決勝は、得点経過や慶應野球部応援団BBSの速報によると大熱戦だったようですね。

投手陣も明君(2回2/3)→瀧本君(3回)とリレーし、6回途中から腰痛が心配されていた白村君がマウンドに登るまさしく総力戦の様相。3投手で被安打7・与四死球8・失点6(自責点は2)という苦闘ぶりに加えて、これまで堅守を誇ってきた塾高守備陣も記録上は失策数6という、普段では考えられないような試合展開でした。

強豪・天理から受け続けるプレッシャーと、決勝しかも日本一がかかる全国大会の最後の大舞台という条件が重なり、自分達でも気づかないような力みや緊張があったのでしょうか。

それでも天理に一度もリードを奪われること無く、終始試合の主導権を握り続け、勝利を掴み取ってしまうところに新チームの凄さを感じます。

選手の皆さん、優勝・日本一おめでとうございます。

そしてお疲れ様でした。激戦の疲れを癒し故障や怪我をしっかり治して、更に逞しくなった姿を来春のセンバツで見せてくださいね。楽しみにしています。

そして明日からは、もう一つの強敵・後期中間試験に勝利できるようしっかり勉強してください。

くれぐれもコールド負けなんてことにならないように…。

| | コメント (7) | トラックバック (1)
|

慶應義塾高校、日本一! ~08年秋・明治神宮大会~

. 

 丘の上には空が青いよ

 銀杏に鳥は歌うよ 歌うよ

 ああ 美しい我等の庭に

 知識の花を摘み取ろう

.

 窓を開けば海が見えるよ

 朗らかに風は渡るよ 渡るよ

 ああ 嚠喨と理想のラッパを

 あなたの空に吹きならそう

.

 新しい時代の鐘が響くよ

 若人の胸は躍るよ 躍るよ

 ああ 華やかに若き命を

 声張り上げて 歌おうよ

.

感涙は自然と溢れ出ててくるのに、言葉は感動で何も出てきません。

日本一です。

慶應義塾高校は、第2回選手権大会以来92年の時を経て【高校日本一】の栄冠を掴み取りました。

.

優勝、おめでとう!

.

【明治神宮大会・高校の部 決勝】

  慶應 310 020 020  =8

  天理 022 001 100  =6

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

塾高、秋の日本一に王手! ~08年秋・明治神宮大会~

【明治神宮大会・高校の部 準決勝】

 鵡川 000 000 000  =0

 慶應 011 030 10X  =6

塾高、決勝進出!秋の高校日本一まであと1勝となりました。

先発はエース白村君でも一昨日好投した明君でもない、もう一人の1年生投手・瀧本君。

北海道大会で駒大岩見沢から14点を奪い今大会でも国士舘から6点を挙げた強打・鵡川打線を、奪三振は1ながら被安打6、与四球3で完封シャットアウト。

守備陣も瀧本君を盛り立て併殺3を成立させる堅守ぶり。

お見事!

絶対的エース白村君に加えて、今大会で1年生の明君・瀧本君が完全に独り立ちし、3本柱が確立したといっていいのではないでしょうか。そして鍛え上げられた守備陣がバックに控える…。この強固な塾高のディフェンスは、並大抵の攻撃では簡単に崩せそうにありませんね。

一方攻撃面でも、タイムリーと好走塁とで2死から奪った5回の3点等、勝負どころと見るや一気呵成にたたみ掛ける怒涛の攻撃は、もう天晴れ!としか言いようがありません。

チームの技術面では死角らしい死角が見当たらず決勝でも好勝負必至といえそうですが、メンタル面での「油断」と「慢心」だけが心配です。気を引き締めなおして明日の決勝、vs天理戦に臨んで欲しいと思います。

「勝って兜の緒を締めよ」

そして

「雨と風と延長と決勝には絶対に勝つ!」

明日の決勝、必勝を期待しています!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

塾高、準決勝は鵡川と対戦。 ~08年秋・明治神宮大会~

明治神宮野球大会・高校の部の3試合が行なわれ、ベスト4が出揃いました。

【神宮】

  1.  天理 9-1 中京大中京
  2.  鵡川 6-3 国士舘

【神宮第2】

  1. 西条 12-8 清峰

この結果、明日の準決勝の対戦カードは次のようになります。

【神宮】

  1. 天理 vs 西条
  2. 鵡川 vs 慶應義塾

塾高の相手は、北海道代表・鵡川に決まりました。

北海道大会準決勝で3季連続甲子園出場中の駒大岩見沢を7回コールド・14-6で下した底力は侮れませんね。

今日の試合、タイムリーや敵失等を絡め2回までに5点を奪い早々に試合の主導権を握り国士舘の反撃を凌いで逃げ切るという試合内容からわかる通り、なかなか試合巧者かつ粘り強いチームです。

明日の塾高vs鵡川戦は見応えのある試合になりそうですね。

ちなみに大学の部の結果は次の通りです。

  1. 立命館大 4-0 常磐大
  2. 東北福祉大 3-0 創価大

順当といえば順当な結果でしたね(何をもってして順当というか難しいですが…)。

明日の準決勝は、東洋vs立命館、東北福祉vs早稲田の対戦となりました。春に続いて東洋vs早稲田という決勝カードとなるのでしょうか。

こちらも楽しみですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

慶應義塾のラグビー 08年秋の陣⑤

残念!

神奈川県大会決勝に進出していた塾高蹴球部、残念ながら桐蔭学園に5-10で惜敗、花園出場はなりませんでした…。

一方、東日本中学生大会2回戦進出の中等部は、明大中野に12-33で完敗、ベスト4進出なりませんでした…。

う~ん、悔しいですね…。

この悔しさは大兄・塾蹴球部に打倒・早稲田という結果で晴らしてもらいましょう!

