« 12月っていうのは…。 | トップページ | 国立決戦? »

4歳なのに「食べる前に飲む」?

私がウィルス性の急性胃腸炎になったのは約10日ほど前のこと。改修工事を行っている保育園の園児たちの間で大流行していたのをどうやらもらってきたらしい…。腹痛に加え3日間ほどモノが食べられなくなり下痢が続き、本調子に戻るまで約5・6日かかりました。

私のがうつったのか、長男が腹痛を訴えたのが5日ほど前のこと。一通り私と同じような経過をたどってやっと調子が戻ってきました。と思っていたら、今度は次男が…。

帰宅するや否や

「今日昼過ぎに幼稚園から、○○君がお腹が痛いと苦しがっていますので直ぐにお迎えに来てくださいって緊急連絡がきたの」と、妻。

妻は大慌てで幼稚園へすっ飛んで行き、苦しがっている次男を引き取りそのままかかりつけの小児科医院へ連れて行ったそうです。

以下、妻の話。

待合室で苦しがっている次男、(汚い話ですが)診察室に通された途端「うえぇ~」と嘔吐。大混乱となった診察室のドタバタをよそに、嘔吐した次男はそれまでの症状が一変、何事もなかったようにケロッとしています。ドタバタが収拾した頃には、♪ぽ~にょぽにょぽにょ…♪と鼻唄を歌い出す始末。

…先生の診察の結果は「食べすぎ」。抗生物質ではなく胃腸薬(整腸剤)を処方されました。

夜、いつも通りにモリモリ夕食を食べる次男に「今日の給食何食べたの?」と聞くと、ニコニコしながら「えびのぴらふ、とりのからあげ、さらだ、ふるーつあんにんとうふ、ぎゅうにゅう。みんなだいすきだからたくさんたべた。」

大事に至らなくてホッとしましたが、年末年始の食べ過ぎ飲み過ぎで胃腸が弱るなんていうオヤジみたいな次男、「食べる前に飲む」っていう薬を常用しないといけませんかね(苦笑)。

これから先が思いやられます。

|

« 12月っていうのは…。 | トップページ | 国立決戦? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大事に至らなくてよかったですね。でも好き嫌いが多い子が多いのに、食欲旺盛でいいとおもいますよ。自分もアレルギー体質(アトピー)をもっているので、今でも時々蟹や海老を食べると、肌が赤くなる時がありますが、食べられるというのは、それだけ色んな楽しさを体験できます。自分は好き嫌いが無いように、幼少の頃上手く料理をしてくれた母に今でも感謝しています。

投稿: おく こと KEI Okumura | 2008年12月21日 11時20分

おくさん、コメントありがとうございます。そして、お気遣い大変嬉しく思います。どうもありがとうございました。

食の細い長男に比べ、食べることが生きがいのような次男。お腹いっぱいでも、新しいおかずが食卓に並ぶと食さずにはいられないようです。

今回の騒動の原因も次男の「食べすぎ」。病院で恥ずかしい思いをした妻ですが、病気でなかったことでヨシとしましょう。

年末年始、どうしても食生活が不規則になりがちですので自戒の意味もこめて注意していきたいと思います。

また、何かありましたらコメントいただけると嬉しいです。

投稿: すーさん | 2008年12月22日 17時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4歳なのに「食べる前に飲む」?:

« 12月っていうのは…。 | トップページ | 国立決戦? »