« 劔岳<点の記>、映画化。 | トップページ | ライオンズ新ユニホーム発表。 »

海自、ソマリア沖へ。

最近野球の話題でないことが多いのですが、気がかりなことがたくさんあって…。

今日浜田防衛大臣が、アフリカ東海岸・ソマリア沖で多発する海賊被害に対して、海上自衛隊に海上警備行動をもって対処する準備を行うよう指示したとのニュースを聞きました。

海上警備行動とは防衛大臣が発令できる最高位の命令で、これ以上ひっ迫した状況等に陥り海上警備行動で対応できない場合は内閣総理大臣の命令により防衛出動がなされるわけです。

海自は、攻撃を仕掛けてきた海賊に対してどこまでの応戦が許されるのか?

日本人乗組員・日本船籍の船舶・日本への物資を輸送する船舶を護衛することが目的でなのであれば、目の前で海賊に襲われている外国船舶への護衛はできるのか?

そして攻撃されている船舶が他国の軍籍を持つ艦船だった場合は援護することを許されるのか?

海上警備行動という名の下、このソマリア沖への海自派遣には政府の重大な思惑が隠されていると思います。現行憲法において是非が問われ議論の的となっている集団的自衛権の行使という、これからの日本の安全保障を考える際この是非を争点にして総選挙を行ってもおかしくないほどの重要な問題です。

さらにこの軍事行動を伴うかもしれない派遣に対して、国会での十分な論議どころか派遣承認の手続きも行われていないことは、最も守られなければならない文民統制の危機であるといっても過言ではありません。

また海上警備行動は日本周辺海域を想定したものであり、過去に発令された際もいずれも日本周辺海域の有事に対して出されています。今回の派遣を認めるとなると、海上警備行動という大義名分さえあれば、防衛大臣の一存で世界中に海自を派遣できることになります。

海上保安庁の巡視船派遣でもなく、集団的自衛権行使をめぐる議論を国会でし尽くしたわけでもない、国民の意思を確認したわけでもない、個々に起こりうる恐れのある事例に対しての法律の整備も行われていないという現状での海自派遣は、「自衛隊の海外派遣の実績作り」という政府の考え方・立場を明確にしていると思います。このような派遣実績を積み重ねることで、現行法規の拡大解釈を行い自衛隊の役割・権限の拡大を認めざろうえないという世論の風潮を作っていこうとする政府の動きは、非常に危険な動きであると思います。

海賊から日本船舶を守るというために海自を派遣、という表面的な理由だけではない非常に奥の深いデリケートかつ重要な問題が奥底に潜んでいることを忘れずに、私達は目を光らせながら事の推移を慎重に見守っていかなければならないと思います。

|

« 劔岳<点の記>、映画化。 | トップページ | ライオンズ新ユニホーム発表。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海自、ソマリア沖へ。:

» 今回は危なそう〜ソマリア沖へ自衛隊〜 [虎哲徒然日記]
日本の自衛隊が、武力を発動するのはどういう状況でだろうか。 憲法には「軍隊」は保有しないと書いてあっても、実力組織が現に存在する以上、それが発動される可能性は常にある。 自衛隊が警察予備隊として発足した当時は、朝鮮戦争で米軍の軍事力が割かれることから、日....... [続きを読む]

受信: 2009年1月31日 10時13分

» ソマリア : 「アメリカ製の」もうひとつの戦争 [マスコミに載らない海外記事]
Global Research 2007年1月10日 ←注意:二年前の記事 wp [続きを読む]

受信: 2009年2月 7日 17時04分

« 劔岳<点の記>、映画化。 | トップページ | ライオンズ新ユニホーム発表。 »