11/23・早慶決戦、必勝です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

塾高vs光星学院、見てきました!~08年秋・明治神宮大会~

明治神宮大会高校の部・塾高vs光星学院見てきました。少年野球の練習が中止となった長男と、長男のお供・次男をつれて。

天候不順のため第1試合(天理vs中京大中京)が中止となり、第2試合に組まれていた塾高の試合も?という状況だったので、11時から試合開始予定という発表を確認してから家を出ました。その為、神宮球場到着は2回表光星の攻撃が終わった直後でした。

一塁側スタンド(ベンチと学生応援席の間くらい)に座って周りを見渡すと、あいにくの天気ながらバックネット裏から一塁側スタンドにかけて観戦者で結構埋まっています。

そして学生応援席からは塾高ブラバン・チア・塾高応援者が一体となってお馴染みのスタイルで応援を繰り広げています。光星のクリーム色のユニホームもあってか、一瞬、慶法戦か?と見間違えてしまうほど塾高野球部の神宮初見参はその場に溶け込んでおり全く違和感がありませんでした。

2回裏先頭植田主将のライトオーバーの2塁打を足がかりに荒川君のタイムリーと明君のスクイズで2点を先制した塾高。続く3回裏にも渡辺君の2ベースなどで2点を挙げ試合を有利に進めます。足の長い人工芝、更に濡れている事で球が滑ってくるような感覚でいつもの土のグラウンドと勝手が違ったのでしょうか、光星守備陣の失策が目立ったのですが、そこにつけこみ大技・小技で得点を奪った塾高攻撃陣の集中力は素晴らしかったと思います。終盤、光星の好投手・下沖君が立ち直り素晴らしい投球を見せていただけに、この序盤の4点は大きかったですね。

先発した明君も、130km台後半の直球をビシビシ決め(私が確認した限りでは神宮のスコアボード表示でMAX139km)、危なげない投球を披露し2失点で堂々の完投勝利。白村君もまったく「お呼びでない」見事なピッチングでした。白村君に続く塾高投手陣の2本目の柱が確立された瞬間に立ち会えて、とても嬉しかったです。

スコアこそ4-2でしたが、試合内容は完勝だったと思います。応援も神宮ということで初登場にもかかわらず完璧だったと思います。

塾高野球部、そして応援指導部・ブラバン・チアそして勝手応援団の皆さん、初戦突破おめでとうございます!

秋の日本一目指して、次の準決勝も頑張ってくださいね。

.

【明治神宮大会・高校の部2回戦】

   光星 001 000 010  =2

   慶応 022 000 00X  =4

.

あと一言だけ。神宮のスコアボードに並んだ塾高のラインナップが4~5年後の早慶戦で再現されることを大いに期待しています!

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

第39回明治神宮野球大会開幕。

明治神宮野球大会が今日開幕し、高校の部と大学の部の1回戦2試合ずつ計4試合が行われました。

【高校の部】

   倉敷工 0-2 西条高

   鵡川高 11-6 日本文理高

【大学の部】

   常磐大 3-1 愛知学院大

   東北福祉大 3-0 佛教大

今日1回戦を勝ちあがった4チームは、大会3日目の準々決勝へ進出します。

ということで、明日いよいよ関東王者・塾高が登場、東北覇者の光星学院と対戦します。

光星のエース下沖君は140km超の速球が武器の好投手だそうです。エース白村君の腰痛の回復具合が心配な塾高だけに、攻撃陣が奮起して下沖君を攻略し試合を有利に進めたいところですね。

明日の天気は曇り時々雨ということでコンディションはやや不良が予想されますが、05年センバツ1回戦・関西との雨中決戦を制した時のように、「雨と風と延長と決勝には絶対に勝つ!」という部訓を実践していただきたいと思います。

ここから先は、塾高野球部の先輩達が誰一人として踏み入ったことのない未知の世界です。塾高野球部の伝統と輝かしい戦績に、新たな歴史の1ページを刻みこむことができるよう、是非とも頑張って欲しいです。

頑張れ!塾高!

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

伊達さん、優勝だって!

野球の話題ではありませんが、あまりにもビックリしたので…。

テニスの第83回全日本選手権大会の女子シングルス決勝で、クルム伊達公子さん(38歳)が16年ぶり3度目の優勝を成し遂げたとのこと。2連覇した1992年以来16年ぶりの出場、戦後2人目の30代優勝、全日本3大会での連勝記録を17に伸ばしたということです。

4月に現役復帰して12年間のブランクを克服し全日本で優勝…。

お見事!凄い!素晴らしい!天晴れ!

としか言いようがありませんね。伊達さんの体力・技術力・精神力には脱帽です。同年代の人間としては「やればできる。年齢なんて言い訳に過ぎない。まだまだ若いもんには負けるわけにはいかない。」と本当に勇気付けられました。

私も来年のドラフトで指名されるよう、もう一度根性入れなおして頑張ってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

また悪い病気が再発?

「森野をサードに専念させ、ノリはファーストに回し若手と競わせる」という09年落合構想が気に食わないのか、それともレギュラーの座を確約してくれないことが面白くないのか。

昨年の契約更改の際に「契約してくれただけでも嬉しい。額を見ないで判を押すつもりだった」とコメントし、シーズン中に獲得したFA権も行使しないと公言していたのに…。

その態度を一変させFA権行使を発表した中村紀洋。

プロ野球選手生命が絶たれる寸前の窮地から手を差し伸べてくれて救い出してくれたドラゴンズ、そして自ら師と仰ぐ落合監督から受けた多大な恩のことをすっかり忘れてしまったようで…。

私だったら、育成選手契約から支配下登録選手してくれた段階で、どんなことがあっても一生ドラゴンズに骨を埋める決意をするのになぁ。

また「思い上がり」という悪い病気が再発したかな?

救ってあげようと天界から蜘蛛の糸を垂らしてあげたお釈迦様の意を汲み取ることのできなかったカンダタのように、また地獄に落ちてしまわないことを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ちょっぴり自慢。

今朝のスポーツ報知によると、Gドラ1の大田君の背番号が「55」に内定したとのこと。

予想適中!ちょっぴり自慢。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2日目がいいね。

秋の学生野球日本一を決める明治神宮野球大会がいよいよ明日開幕となりました。

今大会は神宮第2球場を使用せず、すべて神宮球場にて試合が行なわれます。やっぱり日本一を争う大会でゴルフ練習場が試合会場とういうのは興醒めですものね…。

基本的に午前中は高校の部(8時30分~、11時~)、午後が大学の部(13時30分~、16時~)という形で試合が組まれています。

大会日程は次の通りです。

【1日目】

  1. 倉敷工 vs 西条高
  2. 鵡川高 vs 日本文理高
  3. 常磐大 vs 愛知学院大
  4. 東北福祉大 vs 佛教大

【2日目】

  1. 天理高 vs 中京大中京高
  2. 慶應義塾高 vs 光星学院高
  3. 近大工学部 vs 東洋大
  4. 早稲田大 vs 福岡大

【3日目】

  1. 清峰高 vs 倉敷工・西条の勝者
  2. 国士舘 vs 鵡川・日本文理の勝者
  3. 立命館大 vs 常磐・愛知学院の勝者
  4. 創価大 vs 東北福祉・佛教の勝者

