« その時、鳥人間も…。 | トップページ | マメマメ球児。 »

ああ、苦情…。

今年に入ってから、いつも少年野球で利用している運動公園の朝9時まで、昼11時30分から13時30分まで、夕方17時以降の利用ができなくなりました(それまでは朝8時~11時・11時~14時・14時~日没の3交替でフルに1日利用できた)。

近隣住民から「子供達の声がうるさい。休日くらい静かにさせろ」という苦情が、昨年10月頃から区役所の方に複数(多い時は1日に数十件)寄せられたことによる応急処置的対応だそうです。

3日ほど前、このあたりの事情に詳しいある方(仮にAさんとします)とたまたまお話をする機会がありました。

この運動公園は今から約35年ほど前、子供達が安心して運動ができる広場がないということで、近隣小学校のPTAや小さい子を持つ周辺住民・校庭を利用していた少年スポーツ団体が中心となって、「広い企業社宅跡地に運動公園を!」という陳情を受けた区が建設したという経緯があります。

それから30年もの間、複数の少年スポーツ団体・役所側担当部署・周辺住民たちが利用に関する話合いの機会を年に複数回持ち、その為これまでほとんどトラブルなく良好な状態で利用されてきたのです。もちろん私達の少年野球チームも、周辺住民の皆さんのご迷惑にならないようにできるだけ配慮しながら(時には公園周辺の清掃なども行いながら)30年以上公園を利用してきました。

Aさんによると、この騒音苦情は10月に入り突如寄せられるようになり、しかも急増したそうです。

そしていろいろ調べるうちに、この苦情を申し立てている人はどうやら一人、最近運動公園の前にできた新築マンションに引っ越してきた男の人ということまで特定されているようです。つまりこの人が一日に数回(多い時は数十回も)、区に匿名の苦情電話をかけているようなのです。

区側も今まで良好な運動公園の運営と利用が続いていただけに、苦情を申し立てている人と、公園建設から今に至る経緯を説明し理解を求め妥協点を見出す為の話合いの場を持とうとしているようです。もちろんこの話合いは、苦情申し立て者・区担当部署・利用団体の3者によるもので、私達利用団体も円満に利用できる為の妥協点を模索するためいつでも話し合う準備はできているのですが、この人は電話で苦情を一方的にまくし立て「やめさせろ」の一本やりで、一切の話合いには応じないのだそうです。

ここまで話してくれたAさんは、悲しくてやりきれないような何とも複雑な表情をしてポツリと言いました。

「こういう人がたくさんいるから、世の中が殺気立ってくるのよね」

私も最初は、今までの通り利用できるようにする為の落としどころを何とか探らなければという気持ちでした。しかし、かたくなにその機会を拒み自分の主張だけをゴリ押しているという自分勝手な様子を聞いているうちに、その人にも諸事情があるにせよ「運動公園が目の前にあり、そこで休日は少年スポーツ団体が8時から利用することが利用者掲示板等で事前にわかっているのだから、それが嫌だったらそんなマンションを購入して住まなきゃいいじゃないか。後から来て文句言うな」という険悪な考えになっていることにハッと気づきました。

こういった小さな怒りや衝突が積み重なり、殺伐とし気配りや配慮・優しさの欠片もみられない社会になってしまったんでしょうね。

「自分が絶対」「自分の言っていることは全て受け入れてもらわなければ」「自分さえ良ければ」といった、自分本位の考えや権利ばかり主張し、周囲への気配りができない義務を果たさない大人が多すぎますよね。「私」が最も大事という価値観があまりにも尊重されすぎてきた弊害でしょうか…。

もちろん「私」は大事ですが、「私」だけでは生きていくことはできません。もう少し地域(社会)の一員という自覚を持ち、自分とは違う価値観も受け入れながら、皆がある程度納得する形で共存していく方向性を協力して見出していくという、「公」という視点を持つようにしなければ、その弊害やしわ寄せは社会的弱者である子供達に及んでしまいます。

公共工事でグラウンドが約半分しか使えない状況に加え、時間までも訳がわからない苦情で制限されてしまったら…。子供達がいつでも思いっきり運動できるという貴重な環境は絶対に守っていかなければなりません。そのためにも当事者同士が、主義主張を戦わせるのではなく、双方の意見・立場を理解して歩み寄るという姿勢が大事なのだと思います。

2009年は、これから社会を担っていく子供達のためにも、我々大人一人一人が「公」の精神を今一度見直しし、実践していかなければならないと思います。もう少し優しく配慮のある社会に戻すために…(遅きに失した感もありますが…)。

|
|

« その時、鳥人間も…。 | トップページ | マメマメ球児。 »

少年野球」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

今回の投稿、考えさせられました。自分、ソフトボールの監督を20年近くしていたのですが、このような問題に遭遇する事がしばしばありました。

いつも一応「すみません...」とお詫びするのですが、子どもに”声を出すな!”とは言えず苦労した思い出があります。

正直、子ども活動ですから、大らかに見守ってほしいと思うのですが...現実、気にされる方にとっては騒音以外の何物でもないようです。

心が痛みます...

