« 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その3 | トップページ | 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その4 »

「サラ川」を笑うだけでなく、肝に銘じて。

漢検…ひっどいですね~。

書籍販売料や検定料やらをガッポリ徴収しておいて、業務委託と称して66億円ものお金を理事長・副理事長の経営する会社に支払っていたということですよね。財団法人でありながらトップの私腹を肥やすための手段として漢字検定試験が行われていたわけですから、もうあきれてモノもいえません。漢字の勉強なんて自分でいくらでもできるわけですから、これを機にしばらく漢検ボイコットでもして悪代官共を懲らしめてやらなければいけませんね。(それにしてもこの構図、中央省庁と所管の独立行政法人、その独立行政法人から業務を受注している役人の天下り先企業との関係に良く似てますよね。不景気に関係なく金を儲けるには、こういう図式が最も効率的ということなのでしょう。)

汚染米の転売事件、かんぽの宿1万円での売却、そして今回…、こういう類のニュースが報道されるたびに、最近のいい大人の公私混同・権利ばかり主張し義務を果たさないという姿勢・社会性の欠如・社会的モラルの低下を痛感しますね。大人がこんな有様では、子供にいい影響があるとはとてもとても…。

「子は親を映す鏡」といいますがその子をみれば親の資質がわかるといいます。生まれてきたばかりの赤ちゃんは泣くことしかできません。いろいろな所作ができるようになるのは、親を見て、親から教わり、親からしつけられるからです。

そして親から少しずつ手が離れ小学校や中学校という新たな場で社会生活を始めた子供たちは、教師や近所の住民らといった周りの大人達から、所作とともに「公」と「私」という概念を学び、社会の一員としての素養や振る舞いを身につけるのです。

子供は必ず大人を見て育ちます。子供の間に生じてきている問題の原因は必ず大人側にあるのです。己の社会性の欠如やモラルの低下を棚に上げて、「いまどきの子供は…」と一方的な批判をするのはお門違いもはなはだしいです。「いまどきの子供」を作ったのは、だらしなくなってしまった我々大人の責任であるということを、もう一度自覚しなければなりません(自戒の念をこめて…)。

昨日発表されたサラリーマン川柳100選の中に次のような句がありました。

   子どもより 大人に足りぬ 羞恥心

「えらい大人」になんかならなくていいです。この句を笑いの対象としてでなく、肝に銘じて、己を律し他人を律し子供を律っすることができるような「立派な大人」になれるよう、日々努力していこうと思います。

|

« 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その3 | トップページ | 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その4 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「サラ川」を笑うだけでなく、肝に銘じて。:

« 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その3 | トップページ | 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その4 »