【4日目】

  1. 高校の部・準決勝 第1試合
  2. 高校の部・準決勝 第2試合
  3. 大学の部・準決勝 第1試合
  4. 大学の部・準決勝 第2試合

【5日目】

  1. 高校の部・決勝(10時~)
  2. 大学の部・決勝(13時~)

2日目は個人的に大注目の好カードが揃いました。

高校の部では、第1試合の天理vs中京の強豪対決、第2試合は関東王者の塾高が登場。大学の部でも年4冠を目指す東洋大、巻き返しを狙う東京六大学の覇者・早稲田が登場します。

朝から神宮で1日野球観戦なんていうのもなかなかいいもんだと思うのですが、小春日和が日曜日までもってくれるかどうか(陽が当たらないと、神宮は底冷えしますので…)、ハチャメチャに忙しい仕事が土曜日中にメドが着くかどうか、気がかりです。

塾高の大活躍でこんな時期まで高校野球に熱中できるなんて、幸せですね。塾高野球部の皆さんに心から感謝しなければなりませんね。

早く開幕しないかな。楽しみだなぁ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

「日本代表」でいいと思うんですけど…。

WBCのコーチングスタッフ発表がありました。顔ぶれについては敢えてコメントしません。

野球五輪代表をみていてわかったのは、世間というのは内容云々ではなく勝てば英雄・負ければ糞味噌という評価をするということ。それゆえ現段階ではしっかりと結果が残せるよう頑張っていただければ…とだけ思っています。良かったか悪かったかは、WBC終了後にプロの野球解説者の皆さんやにわか野球評論家の皆さんが、あーだこーだと評してくれることと思いますので…。

さて、そのWBC日本代表ですが「サムライ・ジャパン」という愛称だそうです。

サムライ(男子ホッケー・野球)、なでしこ(女子サッカー)、さくら(女子ホッケー)、マーメイド(シンクロ)…。何だかねぇ。

猫も杓子も「○○ジャパン」。

シンプルに「日本代表」でいいんじゃないかと思うんですけどねぇ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

加藤君はどうなったんだ~! 7

昨年のツバメドラ1・東京六大学30勝の実績を引っさげ、大学生BIG3と称され鳴り物入りでプロ入りした加藤幹典君。

1年目のシーズンは残念ながら不本意な成績に終わってしまいました…。

しかしながら来季巻き返しのために、現在愛媛県松山での秋季キャンプに参加し厳しい練習を行っているそうです。

ツバメ公式HPの11/7付のチーム情報によると、

『OP戦~シーズンを通してバランスの悪かった上半身と下半身の動き(特に下半身が使えてなかったらしい)の欠点がわかり、フォームがかみ合うようになってきて本来のキレが戻りつつある』

とのこと。

今秋のドラフトでは宮崎商・赤川克紀君(1位)、享栄高・八木亮祐君(2位)、日本文理高・日高亮君(4位)という活きの良さと将来性のある高校生左腕投手を3人も指名しています。更にエース石川・今季ブレークした村中・大化けの可能性を秘める高井…と、来季はチーム内の左腕投手による競争がますます熾烈になりそうです。

この競争に打ち勝ち、投手陣の柱となって1年通して1軍で活躍できるよう何としてでも頑張って欲しいですね。

やっぱり加藤君には、神宮のマウンドがふさわしいです。戸田なんかでくすぶっていないで来季こそ神宮で躍動してください!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新主将は漆畑君。

慶應義塾大学野球部の09年度の新体制が発表され、新主将には漆畑君、副将には小野寺君・中林君が選ばれました。

05年センバツ8強組がもう最上級生ですか…。月日が経つのは早いものですね。ちょっと感慨深いですね。

これで05年センバツ組を筆頭に来年度新加入するであろう08年春夏連続甲子園・夏8強組まで、1~4年の各代にズラズラっと塾高OBが名を連ねることになりました。名実共に塾野球部の黄金時代到来の幕開けの予感がします。

そんな新生塾野球部を引っ張りまとめ上げ、塾高主将時代のような好成績があげられるよう、そして打倒早稲田と悲願のV奪回を果たせるよう頑張ってくださいね!頼みましたよ、新主将!

来年の神宮が、今から楽しみです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

派遣社員ばかり…。

Gの二岡智宏内野手・林昌範投手とFのマイケル中村投手・工藤隆人外野手のトレードが決まったそうです。

坂本君がショートのレギュラーの座を奪取し、ドラフトで大型内野手の大田君を獲得したGだけに、生え抜き選手とはいえ怪我やスキャンダルだらけの選手会長を見限ったということなのでしょう。相変わらず功労者に冷たい球団ですね。

トレードといえば、守備の達人・小坂内野手もイーグルスへ移籍することが決まりました。華麗で堅実な守備はまだまだ健在、守備で魅せお金の取れる選手なんて彼くらいしかいないと思います。こちらはGで飼い殺しみたいな状態だったので、トレード成立は万々歳です。新天地はやり甲斐のあるチームですので、ベテランとしてガンガン引っ張っていって欲しいですね。頑張ってください!

今回のトレード、そしてこれから活発化するFAの行方次第では、来季のGはますます派遣社員だらけのメンバー構成になりそうですね。こんな外様メンバー勢揃いの状況で「ジャイアンツ愛」なんて芽生えるのだろうかと呆れてしてしまいました。原さんも大仰なことを言って恥ずかしくないんですかね~。

と、ここまで書いてあることに気づきました。

来季のGは、まるで正規メンバー3人、助っ人6人で試合をしたことのある我が草野球チームのようだ…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

いい加減で無責任だと思いませんか? ねっ、麻生さん!

「全世帯に生活支援定額給付金を配布します。総額2兆円規模。単純計算すると親2人子供2人の一世帯に6万円支給されることになります。」…て、カッコウつけて偉そうに確かに言いましたよね。

ねっ、麻生さん!

