« WBC日本代表、キューバ撃破! | トップページ | それでも甲子園はでっかいのだ。 »

第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その31

慶応義塾の永遠のライバル早稲田。第31回目は、東京準Vで選出された早稲田実業を調べます。

【東京】 早稲田実業 (3年ぶり19回目)

投手陣は2年生エース右腕・小野田君。140kmの速球を中心とした組立で公式戦8試合で防御率1.20と抜群の安定感を残した。小野田君をサポートするのがライト・鈴木君。公式戦4試合に登板で0.00という見事な投球を見せた。攻撃面では1番大野君が公式戦で打率.455・盗塁7個をマークし、打線を引っ張る。4番森君、5番中野君、6番小野田君と長打力と勝負強さを兼ね備えた打者が並び、ツボにはまった時の爆発力は圧巻。ただし劣勢に回ると単調になり脆さがあるとのこと。このあたりのムラの克服がなされれば上位進出も十分狙える可能性を秘めたチームだ。

〈成績〉

〔都・第23ブロック予選〕

  1回戦 10-0 明星学園(5回コールド)

  2回戦 12-2 都大森(5回コールド)

  3回戦 11-0 正則学園(5回コールド)

  代表決定戦 5-1 都城東

〔東京都大会〕

  2回戦 5-2 桜美林

  準々決勝 5-4 東京(延長12回)

  準決勝 12-0 明大中野(5回コールド)

  決勝 1-3 国士舘

…早稲田実業。もう何も語ることはありません。

選手の皆さん、決勝の晴れの舞台で夢の早慶戦が実現できるよう頑張ってください。そして早実関係者・ファンのみなさん、夢の実現に向けてお互い精一杯応援しましょう!!

フレー! フレー! わ~せ~だ~!!

さぁ、いよいよ次回は最終回。

関東王者・昨秋日本一、我が母校・慶應義塾高校を調べます。

|
|

« WBC日本代表、キューバ撃破! | トップページ | それでも甲子園はでっかいのだ。 »

野球」カテゴリの記事

高校野球」カテゴリの記事

コメント

センバツでの早稲田といえば、王投手を擁しての優勝がありますが、私は3年前の関西戦2試合が。夏にあれだけの投球が斎藤くんができたのも、この試合を経験したからだと。それにしてもあの関西戦の再試合はキセキとしか思えない勝ち方でしたし、ゲームセットの瞬間に天から舞散った雪は本当に綺麗でした。また、準々決勝が横浜戦というのも、なんか愛甲さんとのあの夏の戦いを思い出してしまいましたね。

投稿: おく こと KEI Okumura | 2009年3月17日 12時56分

おくさん、コメントありがとうございます。

斎藤佑樹君の早実というと、どうしても選手権大会決勝の引き分け再試合に目が行ってしまいますが、センバツの関西戦の引き分け再試合もインパクトありましたよね。
おくさんのおっしゃられる通り、斎藤君の原点はこの関西戦であると私も思います。

それにしても早・慶に敗れてしまった関西、是非とも奮起してまた甲子園に出場を果たしてほしいですね。

ということで、また何かありましたらコメントいただけると嬉しいです。

投稿: すーさん | 2009年3月17日 14時48分

そういえば、そうでしたね。ならばもし甲子園観戦されるのであれば、西宮神社に参拝されては。戎様でそられている通り、商売の神様が祭っておられますし、なんと言っても『甲子園』の名付け親ですからね。kしか甲子園から3つ神戸よりの駅だったかな。神社と言えば球場裏手にある通称甲子園神社と呼ばれている甲子園素すさのを(漢字が難しいので)神社。お守りや、境内にあるものはとても野球ファンには堪らないです。ぜひ

ちなみにお酒好きでしたら。灘観光なんかも(笑)

投稿: おく こと KEI Okumura | 2009年3月17日 15時39分

おくさん、コメントありがとうございます。

甲子園神社(タイガース神社)ですよね。
残念ながら訪れたことはありませんが、ボール型やベース型のお守りや絵馬があるとか、ずらっと並んでいる車止めには高校野球優勝校名が刻まれているとか…。

時間があれば是非立ち寄ってみたいスポットですね。
貴重な情報ありがとうございました。

また、何かありましたらコメントいただけるとうれしいです。

投稿: すーさん | 2009年3月17日 16時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/28641940

この記事へのトラックバック一覧です: 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その31:

« WBC日本代表、キューバ撃破! | トップページ | それでも甲子園はでっかいのだ。 »