« 忍耐強く、粘り強く、根気強く、辛抱強く。 | トップページ | プロ野球人気回復のヒントは高校野球にある!? »

第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その5

第5回目は昨秋の北信越チャンピオン・日本文理です。

【北信越】 日本文理(2年ぶり3回目)

公式戦11試合で77得点(1試合平均7点)を奪う超攻撃型チーム。高橋君・吉田君・武石君の中軸だけでなく、8番を打つ若林君も5割近い打率を残し打線に切れ目がない。一方投手陣は伊藤君・本間君の2人が中心だが、北信越大会準決勝・決勝はともに7失点、明治神宮大会では鵡川に11失点と安定感に乏しい。投手優位といわれるセンバツだけには投手陣の整備が上位進出のカギ。

〈成績〉

〔新潟地区予選〕

 2回戦 8-1 新潟西(7回コールド)

 代表決定戦 9-1 相川(7回コールド)

〔新潟県大会〕

 1回戦 5-3 高田

 準々決勝 14-0 新潟明訓(5回コールド)

 準決勝 5-2 新潟商

 決勝 5-4 村上桜ケ丘

〔北信越大会〕

 1回戦 5-0 東海大三

 準々決勝 6-1 遊学館

 準決勝 10-7 福井工大福井

 決勝 10-7 富山商

〔明治神宮大会〕

 1回戦 6-11 鵡川

…日本文理といえば06年センバツを思い出しますね。準優勝した清峰に惜敗したものの、栗山君・横山君(現タイガース)の継投で県勢初の8強入りを果たしました。今年は打撃力が看板のチームのようなので、伊藤君・本間君のこの冬の成長度合いによっては06年の再現があるかもしれませんね。

ということで、次回は同じく北信越代表の伝統校・富山商を調べてみたいと思います。

|
|

« 忍耐強く、粘り強く、根気強く、辛抱強く。 | トップページ | プロ野球人気回復のヒントは高校野球にある!? »

野球」カテゴリの記事

高校野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/28038948

この記事へのトラックバック一覧です: 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その5:

« 忍耐強く、粘り強く、根気強く、辛抱強く。 | トップページ | プロ野球人気回復のヒントは高校野球にある!? »