« 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。番外編 | トップページ | 明治復活の切り札。 »

第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その9

「~調べてみよう」第9回目は、近畿王者の天理です。

【近畿】 天理 (2年連続19回目)

投手陣は、多彩な変化球を操る左腕・沼田君、PLを11回0封した技巧派右腕・中山君、130km後半の直球と変化球のキレが抜群の本格派右腕・田渕君と3枚が揃い盤石の態勢。バックの守備陣も良く鍛えられている。攻撃はパワーのある1番内野君、俊足好打の2番原田君、3番西浦君、4番西川君、5番安田君と長打力と勝負強さを兼ね備えたクリーンアップが続き、下位にもチーム最多打点(17点)をたたき出した大西君が控えるという、切れ目のないつながる打線が特徴。総合的にみても接戦では勝負強さを発揮し、ここぞというときの集中力・一気呵成にたたみかける底力も兼ね備え、今大会の上位進出有力校といえそう。

〈成績〉

〔奈良県大会]

  1回戦 9-0 奈良女子大附(7回コールド)

  2回戦 4-3 高田(延長14回)

  3回戦 10-5 大和広陵

  準々決勝 6-1 奈良大附

  準決勝 10-0 一条(5回コールド)

  決勝 11-1 桜井

〔近畿大会〕

  1回戦 14-4 立命館(8回コールド)

  準々決勝 7-4 箕島

  準決勝 7-6 金光大阪

  決勝 1-0 PL学園(延長11回)

〔明治神宮大会〕

  2回戦 9-1中京大中京(7回コールド)

  準決勝 4-3 西条

  決勝 6-8 慶應義塾

…昨秋、箕島・金光大阪・PL・中京大中京・西条といった全国屈指の強豪を下して勝ち上がってきた天理、接戦での勝負強さと一気呵成に攻める爆発力をも兼ね備え、どんな試合展開でもモノにできる総合力はアタマ一つ抜けているような気がします。ひと冬うまく調整して万全な状態で選抜に臨めれば、やはり優勝候補の筆頭という評価で間違いないでしょう。冷静に調べれば調べる程、天理の強さをひしひしと実感します。去年塾高はよく勝てたよなぁ~と改めて感慨に浸ってしまいますね。

ということで次回は近畿準V、「とわのがくえ~ん♪」でおなじみのPL学園を調べてみたいと思います。

|
|

« 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。番外編 | トップページ | 明治復活の切り札。 »

野球」カテゴリの記事

高校野球」カテゴリの記事

コメント

春夏3回の優勝経験を誇る名門校。野球も凄いけどスタンドの応援もお気に入りです。『ワッショイ』『ヒットファンファーレ』『セイントポール』は勿論『宝島』『Love me tender』『オブ ラ ディ オブ ラーダ』『ナイルの守り』等攻守の交代の際等に流れるブラバンの演奏は素晴らしすぎます。ちなみに昨年の神宮大会、第1球場で試合を終えた選手達が第2球場で自分のまん前で観戦をしていました。その後一緒にまた第1球場に移動しましたよ。

投稿: おく こと KEI Okumura | 2009年2月20日 11時12分

おくさん、コメントありがとうございます。

天理、強いですね~。昨秋の対戦校から判断すると、ある意味一番強かったのではないでしょうかね…。
センバツではあまり早い段階で塾高と星の潰しあいにならないように願うだけです。

ということで、また何かありましたらコメントいただけると嬉しいです。

投稿: すーさん | 2009年2月20日 16時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/28231624

この記事へのトラックバック一覧です: 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その9:

« 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。番外編 | トップページ | 明治復活の切り札。 »