今更、所得制限を設けるやら、高額所得者は自主的に辞退するように促す…なんてことをガタガタ言って。

(そもそも貰えるものをワザワザ辞退するような人なんかいるわけがない。)

まず具体的な内容を決めてからじゃなきゃ、政策として発表しちゃまずいでしょう。景気刺激策・低所得者救済策として定額給付金を支給するならば、最低でも

  1. 支給対象者の定義づけ(全世帯か、一定の制限を設けるか)
  2. 給付金額
  3. 給付方法と給付に伴う経費の概算

程度のことを決めなかったら、総額財政出動の規模や給付金の総額なんてものは出てこないでしょう。

選挙前に目に見える形で点数稼ごうと思って、見切り発車で発表してしまう思慮の無さ。

「景気対策でもしないと選挙戦えないしな。人気回復には金を配るのがいいんじゃないか?給付金でも支給しようか。規模?2兆円くらいでいいんじゃないの?」

…何も考えていないのがミエミエ。いや考えていることは選挙を戦うための人気回復の方法だけということ。

今になっての迷走状態をみれば誰だってわかりますよ。だいたい政策を大々的に発表してから、あーだこーだという意見が出てくるのはおかしいですよ。閣内である程度骨子をまとめてから発表するべき重要なことなのに…。麻生さんの首相としてのリーダーシップの欠如と無能力さを思いっきり露呈してしまいましたね。

そもそも景気刺激・低所得者対策で給付金支給という発想がもうダメ。何年か前に実施されたバラマキ愚策「地域振興券」の配布で、どれほどの経済効果が上がったのでしょうか…。給付金を支給したところで、何かの一大事に備えて貯蓄に回してしまうのがオチですよ。

こんな首相・閣僚たちに国の舵取りを任せなきゃならないと思うと情けないやら腹立たしいやら…。

私が首相であったならば、辞退を前提にした給付金などという愚策はとりませんね。

景気を刺激し、低所得者の生活を助ける最良の方法は減税ですよ。それもあらゆる人の生活に関わる消費税の減税。

ある試算では消費税1%にあたる金額は約2.5兆円だそうです。くだらない給付金支給なんていう愚策を実行するのに2兆円をつぎ込むのなら、1年間の期間限定で消費税率を4%に減税するほうがよっぽどいい。景気刺激にもなるし、物価が安くなるので低所得者の為にもなると思いますよ。

でも、これだけでは真の景気回復には結びつかないでしょうね。

先行き不透明な様々な不安(つまりこの先どうなるかわからない)、具体的に言えば若年層の雇用問題、年金や介護・社会保障、女性の出産・育児に対する不安感といった類の問題が解決されなければ、個人は安心して消費活動にお金を使わないことは明らかです。

高齢化が進めば、医療や介護といった社会保障に関わる費用が増大してくるのは当たり前の話。その当たり前に増えていく費用が財政改革(悪?)という名目の下で段階的に削られ、そのしわ寄せが医師不足や妊婦のたらい回しなどという考えられないような異常事態を招き、社会不安を増幅させています。女性が安心して子供を産めない、そして若い夫婦が安心して子供を育てられないなんていう社会はおかしい!

ちょっと前に道路整備に今後59兆円をつぎ込むなんていうことが議論されていましたが、道路特定財源は福田前首相が「一般財源化」するといったのですから(確かに言いましたよね!)、その内の1割(6兆円)でも、雇用や社会保障等の問題に回すことができないのでしょうか。数年間道路建設を我慢してもらい計画を凍結するなどして、人の生死に関わるような優先的に解決しなければならない問題の為に予算を重点的に配分することはできないのでしょうか。

この先行き不透明な社会不安と重くのしかかる閉塞感…。どうすればいいのでしょうか。

既得権益と結びついた現政権では、こういう問題解決の為の現体制にメスを入れるような改革は無理なのでしょうか。

しがらみに捕らわれず大胆に改革を行い、新しい視点で予算を重点配分する為には、政権交代しなければならないのでしょうか。

国民が判断し自分の未来を託す為の機会、すなわち総選挙をする必要があります。しかもできるだけ早期に!

そして国民から信任を得た者たちによる新政権で、これ等の諸問題解決に真摯な姿勢で取り組んでいくことが大事なんだと思います。

毎晩ホテルのバーに通っている人に、この国民の「何とかしてくれ!」という切実な思いがわかりますか?

ねっ、麻生さん!

★11/12追記★

所得制限については「厳密な設定をすると非常に複雑かつ膨大な事務作業が必要となる為、各自治体の判断に委ねる」とのこと。

一方的な事情(選挙対策?)で、大した考えも無く好き勝手なことを言い出した者が、やるとなると実は面倒くさいからあとのことはよろしく頼むって下のモノに押し付けるわけでしょう?

貰ったり貰わなかったりは個人の判断に任せる、支給方法の詳細は自治体の判断に任せるっていうのはあまりにも無責任じゃないですか?

国会議員の最も重要な役割は、国民から集めた税金を適材適所に必要な分だけ分配するという、国家予算案を決めることだと思います。

貴重な血税を2兆円も投入しておきながら、詳細はすべて他人任せじゃ、議員さんたちは職務怠慢、いや全く仕事してないのと同じですよ。

現政権の政権担当能力の無さを如実に表しているドタバタぶりですね。早く総選挙をして、一刻も早く無能な議員さんたちを国会から追い出さなければ日本が沈没してしまう…と再認識したニュースでした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

慶應義塾のラグビー 08年秋の陣④

11月9日(日)に行われた、慶應義塾各校のラグビー部の試合結果です。

【大学】

  • 対抗戦Aグループ 塾 54-0 立教

…通算3勝1敗1分。次戦は11/23(日)14時~秩父宮にて、早慶戦です。

【塾高】

  • 県準決勝  塾高 22-12 東海大相模

…塾高は決勝進出。決勝は11/16(日)13時~三ツ沢球技場にて、桐蔭学園戦です。

東日本中学生ラグビー大会に進出している普通部・中等部の結果は次の通りです。

【普通部】

  • 1回戦 普通部 28-29 明大中野

…主力選手の怪我等もあり1回戦敗退となりました。残念至極!

【中等部】

  • 1回戦 中等部 38-17 深谷中

…志木高が敗れた「深谷」勢に快勝し仇討ちに成功。2回戦は11/16(日)10時~東海大学ラグビー場にて、普通部に勝った明大中野と対戦します。今度は普通部の仇を討ってくれ~!

.

…ということで、塾蹴球部はいよいよ伝統の早慶戦。塾高も花園まであと1勝となりました。

各校とも、ベストコンディションで試合に臨めるよう万全の調整を!

