« 新戦力を加え、塾野球部再始動。 | トップページ | センバツ特集誌のまとめ買い。 »

10,000円で売ってくれ!

東京23区内にある国家公務員用の宿舎が廃止されるという方針が示されてから、その跡地利用計画がどうなるか注目してきました。

都や区が出しているハザードマップによると、我が区は古い木造建築物密集地域で地震で倒壊する家屋が多く、ひとたび火災が発生すると延焼が拡大しやすい、都内でワーストの危険地域だそうです。実際その通りですし、更には避難道路は入り組んでいたり十分な道幅が確保されていないですし、一時避難場所として利用できるある程度の広さを持った防災型公園もほとんど整備されていません。それどころかキャッチボール禁止・サッカー禁止といった「~禁止」の立て看板ばかりたつ1戸建て住宅が建つ程度の広さしかない小さな公園が住宅地の中に点在しているのが現状で、子供が安心して遊べるだけの広場を持つ公園さえもほとんどありません。

私の会社のすぐ近くにもかなり広い敷地(4000㎡くらい)を有している公務員舎があります(平成23年以降廃止される予定だそうです)。それ以外にも区内には10か所以上該当する施設があり、そのいずれもかなりの広さを有しているようです(1番広い敷地はなんと40000㎡以上もある)。

都心で、これだけの広い敷地をまとまった形で取得できる好機は滅多にありません。一時的な避難場所機能を有し子供たちが安心してスポーツを楽しむことのできる緑豊かな公園をつくる千載一隅のチャンスではないか!と思って期待していたのですが、区のまちづくりに関する部署の議会での報告内容を聞いてガックリきました。

そのほとんどの場所について「細分利用されないよう注視し、優良な民間住宅を誘致する」とのこと。つまり「国から払い下げてもらった土地を民間へ転売し大型マンションでも作ってもらいましょう」っていうことですよ。結局、区は「まちづくり」といいながら何もしないということですよね。まぁ、こういうご時世だし区の財政も逼迫している現状ですから、維持管理費のかかる公園なんかにするより、マンションでも建ててもらって住民を増やし、区民税をガッポリ徴収したほうがいいという上の判断に基づく決定なのでしょう。でも全部が全部、住宅誘致じゃなくてもいいんじゃないですかね。

あ~あ。この地で生まれ育って今年で40年になりますが、いいのは交通の便だけで、いつの間にか緑は少なくなったし、子供と一緒に遊べる広場もなくなっちゃったし、何かっていえばすぐ苦情が殺到するし…。すっかり住みにくい町になっちゃったよなぁ。

日本郵政の「かんぽの宿」みたいに、どこか1か所くらい10,000円で私に売ってくれないかなぁ。もちろん転売してボロ儲けすることなんて微塵も考えてません。子供たちが朝から晩まで思いっきり野球やサッカーができるような広場を作ってあげたいと思います。

|
|

« 新戦力を加え、塾野球部再始動。 | トップページ | センバツ特集誌のまとめ買い。 »

少年野球」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/27862546

この記事へのトラックバック一覧です: 10,000円で売ってくれ!:

« 新戦力を加え、塾野球部再始動。 | トップページ | センバツ特集誌のまとめ買い。 »