« WBC日本代表、まずは初戦突破。 | トップページ | 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その21 »

第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その20

第20回目は、06年春・07年春夏・08年春そして09年春と、ここのところほぼ毎回のように甲子園出場を果たしている、充実著しい野球王国愛媛の強豪・今治西です。

【四国】 今治西 (3年連続11回目)

130km後半のストレートと、大野監督が「熊代君よりも上」と評するスライダーを駆使し抜群の安定感を誇るエースの大戸君、大きな縦のカーブを武器にするサウスポーの日野君、球速はチームNo1の阿部君と投手陣は3枚揃い盤石といえそう。攻撃陣は俊足好打の左打者がズラッと並ぶ打線が特徴。前チームからの主力である3番滝野君、4番加納君を中心とした打線は、ここ3年間で最高のチーム打率 .366を誇る。公式戦9試合での失策は僅かに8個と、センターラインを中心に守備もよく鍛えられている。死角らしい死角が見当たらず、伝統校らしく攻守にまとまりのある隙のない好チームと言えそう。

〈成績〉

〔東予地区予選〕

  代表決定戦 7-0 小松(7回コールド)

〔愛媛県大会〕

  1回戦 11-0 宇和島南(5回コールド)

  準々決勝 7-0 松山商(8回コールド)

  準決勝 12-3 済美(7回コールド)

  決勝 3-8 西条

〔四国大会〕

  1回戦 15-5 徳島商

  2回戦 7-3 高知

  準決勝 5-2 尽誠学園

  決勝 1-2 西条

…甲子園通算32勝を誇る強豪・今治西。春夏通じて4強5回・8強3回という輝かしい戦績は素晴らしいです。早大→ヤクルト→日ハムと進んだ藤井秀悟投手の母校として有名ですね。藤井投手は95年春1回戦で、今回出場している富山商を1-0で完封しています。そのほかにも今治西は今大会出場している倉敷工(03年夏の3回戦で3-4)、報徳学園(81年夏準々決勝で1-3・報徳のエースは金村義明)らとも激闘を戦っています。まさに愛媛県を代表する名門校ですね。

個人的には、壮絶な打ち合いとなった06年夏の3回戦日大山形との延長13回(10-11でサヨナラ負け)の戦いが印象に残っていますね。この時、2点のリードを守り切れずサヨナラ負けの瞬間のマウンドに立っていたのが熊代君。その熊代君はその悔しさをバネにして07年夏に再び甲子園のマウンドに戻ってきました。2回戦の近江戦では被安打2で完封(1-0)、3回戦の文星芸大附戦では現横浜の文星エース佐藤君とのしびれるような投手戦を制し(6-2)、準々決勝の広陵戦(広陵エースは現明大の野村投手)には惜しくも敗れはしたものの心が揺さぶられるような素晴らしい活躍を見せてくれました。

さて今春の今治西は、先輩たちがどうしても破ることのできなかった決勝進出の壁を突破することができるでしょうか?注目したいですね。

ということで次回21回目は、九州Vの清峰を調べてみようと思います。

|
|

« WBC日本代表、まずは初戦突破。 | トップページ | 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その21 »

野球」カテゴリの記事

高校野球」カテゴリの記事

コメント

その熊代君は、確か日産野球部に所属でしたよね。あのニュースを聞いたとき、やはり彼の顔を思い出しました。相当のレベルの高い選手ですから、どこでもいいので、引き続き野球ができる環境にいてあげさせたいですね。

投稿: おく こと KEI Okumura | 2009年3月 6日 19時18分

今治西は、好きなチームです。
大野監督さん、毎年素晴らしいチームを作りますよね。
ちなみに、早大野球部には、2006年にキャプテンを務めた宇高選手がいます。

さて、おくさんがご心配されている熊代選手ですが、日産野球部が休部ということになり、1年早くドラフトにかかることになります。
秋には、プロ野球選手・熊代内野手を見ることができるかもしれません。
ただ、内野手としては、守備の面で少々難ありかな。
今年一年しっかり鍛えて、プロのユニ着てほしいです。

投稿: 疾風 | 2009年3月 6日 21時55分

おくさん、コメントありがとうございます。

そうでしたよね。熊代君は日産に進んだんですものね…。
熊代君の気迫あふれるプレーは今でも脳裏に焼き付いています。彼くらいガッツのある選手でしたら、この困難も必ずや乗り越えてくれることと思いますので、応援してあげたいですね。

また何かありましたらコメントいただけると嬉しいです。

投稿: すーさん | 2009年3月 7日 13時24分

疾風さん、いつもコメントありがとうござます。

私も今治西は大好です。伝統校らしく毎回毎回まとまりのある素晴らしいチームですよね。
今年のチームも結構いいところまでいきそうな予感がします。あまり早い段階で塾高と当たってほしくないかな?

さて熊代君ですが、休部になる日産に進んだんですよね。いい環境でプレーさせてあげることができないものか、休部という決断も何とかならないものかと思いますが、どうすることもできません。
彼のガッツ・気迫で、いい環境(プロ?)を手繰り寄せられるように頑張ってほしいと思います。

ということで、また何ありましたらコメントいただけると嬉しいです。

投稿: すーさん | 2009年3月 7日 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/28481842

この記事へのトラックバック一覧です: 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その20:

« WBC日本代表、まずは初戦突破。 | トップページ | 第81回センバツ出場の32校を調べてみよう。その21 »