« WBC、いよいよ明日開幕! | トップページ | 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その19 »

黒幕は誰だ?

民主党・小沢代表の公設第一秘書が政治資金規正法違反容疑で逮捕されました。

小沢代表は「民主党の失速を狙った国策捜査だ」と徹底抗戦の構えを見せています。

一方これをきっかけに支持率の回復をはかりたい自民党サイドも、同じような経緯で献金がなされていた議員も複数いるらしく、手放しにこの民主党の失策を喜んでいるわけでもなさそう…。

かといって東京地検特捜部も、大久保容疑者が「企業献金だという認識はありませんでした」と否定してしまえば、確たる証拠を抑えていなければ有罪として立件することは難しそうですし、「企業から個人への政治献金は違法」で「企業から政党・政党支部を経由して最終的に個人に献金が渡るのは合法」という、私たちにしてみればルートが違うだけで結局多額の献金貰ってるんじゃないか!と文句の一つも言いたくなるようなザル法の「政治資金規正法」違反ごときで、随分危ない橋を渡るなぁという印象(贈収賄事件の影が見え隠れしていれば、話は別ですが…)。リスクの割にはあまり得るものがないような感じですが。

もちろん法治国家である以上、どんな法であれ違反者はそれなりの裁きを受けなければなりません。法を犯した者はきっちりその罰を受け、関係者は自戒し反省の上、きちんとした身の振り方をするべきだと思います。

.

さて、ここから先の内容は私の想像で書きます。事実関係や確たる証拠などは一切ございません。フィクションとしてお読みください。

民主・自民・特捜部にはほとんどメリットがない今回の逮捕劇を、誰が一番喜んでいるのか、つまりこの逮捕劇を裏で操っている首謀者は一体誰なのか?

…アメリカ合衆国?

「日米関係は最優先、日本は重要なパートナーである」と持ち上げてあげれば喜んで何でもいいなりになる日本でなければならない。アメリカの国家戦略上アメリカの意向にイエスとだけ答える政権が極東アジアになければ困るのだ。首相なんぞ誰でも構わない、現在の自民党政権が維持されていくならば。

だが今度の総選挙で自民党政権は終焉を迎える恐れが出てきている。ニューリーダーになる可能性の高いオザワは、日米関係よりも国連第一主義を掲げる厄介なやつだ。クリントンにもいろいろうるさいことを言ったらしい。この新しい芽を何としてでも潰さなくてはならない。

「セイジシキンキセイホウイハンヨウギ」でオザワを潰せるかもしれない?。よし裏から圧力をかけて潰してしまえ。自民党の中にもこの法律に引っかかる者がいるらしいが、アメリカの国益のためには多少の犠牲はやむを得ない。

構わん、やれ。

…な~んてね。

.

繰り返しますが、このくだりについては完全なフィクションですのでご了承ください。

なんか小説が書けそうですねぇ~。

|

« WBC、いよいよ明日開幕! | トップページ | 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その19 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒幕は誰だ?:

« WBC、いよいよ明日開幕! | トップページ | 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その19 »