目指すは3兄弟トリプル優勝です!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

08年日本シリーズの感想。

日本シリーズは、ライオンズが4年ぶり13度目の日本一を達成しました。

この一戦に勝つ為に、手段や投手起用法を選ばず遮二無二勝ちに行ったL・渡辺監督。その監督の作戦・起用法を理解するだけでなく、意気のようなものまでしっかり感じ応えることのできた若きライオンズナイン。そしてその選手達を自らの手中に完全に掌握した渡辺監督の手腕には脱帽です。就任1年目とはいえ日本一経験豊富な渡辺監督と選手との間に絶大な信頼関係が築かれ意志の疎通が十分に図られていることが良くわかりました。

優勝、おめでとうございます。休む間もなくアジアシリーズですが、アジアNo1目指してもう一踏ん張り、お願い致します!

一方Gですが、僅か2安打で勝てという方が難しいということでしょう。また従来の形にこだわり過ぎて、選手の好不調(ド・スランプの李のスタメン起用や連投の疲れが見えた越智の8回続投等)を見極める眼力や交代時期の判断・決断力が、「これまでの実績・信頼」というフィルターを通して見る事で曇ってしまったのかな?…という印象を受けました。調子のいい選手をドンドンつぎ込んだライオンズの戦いぶりが素晴らしかっただけに、ちょっと気になった点でした。

まあ、どちらの采配もアリだと思いますが、今回は渡辺監督に軍配が僅かに上回ったいうことではないでしょうか。

でも、昨年の「リーグ優勝→CS敗退」から一歩進んで、「リーグ優勝→CS勝ち抜け→日本シリーズ敗退」という結果となった訳ですから、来シーズンこそはもう一歩進んで日本一奪回目指して頑張って欲しいですね。

第2戦を東京ドーム観戦したこともあり、なかなか面白い内容の試合が続いた日本シリーズだったと思います。

以上、2008年日本シリーズの感想でした。

あっ、あともう一言だけ。

テレビ朝日系列放送時のベイ・工藤のゲスト解説は、のべつ幕なしに喋りつづけてはっきり言って耳障り…いや、うるさすぎです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

心に響いた言葉 9

久しぶりですね~。「心に響いた言葉」シリーズ。何ヶ月ぶりでしょうね…。

ということで、今回取り上げるのは鎌倉時代の随筆「方丈記」(鴨長明)の一節。

.

ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず

.

学生野球の魅力は、この一文に集約されているといっても過言はありませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

そうか、しまった!

私、昔から女優の和久井映見さんが大好きなんですが、彼女は今秋の関東大会に初出場・ベスト8進出を果たした埼玉・川口青陵高校のOGだったんですね。

もっと早く気づいていれば、川口青陵をいれ込み応援したのに~!

…つまらない話ですいませんでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

慶應義塾のラグビー 08年秋の陣③

全国高校ラグビー選手権埼玉県大会準決勝に進出していた慶應志木高ラグビー部は、強豪・深谷高に7-52で敗れ決勝進出はなりませんでした。

残念ながら準決勝敗退となってしまいましたが、準々決勝で花園の常連・正智深谷を35-31で下すなどその健闘は光りました。

志木高ラグビー部の皆さん、お疲れ様でした。3年生の皆さんは大学でも是非ラグビーを続けて、今度は秩父宮で大暴れしてください!

さて明日は、塾高蹴球部が海老名運動公園陸上競技場にて12時15分より神奈川県大会準決勝・東海大相模戦、塾蹴球部が熊谷ラグビー場にて12時より対抗戦G・立教戦が予定されています。

そして普通部・中等部は東日本大会の初戦を、茨城県鹿島スタジアム隣にある鹿島ト伝グラウンドBで戦います。普通部は12時30分から明大中野との中学版・慶明戦、中等部は同グラウンドで13時30分から深谷中との一戦です(普中連戦です)。

普通部は大兄同様明治を蹴散らし、「深谷」が相手の中等部は志木兄貴の仇を討てるよう、是非頑張って欲しいですね。

4部とも負けられない大事な試合となりましたね。今日敗れてしまった志木高の分まで大暴れして、絶対に勝ち進んでくださいね!

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

明日、開塾150周年記念式典挙行。

日吉の銀杏並木も色づき始めた頃でしょうか…。

明日、慶應義塾日吉キャンパス内陸上競技場にて天皇・皇后両陛下をお迎えして「慶應義塾創立150周年記念式典」が挙行されます。

近代日本の幕開けとなった明治維新を遡ること10年、築地鉄砲洲の中津藩中屋敷で産声を上げた蘭学塾は、その後の激動の日本の近現代史において全社会の先導者たる役割を果たし続け、2008年ついに創立150年を迎えることとなりました。

10年/150年という僅かな期間しか在籍しておりませんが、その塾で過ごした10年間は何事にも代えがたい素晴らしい思い出として、今の私の心の支えになっております。

.

   ああ 美しき 三田の山

   第二の故郷 三田の山

   共にむつみし幾年は

   心に永くとどまらん

   月去り星は移るとも

   夢に忘れぬ その名こそ

   慶應 慶應 慶應義塾

   永遠に讃えん 我が母校

.

学びの城がこれから200年、250年…と受け継がれ、慶應義塾がますます発展していくことを心から祈念しております。  

…ちなみに野球部の相澤主将が塾生代表として記念式典に登場するそうですよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

39。

本日39歳になりました。

来年「不惑」といわれる年齢に到達しますが、未だ迷いっぱなしの私が無事に40代を迎えられるのか心配です…。

さて39という年齢ですが、日本人男子の平均寿命が79.19歳なので、ちょうど人生の折り返し地点といえそうです。

これまで、いろいろな方に支えられ、教えを賜り、甘えさせていただきながら数多くのことを学び、様々な経験を積むことができました。これからの人生後半戦は、今まで以上に貪欲に知識を吸収していくことはもちろんですが、私が今までに得た知識や技術、体験といったものを次の世代に正確に伝えていくことが大事な役割になってくると思います。

「謙虚あること」「誠実であること」「実直であること」を肝に銘じ、「半学半教」を実践していくことを改めて決意した39歳の誕生日です。

まだまだ若輩者ですが、皆様これからもご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

明治神宮野球大会を前に。~08年秋~

08年秋の関東王者・塾高は、11月15日から開催される予定の第39回明治神宮野球大会・高校の部に出場します。高校の部は毎年各地区の秋季大会優勝校と東京都大会優勝校の計10校が集まり、高校野球・秋の日本一の座を争います。

今年度の代表校は、

  • 鵡川(北海道)
  • 光星学院(東北)
  • 慶應義塾(関東)
  • 国士舘(東京)
  • 日本文理(北信越)
  • 中京大中京(東海)
  • 天理(近畿)
  • 倉敷工(中国)
  • 西条(四国)
  • 清峰(九州)

