« 国体で軟式野球が…。 | トップページ | その男、鷲に移籍。 »

早慶六連戦 その4 ~優勝決定戦~

1960年11月9日

早稲田大学 対 慶應義塾大学 優勝決定戦

 [早稲田大学スタメン]

  1. (左)伊 田
  2. (遊)末 次
  3. (中)石 黒
  4. (三)徳 武
  5. (二)村 瀬
  6. (捕)野 村
  7. (一)好 田
  8. (右) 所
  9. (投)安 藤

 [慶應義塾大学スタメン]

  1. (遊)安 藤
  2. (左)山 田
  3. (右)小 島
  4. (中)渡 海
  5. (捕)大 橋
  6. (一)村 木
  7. (三)田 浦
  8. (二)近 藤
  9. (投)角 谷

【試合経過】

 1回

[早]伊田三振、末次二ゴロ、石黒右飛。

[慶]安藤中飛、山田二ゴロ、小島三ゴロ。

 2回

[早]徳武三振、村瀬二ゴロ、野村二失、好田三邪飛。

[慶]渡海中越三塁打、大橋左犠飛で渡海生還(慶1-0)、村木三振、田浦捕ゴロ。

 3回

[早]所一ゴロ、安藤三振、伊田二ゴロ。

[慶]近藤三振、角谷一ゴロ、安藤三飛。

 4回

[早]末次中飛、石黒死球、徳武左飛、村瀬の時石黒二盗失敗。

[慶]山田右飛、小島三内野安打・二盗、渡海右飛、大橋中飛。

 5回

[早]村瀬右飛、野村遊ゴロ、好田右飛。

[慶]村木二飛、田浦二飛、近藤右中間二塁打、角谷一飛。

 6回

[早]慶・田浦に代わりサードに村橋。所右前安打、安藤犠打、伊田三ゴロ、末次三振。

[慶]安藤左飛、山田二飛、小島捕飛。

 7回

[早]石黒中前安打、徳武遊内野安打(無死1・2塁)、村瀬の時捕手からの牽制で石黒タッチアウト、村瀬三振、野村二ゴロ。

[慶]渡海一飛、大橋遊飛、村木二飛。

 8回

[早]好田に代打・大井、大井三ゴロ、所三振、安藤中飛。

[慶]早・大井に代わりファーストに村上。村橋中飛、近藤二直、角谷三振。

 9回

[早]伊田三ゴロ、末次に代打・鈴木悳、鈴木右中間三塁打、鈴木に代走・前田、石黒右前安打で前田生還(慶1-1早)、徳武三振、村瀬三振。

[慶]早・代走の前田に代わりショートに角田。安藤四球、山田犠打(1死2塁)、小島左飛、渡海二直。

…あと2アウトで慶應優勝という土壇場で追いついた早稲田。試合は1-1で延長戦に突入。

 10回

[早]野村三振、村上三ゴロ、所遊ゴロ。

[慶]早・伊田に代わりレフトに鈴木勝。大橋中前安打、大橋に代走・北野、村木の時捕手からの牽制で北野タッチアウト、村木三ゴロ、村橋一飛。

 11回

[早]安藤右飛、鈴木勝三振、角田中前安打、石黒二ゴロ。

[慶]近藤二ゴロ、角谷投ゴロ、安藤右飛。

…11回終了と共に主審・宇野が前田・石井両監督を呼びよせ協議。再試合を行うことで合意し、優勝決定戦は日没コールドゲームとなり再試合が行われることとなった。

【スコア】

  早大 000 000 001 00  =1

  慶大 010 000 000 00  =1

(13時30分開始 16時14分終了 試合時間2時間44分)

.

【戦評】

安藤・角谷両投手共に好調。安藤は3回戦同様良く投げたし、角谷は直球を主として走者を出せばカーブで上手く早大の打者を封じていた。(…略…)(9回の)鈴木悳の一撃はまさに早大にとって起死回生の貴重なものだった。延長11回、日没で暗くなった為ついに引き分けとなったが、早大の追い込みがきいてやっと試合らしくなったものである。(…略…)両軍とも堅くなって打力が伸びなかったが、それ以上に両投手とも気力において打者に勝っていたといえる。

(野球年鑑 昭和35年度 P150~151の記述より抜粋)

…日没コールド・再試合が決まった瞬間、緊迫した試合の緊張感から開放された両校スタンドから健闘を讃えあう大歓声が上がったといいます。

早慶決戦は両校譲らず、優勝決定戦再試合に突入することになりました。

|
|

« 国体で軟式野球が…。 | トップページ | その男、鷲に移籍。 »

大学野球」カテゴリの記事

慶応義塾」カテゴリの記事

早慶6連戦」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/25923825

この記事へのトラックバック一覧です: 早慶六連戦 その4 ~優勝決定戦~:

« 国体で軟式野球が…。 | トップページ | その男、鷲に移籍。 »