« やはり伝説の一戦は凄かった。 | トップページ | 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その3 »

少年野球とちょっぴりの家族サービス。

日曜日は朝8時から12時まで少年野球の練習でした。低学年チームは10人(幼稚園年長組のマメマメ2人含む)しかいないため、4時間という練習時間は内容の濃いものになりました。

最近の低学年チームは「人数がピッタリ」=「代わりのメンバーがいない」=「自分がやらなければ!」ということで、マメたちの中に自覚のようなものが芽生えてきたように感じます。ノックを受けていてヘマすると「もう一丁お願いします!」と捕れるまで何回もチャレンジしたり、厳しくて苦しい練習でもお互い声を掛け合って励ましあったりするなど、なかなかいい方向にチームのベクトルが向きつつあるようです。

高学年チームのコーチの方が、「低学年チームは活気とやる気が溢れてていい練習しているね。こっち(高学年)は反抗期なのか生意気で口答えばっかりしてて、試合が近いっていうのに相変わらずダラダラしてんだよな」ってボヤいておりました。

再来週から全日本学童大会の区予選が始まります。春の訪れとともにいよいよ実戦モードに突入です。さてさて、今年の春はどんなドラマをみせてくれるのか。マメたちの奮闘ぶりに期待したいと思います。

少年野球練習終了後、2月7日が結婚記念日(10年目に突入)だったということで家族揃って久しぶりに新宿へご飯を食べに行きました。日頃、草野球、少年野球、高校野球・東京六大学野球観戦等、野球漬けの日々を過ごせるのも理解のある(もうあきれ返っている?)妻のおかげだと思っております。これからも体の続く限り野球漬けの日々を送っていきたいと勝手に思っておりますので、どうか海の如く広い心でその勝手を許してください。

これからも野球オヤジを見捨てずに末永くよろしくお願いいたします。

|
|

« やはり伝説の一戦は凄かった。 | トップページ | 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その3 »

少年野球」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/27918660

この記事へのトラックバック一覧です: 少年野球とちょっぴりの家族サービス。:

« やはり伝説の一戦は凄かった。 | トップページ | 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その3 »