の10校となっています。

日本学生野球協会HP内の明治神宮野球大会の要綱をみると、トーナメント表も既に発表されていて、塾高は大会2日目(16日予定)の第2試合(11時試合開始予定)で東北代表の光星学院と初戦を戦うことになっています。

会場はこれまで神宮と神宮第二を併用していましたが、今大会は神宮一本となっており、東京六大学同様、神宮球場でKEIOのユニホーム姿をみることができます。何となく嬉しいですね。

さて、組み合わせを見てみると、塾高は初戦を勝ちあがるとベスト4進出となります。そして、もしかするとこの準決勝で東京の国士舘と対戦するかもしれません。国士舘戦が実現した場合、この試合の内容は大注目となること必至です。

例年センバツの関東・東京枠は6枠。関東4・東京2か関東5・東京1のパターンのいずれかで代表校が選出されています。昨秋は関東の横浜が東京の関東一をコールドで下し、関東5・東京1という割り振りとなりました。

…何をいいたいかといえば、塾高vs国士舘戦で国士舘が勝った場合、東京に2校が割り振られる可能性があるということです。東京の準優勝校は、そう!

「早稲田実業」です。

東京2校の場合は早実が選出される可能性が最も高いわけで、関東優勝でセンバツ出場が確実の塾高と、夢の早慶甲子園アベック出場が実現されるわけです!

…でも、塾高が国士舘に負けるのは悔しいですし考えたくもありません。ならば、塾高が明治神宮大会で優勝し明治神宮枠を関東・東京地区に持ってきて、関東5・東京2という形でセンバツ代表校が選出されるのが最良の形だと思うわけです(前回と同じく、関東6・東京1なんてことはないと思いますが…)。

塾高の皆さん、自分達の為だけでなく早実の為にも明治神宮大会で優勝しましょう!

余談ですが、今回の明治神宮野球大会には「明治維新140周年」というサブタイトルがついています。慶應義塾は開塾150周年だということを考えると、近代日本の歴史の歩みよりも塾の歴史のほうが長いことを改めて認識させられ、ちょっと感動いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

優勝だぁぁ~! ~08年秋季関東大会~

塾高、49年ぶり2度目の秋季関東大会優勝!

おめでとう~!

感激で言葉になりません。crying

凄いですね~、凄すぎます。

腰痛のエース白村君をカバーし、踏ん張って試合を作った明君・瀧本君の投手陣、初回に5点を奪われても試合を諦めず、ジワジワと追い上げそして7回の大逆転を呼び込んだ攻撃陣。総合力で掴み取った栄冠ですね。

その全てが、何もかもが素晴らしい!

明治神宮大会では更なる快進撃、期待しています。

.

【平成20年秋季関東大会・決勝】

 慶應義塾vs習志野

  慶 021 001 500  =9

  習 500 001 000  =6

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

決勝は、塾高vs習志野。 ~08年秋季関東大会~

塾高。2年連続決勝進出!

3回に逆転を許し、2-4という劣勢から、5回裏に3点を奪い逆転。その後も着実に追加点を奪い、投げては白村君(2回)の後を受け継いだ公式戦初登板の明君(3回)、瀧本君(4回)が前橋商打線の反撃を凌ぎきり2年連続の決勝進出を決めました。

塾高の皆さん、おめでとうございます!

昨年横浜に敗れ、惜しくも閉ざされた明治神宮大会出場に王手をかけました。「神宮経由甲子園行き」という2年越しの目標がいよいよ現実味を帯びてきましたね。

昭和34年の第12回大会以来2度目の秋季関東チャンピオンという栄冠を是非勝ち取ってくださいね!

ということで、本日の大会4日目・準決勝2試合の結果です。

【保土ヶ谷・第1試合】 習志野vs高崎商

  習志野 000 010 010   =2

  高崎商 000 000 100   =1

…習志野は、秋季関東大会33年ぶり(昭和50年以来)2度目の決勝進出(勝てば初優勝←意外でした…)。

【保土ヶ谷・第2試合】 前橋商vs慶應義塾

  前商 003 100 000  =4

  塾高 110 301 20X  =8

…塾高は、秋季関東大会2年連続3回目の決勝進出(勝てば2度目の優勝)。

決勝は塾高vs習志野という伝統校の対決となりました。今年は互いに県1位ということで、伝統だけでなくその実力も折り紙つきです。伝統校の名にふさわしい引き締まった白熱の好ゲームを期待しています。

注目の決勝は、明日10時保土ヶ谷球場にてプレイボールです!

| | コメント (4) | トラックバック (1)
|

塾高、3季連続甲子園へ?! ~08年秋季関東大会~

高校野球秋季関東大会の準々決勝4試合が行われ、神奈川1位の慶應義塾が千葉2位の木更津総合を7-3で下し準決勝進出、3季連続となる来春のセンバツ出場をほぼ手中に収めました。

塾高野球部の皆さん、まずは初戦突破おめでとうございます。センバツ出場に大きく前進ですね。しかし油断は禁物です。準決勝以降コールド敗退などという事態が生じれば、その確保した座席も非常に危うくなってしまいます。気を引き締めて明日の準決勝も頑張ってください。

大会3日目の結果です。

【保土ヶ谷・第1試合】 水戸桜ノ牧vs前橋商

  水戸 000 000 0  =0

  前商 023 300 X  =8

【保土ヶ谷・第2試合】 慶應義塾vs木更津総合

  木総 100 002 000  =3

  塾高 020 031 01X  =7

【横須賀・第1試合】 下妻二vs習志野

  下妻 102 012 000 01  =7

  習志 103 200 000 02x =8

【横須賀・第2試合】 高崎商vs川口青陵

  高商 000 004 011  =6

  川口 010 000 000  =1

この結果明日行われる準決勝の対戦カードは次の通りです。

【保土ヶ谷】

  1. 習志野 vs 高崎商
  2. 慶應義塾 vs 前橋商

群馬県勢2校が、千葉を制した名門・習志野、そして神奈川王者・塾高に挑みます。決勝進出を決めるのは果たして?