投稿: べろちゃん | 2009年1月18日 05時15分

悲しいお話ですね。自分も実家の真前に高校があり、打球を打つ音や、バンドの叩く音が日常でした。公園って、子供たちがおもいっきり遊ぶ場所。しかも休みの日だからこそ、保護者と遊べるのではないでしょうか?自分も数年前一人暮らしを始める際に、建物自体の色々な条件も調べましたが、水害に合わないかとか周りについても調べました。そんなに子供の声がうるさいのであれば違う場所に住めばっていいたいですね。おまけに匿名とは恥ずかしいです! ちと熱くなってしまいましたが…。金曜日いよいよ発表ですね。祝い酒やりすぎて大声出さないでくださいねー(笑)

投稿: おく こと KEI Okumura | 2009年1月18日 08時43分

少年たちに危害が出てはいけないという視点でも考えなくてはならない世の中でもありますし、いろいろ、しなくてもよい?苦労が出てきますね。。

投稿: マーチ | 2009年1月18日 18時17分

べろちゃんさん、おくさん、マーチさん、いつもコメントありがとうございます。

本来ならいただいたコメント一つずつにお返事しなければならないのですが、今回はまとめてのお返事お許しください。

この苦情の件で逆に感じたことは、何かを始めそれが何も問題なく当たり前のように長きに渡って続けられるということは、様々な人々が陰で支えてくれていること、そして計り知れないほどの配慮・気配り、関係者同士の相互理解のための努力がなされてきた賜物であるということでした。

これからも少年野球を続けていく為にも、常にこういった方々への感謝の気持ちを忘れずに、我々も甘えることなく己を律しながらルールを遵守していくことを肝に銘じた次第です。

それにしても、苦情申し立て者を何とか話し合いの場に引きずりださなくてはなりませんね。このままでは苦情を言った者勝ちということになり、利用のルールもヘッタクレもなくなってしまいます(幸い役所側も少年スポーツ団体の利用については理解がありそうですので…)。

そして何よりも野球をしたいと集まってくる子供達に悲しい思いをさせたくありませんから。

ということで、皆様、何か妙案がありましたらまたコメントいただけると嬉しいです。

投稿: すーさん | 2009年1月18日 23時47分

自分も少年野球の騒音に悩まされています

正直、ほんとにうるさいんです

いくつかの少年野球チームが土日祝に校庭をひっきりなしに使っていますが、特にうるさいチームは一向に改善しません

休日に校庭を使わせてもらっていて、近隣住民は家で休日に体を休めている、ということを考え、練習の仕方を工夫すべきです

特に異常なまでの掛け声への執着はまったく理解できません

全員が一斉に大声を挙げれば相当な音量です
掛け声を控えるくらいの配慮ができないようなスポーツ自体に、非常に疑問を感じます

野球って、夢中になるあまり、周りへの配慮がまったくなくなり、迷惑を被っている人が静かにしてくれとお願いすると、逆切れする傾向があります

こんなスポーツを青少年の健全育成などと謳って、校庭使用を許可するのは間違っています

投稿: 被害者 | 2011年5月30日 17時46分

被害者さん、コメントありがとうございます。

少年野球にかかわるものとしてまずはお詫び申し上げます。グラウンドや校庭の近隣の皆さまへの配慮なくしてこういう活動は成り立たないと思っています。

私共のチームは、代表者が年に数回近隣の皆さまのところへご挨拶に伺い、さまざまなご迷惑をおかけしていることを詫び、ご意見をたまわり、なるべくご迷惑のかからぬような活動方法を模索し改善を試みるようにしています。
たとえば、朝10時までと16時以降は声を出さないメニューをおこなう。昼の12時~13時は練習を行わない…などなど。
都心ゆえ、野球が出来る広場やグラウンドがないという事情からどうしても校庭等を使用せざろうえないのですが、その際はやはり近隣にお住まいの皆さまになるべくご迷惑にならないような方法で利用しなければならないと改めて思った次第です。

また何かありましたらコメントいただけると嬉しいです。

投稿: すーさん | 2011年5月30日 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/27220285

この記事へのトラックバック一覧です: ああ、苦情…。:

« その時、鳥人間も…。 | トップページ | マメマメ球児。 »