« 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その23 | トップページ | 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その25 »

第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その24

第24回目は、60年ぶりのセンバツ出場を決めた大分上野丘です。

【九州・21世紀枠】 大分上野丘(60年ぶり3回目)

投手陣は、右横手からクセのあるボールを投げ込む主戦の足立君・安定感のある山室君・速球に威力のある小林君の3投手による継投で勝ち上がってきた。公式戦6試合で6失策と鍛えられている。攻撃は、公式戦HR0本、盗塁1個と物足りないが、エンドラン等を多用し積極果敢な走塁でチャンスを広げ、数少ない好機を確実にモノにする。1番嘉悦君、3番金森君が、勝負強い4番の甲斐君の前にいかに出塁できるかが得点力アップのカギを握る。安定したディフェンス力で大崩れしない。接戦をモノにする粘り強さと勝負強さが特徴といえそう。

〈成績〉

〔秋季県大会〕

  2回戦 2-0 宇佐

  3回戦 5-1 別府青山

  準々決勝 1-0 三重総合(延長12回)

  準決勝 3-2 大分(延長12回)

  決勝 2-5 明豊

〔九州大会〕

  2回戦 2-3 神村学園

…県屈指の進学実績を誇る大分上野丘。県準優勝、九州大会準Vの神村学園と接戦を戦った実力から「文武両道」を評価されて、21世紀枠での選出となりました。実に60年ぶりの出場です。過去3回の甲子園では残念ながら未勝利に終わっています。まずは諸先輩たちがなしえなかった甲子園1勝を目指して、頑張って欲しいですね。

ということで次回25回目は、沖縄の興南を調べてみようと思います。

|
|

« 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その23 | トップページ | 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その25 »

野球」カテゴリの記事

高校野球」カテゴリの記事

コメント

“うえのがおか”ついこのフレーズを聞くと、阿波の攻め達磨の校歌を思い出してしまうのですが(汗)。ユニフォームがとてもシンプルなチームだと、各雑誌をみていての感想でした。もしかして来年、大学で一緒にプレーする子がいるかも知れませんね。

投稿: おく こと KEI Okumura | 2009年3月11日 14時53分

ところで、毎日新聞のセンバツサイトみましたか?同じ日の同じスタンド側にならないことを祈りますshock(昨年の開幕試合の愛知県、成章高校みたいな事が。。)

投稿: おく こと KEI Okumura | 2009年3月11日 16時45分

おくさん、コメントありがとうございます。

池田高校校歌ですよね。いまでも歌えるかな?

実は大学の時のクラスメートに上野丘OBがいまして、今年の年賀状では「甲子園だ~!」と熱き雄叫びが書かれていました。

思い出しますね~。開幕日登場の成章応援団が、アルプスに収容しきれず外野席まで黄色で覆い尽くされたことを…。60年ぶりの快挙に上野丘関係者も盛り上がるでしょうね…。

いっそのこと初戦で塾高と対戦すれば、おくさんの心配も解消されるのではないでしょうか(笑)。

ということで、また何かありましたらコメントいただけると嬉しいです。

投稿: すーさん | 2009年3月11日 18時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/28567692

この記事へのトラックバック一覧です: 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その24:

« 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その23 | トップページ | 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その25 »