明日の準決勝も非常に楽しみですね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

早慶3回戦、決着。~08年秋~

早慶3回戦、塾野球部は残念ながら1-4で早稲田に敗れ勝ち点奪取なりませんでした。

1-1のタイスコア、6回途中まで中林君が被安打3失点1の好投で、4年生主将・相澤君に最後の、本当に最後のマウンドを託します。しかしながら相澤君が8回・9回に得点を奪われ、攻撃陣も斎藤君・大石君を攻略できず無念の敗退となりました。

またもや早稲田から勝ち点を奪うことができませんでした。13番目のプロ球団といわれるほど戦力の充実が著しい今の早稲田を打倒するのは至難の業なのかもしれません。でもこのまま指をくわえて現状に甘んじているわけには行きません。塾野球部は、早稲田を倒さなければならないというライバルとしての使命を果たさなければならないからです。

来季こそ、必ずや来季こそ打倒早稲田を!そして天皇賜杯の奪回を!

最後に…。4年生部員の皆さん、お疲れ様でした。そして素晴らしい思い出をありがとうございました。野球を続ける人も、そうでない人も塾野球部での4年間は、必ずや今後の人生の糧になることでしょう。この経験を生かしてこれから始まる社会人生活、頑張ってくださいね。

そして神宮のスタンドで一緒に塾野球部の活躍を応援できることを楽しみにしています。

本当にどうもありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日本シリーズ第2戦、見てきました。

長男属する少年野球チームのマメ球児は、ほとんどGファン。そんな環境の下で野球をしているせいか、長男もGファンに。

実はそんな長男の為に、なけなしの小遣いをはたいて日本シリーズGL戦の切符を購入し、少年野球の練習終了後東京ドームへ行ってきました。

長男と「小笠原、ラミちゃん、スンさんがHRを打って、最後は生クルーンでGが勝つ!」と希望が思いっきり反映された都合のいい試合展開予想を話しながら、プレーボールを待ちます。

3塁側1階席で前から15列目ということで、グラウンドの視界は良好なのですが、少数のGファンの周囲には青いユニホーム姿のLファンばかり。

Gが1点を先制し高橋尚が抑えている間はまだよかったのですが、L中島が目の前を通過する高い放物線でLファンで埋まる左翼スタンドに逆転2ランを放ってから、周囲のLファンのボルテージが一気に高まります。

Lファンは、応援にあわせて50cm角くらいのブルーの小旗をふるんですね。Gファンからは「そんなモンふるんじゃねぇ!前が見えねえじゃねーか!」との声も。一体となって応援したい気持ちは分かりますが、全員L応援団の外野席以外では、ちょっとマナー違反の応援スタイルだと思いましたね。あの小旗は視界を遮ります。長男も「試合が見えないよ~」と嘆いていました。

加えてライオンズ投手陣の死球の多さ(G強力打線を封じるには内角を攻めないといけないことはわかりますが…)に、試合同様スタンド内も緊迫。小笠原死球→退場の時には「ストライクも投げられねえピッチャーばっかりじゃねぇか!」「デットボールで選手を潰す作戦か!」「警告試合にしろ~」と周囲は騒然とした空気に包まれます。長男はその雰囲気に飲まれ目をパチクリするばかり…。

9回裏、長男が予想した試合展開通りにラミレスがサヨナラHRを放ったのですが、長男はハラハラドキドキの試合展開と周囲の殺気立った雰囲気に疲れ果ててイスにへたり込んでおり、その瞬間を見逃してしまったそうです(私はしっかりこの目にその瞬間を刻んでおきました)。

ただ長男はGの劇的勝利で元気を取り戻し、いつ終わるかわからない盛り上がりを見せる東京ドーム内のGファンとともに、歓喜の応援と勝利の余韻に浸っておりました。

緊迫した試合を制した高橋尚・西村・越智の投手陣のナイスピッチング、8回に見せた鈴木尚・亀井の気迫溢れるナイスプレー、そしてラミレスのサヨナラHR…。日本シリーズらしい、いい試合でした。

生クルーンは見ることができませんでしたが、長男にとっても、心と記憶に残る名勝負・素晴らしい試合となったのではないでしょうか?

そう思ってくれれば、チケット代なんて安いものです…。

(と財布を見ながら、そんなわけないよなぁとボヤいております。)

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

慶應義塾のラグビー 08年秋の陣②

関東大学ラグビー対抗戦Gの伝統の一戦、慶應義塾vs明治が今日秩父宮ラグビー場で行われ、塾蹴球部が24-19で明治を振り切り勝利しました。

今日の勝利で、通算成績は塾の34勝52敗4分(大学選手権の1勝5敗1分含む)となりました。昨年度は29-29で引分けていただけに、これでスッキリしました。

早稲田が帝京に敗れ(対抗戦53連勝でストップ、8年ぶりの敗戦だそうです)、今日塾が明治に勝ったことで優勝争いも混沌としてきましたね。開塾150周年を対抗戦G優勝で飾る為にも、残りの立教・成蹊、そして早稲田に全勝といきましょう!伝統の魂のラグビー炸裂だ!

さて、今日は秩父宮以外でも、塾高・志木高が花園切符をかけて県大会準々決勝に挑んでいます。

【神奈川県大会準々決勝】

  • 塾高 38-0 湘南工大附

【埼玉県大会準々決勝】

  • 志木高 35-31 正智深谷

両校ともに快勝で準決勝進出を決めました。おめでとう!

特に志木高はやりましたね!強豪・正智深谷に競り勝つ大金星をあげました。この勢いで次の準決勝も頑張ってください!

両校の準決勝の日程は次の通りです。

【塾高】

 11/9 12時15分~海老名運動公園 vs東海大相模 

【志木高】

 11/8 13時05分~熊谷ラグビーA vs深谷

ちなみに埼玉大会準決勝には早大本庄も進出しています。県大会決勝が早慶戦となる可能性も出てきました。こちらの行方も気になるところです。

08年秋の慶應義塾のラグビー、いい感じです…。

皆さん、この調子で頑張ってくださいね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

08年高校野球秋季神奈川県大会2日目。

神奈川開催の今大会、2日目は1回戦4試合が行われベスト8が出揃いました。

本日の結果です。

【保土ヶ谷・第1試合】 文星芸大附vs川口青陵

  川口 001 001 040  =6

  文星 000 000 000  =0

…川口青陵・野川投手、被安打1で見事な完封勝利でした。

【保土ヶ谷・第2試合】 高崎商vs日大高

  高商 051 000 1  =7

  日大 000 000 0  =0

…神奈川3位の日大高まさかのコールド敗戦。好投手丸岡君、一体どうしたのでしょうか。

【横須賀・第1試合】 日本航空vs前橋商

  日航 100 000 000  =1

  前商 101 020 01X  =5

…高崎商とともに群馬県勢2校揃って8強進出となりました。強いですね。

【横須賀・第2試合】 花咲徳栄vs水戸桜ノ牧

  水戸 000 110 220  =6

  花咲 000 100 020  =3

…初出場・桜ノ牧、強豪花咲徳栄を終盤突き放して8強進出です。茨城勢も2校揃って初戦突破です。

さあ、これで今秋関東8強が決まりました。明日3日目、準々決勝4試合が行われ、ここで勝つとほぼ来春のセンバツ出場に当確印が打たれることになります。非常に白熱した試合になりそうですね。球児の皆さんの健闘を期待します。

