« いざ、サンディエゴ。 | トップページ | もう一つの高校野球も開幕直前! »

第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その22

第22回目は、昨秋九州準V、2005年の選抜で初出場準Vの活躍をみせた神村学園です。

【九州】 神村学園 (4年ぶり2回目)

多彩な変化球を操るエース左腕・小池君が中心。速球に威力のある坂上君、福山君、小山君と2番手以降も充実。守備もセンターラインを中心に堅い。攻撃は3番江口君、4番大畑君を中心に勝負強さが光る。九州大会九州国際大戦では序盤に4点を奪い試合の主導権を握り、準決勝の興南戦では8・9回に4点差をひっくり返し逆転勝ちを飾るなど、ここぞの時に見せる集中打・畳みかける攻撃は見事。長打はないが連打で打線がつながり積極的な走塁も絡めて、どこからでも点を奪うことができるのが強み。小粒だが総合力の高いチームと言えそうだ。

〈成績〉

〔新人戦〕

  1回戦 1-2 鹿児島城西

〔鹿児島県大会〕

  2回戦 10-0 甲陵

  3回戦 6-0 大島

  4回戦 4-1 鹿児島城西

  準々決勝 2-1 鹿児島商

  準決勝 4-0 甲南

  決勝 11-2 川内

〔九州大会〕

  2回戦 3-2 大分上野丘

  準々決勝 6-5 九州国際大附

  準決勝 5-4 興南

  決勝 0-4 清峰

〔参考・1年生大会:九州大会後実施〕

  10-1 吹上

  16-2 伊集院

  5-3 鹿児島城西

…神村といえば4年前の選抜を思い出しますね。スライダーのキレが抜群の野上投手を擁し、星稜(5-3)、市和歌山商(5-3)、沖縄尚学(3-2)、羽黒(4-0)と強豪を4試合連続完投勝利で接戦をモノにし、決勝進出を果たしました。決勝では好打者堂上君擁する愛工大名電の猛打の前に惜しくも敗れましたが、その健闘ぶりは光るものがありました。今年のチームもまとまりがあって好チームのようですね。先輩たちを越え、紫紺の大優勝旗を手にすることができるか、楽しみですね。

ということで次回23回目は、明豊を調べてみようと思います。

  

|
|

« いざ、サンディエゴ。 | トップページ | もう一つの高校野球も開幕直前! »

野球」カテゴリの記事

高校野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/28551256

この記事へのトラックバック一覧です: 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その22:

« いざ、サンディエゴ。 | トップページ | もう一つの高校野球も開幕直前! »