« 日韓対決、再び。 | トップページ | いざ、サンディエゴ。 »

守備練習はヘルメット着用。

昨日は朝8時から長男所属の少年野球の練習に行ってきました。今にも降り出しそうな天気でしたが、雨粒は空から落ちてきませんでした。大会前の貴重な練習ですので、中止にならなくてよかったです。

さて昨日のグラウンドは、以前記事にも書いた公共工事で半分使用不可となったグラウンド。2チーム一緒の練習はやっぱりきついですね。高学年チームの守備ノックの打球が、低学年チームの練習しているところにガンガン飛び込んでくる危険な状況。途中から低学年チームは守備練習にも関わらず全員ヘルメット着用となりました…。

バッティング練習も、フライを打ち上げたらペナルティを与えたり、普段とはホームベースの位置を変えたりしていろいろ工夫して行いましたが、そんな努力のかいもなく、高学年チームの主砲が真芯で捕らえた打球は狭くなったグラウンドのフェンスを飛び越え隣接するマンションの外壁にドスンと激突。例の苦情申し立てをしている住民がいるマンションだったため、高学年チームの監督が謝りにすっ飛んで行きました。

そんなこんなで昨日の練習はなんとか終了。ホッとした一方、特別なことをしているわけでもないのに、何でこんな心配をしながら練習をしなければならないのかと、練習後の反省会で監督・コーチは皆、頭を抱えておりました。

本当に、この練習環境は何とかならないものですかね…。

都内なのでぜいたくは言えませんが、今まで少年野球が使っていたグラウンドを公共工事のために半分潰しているのですから、せめて代替グラウンド(学校校庭でも可)を区側に用意してほしいですよね。

福利厚生費削減の影響でしょうか、最近区内のあちこちで社員住宅が廃止され、まとまった広い空き地が目につくようになりました。

私たちにしてみれば、スポーツ施設(グラウンド・体育館等)を有する緑豊かな公園用地として区が買い上げてくれないかなと淡い期待をしてしまうのですが、区の「まちづくり」に関する部署は、税収・予算不足を理由にそういう考えは全く無いようです。広大な土地に大型マンションや商業施設を誘致して税収を上げることも大事なことかもしれませんが、子供たちが安全にのびのびとスポーツを楽しむ環境の整備というのも「まちづくり」においては非常に重要なことだと思うんですけれども…。

そしてこの少年野球の惨状で一番可哀そうな思いをしているのは、思いっきり野球をすることができない未来のWBC日本代表候補のマメ球児たちなんでしょうね…。

|
|

« 日韓対決、再び。 | トップページ | いざ、サンディエゴ。 »

少年野球」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/28541498

この記事へのトラックバック一覧です: 守備練習はヘルメット着用。:

« 日韓対決、再び。 | トップページ | いざ、サンディエゴ。 »