明日の準々決勝の対戦カードです。

【保土ヶ谷球場】

  1. 前橋商業 vs 水戸桜ノ牧
  2. 木更津総合 vs 慶應義塾

【横須賀スタジアム】

  1. 下妻二 vs 習志野
  2. 川口青陵 vs 高崎商業

…いよいよ神奈川王者・塾高の登場です。いきなり強豪・木更津総合が相手ということで、かなり厳しい試合になると思います。チャレンジャー精神でドーンと思いっきりぶつかっていきましょう。

残念ながら敗れてしまった日藤・日大の分まで頑張ってくださいね。

健闘を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

塾野球部、雪辱! ~08年秋・早慶2回戦~

中林君、悲願の早慶戦初勝利達成おめでとう!

今福君、塾の主砲として期待され続けながら不振に苦しんでいただけに2安打4打点の大活躍、よかったですね。最後に4年生の意地を見せることができましたね!

9-3で早稲田を下し、1勝1敗のタイに持ち込んだ塾野球部。17残塁はちょっといただけませんが、早稲田投手陣の乱調につけこんでの9得点は立派の一言です。

明日の3回戦はおそらく相澤主将が学生生活最後のマウンドに立つことでしょう。通算10勝目と早稲田から勝ち点奪取というダブルプレゼントを贈れるよう、攻撃陣は今日の2回戦同様早稲田投手陣を粉砕できるよう頑張りましょう!

「優勝はできなくても早稲田には負けられない」…それが早慶戦なのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

08年高校野球秋季関東大会開幕。

08年度高校野球秋季関東大会が今日開幕しました。

塾高・植田主将の選手宣誓もあった開会式の後、1回戦3試合が行われ、来春のセンバツ切符をかけた熾烈な戦いが始まりました。

【保土ヶ谷・第1試合】 甲府工vs下妻二

  甲 001 003 200  = 6

  下 132 040 01X  =11

【保土ヶ谷・第2試合】 日大藤沢vs習志野

  日 001 100 001  =3

  習 001 210 00X  =4

【横須賀・第1試合】 矢板中央vs木更津総合

  矢 100 010 020  =4

  木 100 401 00X  =6

…神奈川準優勝の日藤がまさかの初戦敗退。センバツの関東枠を神奈川勢で独占して欲しかっただけに習志野戦での惜敗、残念です。

一方スーパーシード扱いとなっている塾高の初戦の相手が木更津総合に決まりましたね。木更津総合はご存知の通り、横浜・東海大相模を下して春季関東大会優勝を果たしており、神奈川勢にとってはまさに天敵のような存在です。そして日藤も今日千葉県勢の習志野に敗れているわけで、塾高は東海・横浜・日藤の仇を討たねばなりません。神奈川こそ関東No1であることを証明するためにも、絶対に負けられませんね。

さて、明日の秋季関東大会2日目の組み合わせは次の通りです。2会場(保土ヶ谷・横須賀)1回戦4試合が予定されています。

【保土ヶ谷】

  1. 文星芸大附 vs 川口青陵
  2. 高崎商 vs 日大高

【横須賀】

  1. 日本航空 vs 前橋商
  2. 花咲徳栄 vs 水戸桜ノ牧

神奈川3位の日大高が登場です。日大藤沢の分まで頑張ってくださいね!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

まだ負けたわけじゃない。~08年秋・早慶1回戦~

いてもたってもいられず現場を抜け出し神宮へ。たった今会社に戻ってきました。

運命の早慶1回戦。

先発・相澤主将は外角へ切れ味抜群のスライダーを駆使し、毎回のように迎えるピンチも要所を締め本当に粘り強く投げました。後を引き継いだ中林君も、早稲田の誇るドラフト組の上本選手・松本選手を力感溢れるストレートとキレ抜群のスライダーで三振に仕留めるなど、本当に素晴らしい投球でした。

…しかしながら、

塾は残念ながら力及ばず1-3で早稲田に敗れ悲願の優勝を逸すると同時に、またもやライバル早稲田の優勝の瞬間を目の当たりにすることとなりました。

ううっ悔しい…。この屈辱、何度目だろう…。

作業着姿で打ちひしがれて電車に乗ったのですが、窓の外をぼんやり見ている途中、あることに気がつきました。そして再び私の心にみるみる闘志が湧いてきたのです。

「優勝はできなかったけれど、まだ早稲田に負けたわけじゃない」

優勝こそ早稲田に譲りましたが、早・慶の勝敗はまだ決着したわけじゃない。残り2試合を連勝し、早稲田から勝ち点を奪取し完全優勝を阻止することは、永遠のライバルである塾に課せられた使命なのだと。

塾野球部のみなさん、気持ちを切替えましょう!

特に若き塾野球部の精鋭の皆さん、相澤主将以下塾野球部を支え続けた4年生部員達に「優勝」はプレゼントできなかったけれど、「優勝チーム・早稲田からの勝ち点奪取」という最も粋で最も格好のいいプレゼントを、はなむけに贈ってあげようじゃありませんか!

チーム一丸となって「打倒早稲田」を!

これをなしうるのはライバル慶應義塾をおいて他になし。

さぁさぁ、明日も気合入れ直してガンガン応援しますよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

いよいよ早慶1回戦。~08年秋~

早慶1回戦の朝を迎えました。

「3つ勝たなければ優勝はない」と考えるのではなく、今日行われる試合の一つ一つのプレーに対して、全身全霊をこめて丁寧に確実に積極的な気持ちで臨むこと…それができれば結果はおのずとついてくると思います。

敵はドラフト指名された3人がいる早稲田ではありません。晴れの大舞台で、平常心を保ちつつベストパフォーマンスをいかに発揮できるか…つまり己自身の中に克服しなければならない敵がいるのだと思います。

4年生は学生野球の、下級生達は1年間の集大成です。

力の限り戦い、そして明日に繋がる勝利をつかみとろうではありませんか!

早慶1回戦、私も力の限り応援させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »