« 国際経験?怪我や故障の有無?いえいえ、「ひらめき」です。 | トップページ | 12月っていうのは…。 »

この先の見えない絶望感、金持ちセンセイにはわかるまい。

日テレ朝の「ズームインスーパー」でお馴染みの辛坊治郎さんが書いている「集英社新書WEBコラム ニュース用語の虎の巻」によると、無役職の国会議員の月額給与は137万5000円だそうです。ボーナスにあたる期末手当が713万円がこれに加わり、年収は2400万円。

ここに加わること、文書交通費という名目で100万円/月(JRや航空会社の乗車券は提供され公務出張の場合は別途交通費が支給されるのに何で交通費が支払われるの?)。更に、国会議員一人あたり月65万円の立法調査費が所属会派に支払われ、国会議員一人に対しての公設秘書3人分の費用2000万円/年も同様に支給。

他にも様々な手当て(ナントカ還元水で問題となった事務所費等)があるのだけれど、国会議員一人当たり前述のように最低でも6400万円/年の税金が支払われているわけで、衆・参国会議員トータルで、その総額はなんと460億円強!ヒラの国会議員でこの金額なわけで、大臣・衆参議長といった議員には役職加算等の費用が更に加算して支払われることになります。

更に更に、こんだけの金をブン取っておきながら、各政党には税金から政党助成金が支払われ、その総額はなんと約320億円!

国会議員一人につき年間約1億円の税金が支払われているんです。

こんな人たちに、フルタイム・自給1000円ソコソコの条件で一生懸命働いていながら景気悪化により一方的にその契約を打ち切られてしまう人達の切羽詰った状況、明日の見えない絶望感や苦しみが理解できるとは思えませんね…。派遣社員や期間従業員の方たちは正月の餅を買えないどころか年越しの住まいまで失うという非常事態だというのに…。

景気雇用対策として国会議員の給与の最低1~2割カット(もっとカットしてもいいと思うけれども…)を議員立法で国会に提出し、速やかに可決すれば150億円くらいはあっという間に捻出できるわけで、そういう身を削るような思いもせず息詰まった閉塞感漂う社会情勢を理解せず真剣に対策を講じないで、ただ偉そうに「3年後には消費税の税率アップをお願いしたい」って言ったところで、国民から総スカンを喰らうに決まってます。

「政治とは誰のために何のために行われるべきもの」なのか。センセイ方には、このことを自分の胸に手をあててよ~く考えていただきたい。

一刻の猶予もありません。政局をめぐる国会内の駆け引きばかりしている間に、状況はますます悪化しています。このまま景気悪化が続けば、中小零細企業を経営する者としては、明日は我が身ということでとてもとても他人事には思えません。

センセイ方、本当に頼みます。何とかしてください!

|

« 国際経験?怪我や故障の有無?いえいえ、「ひらめき」です。 | トップページ | 12月っていうのは…。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この先の見えない絶望感、金持ちセンセイにはわかるまい。:

« 国際経験?怪我や故障の有無?いえいえ、「ひらめき」です。 | トップページ | 12月っていうのは…。 »