« 土日は忙しかった…。その1 | トップページ | 塾野球部、ENEOSに完敗。 »

土日は忙しかった…。その2

日曜日。朝6時に飛び起きて長男をたたき起し、食事もそこそこにユニフォームに着替え集合場所の運動公園に7時30分到着。

いよいよ冬練習の成果を発揮する晴れの舞台、少年野球春季大会の開幕日を迎えました。

会場となった少年野球場には高学年チームから低学年チームまで5ブロック約40チーム総勢500人のマメ球児たちが続々と到着し、公園に咲き誇る満開の桜の下、8時10分から春季大会開会式が行われました。

3塁ベンチ横に設けられた監督・コーチ控えスペースから堂々と入場行進をするマメたちの姿をみて、高揚感・期待感を抑えきれませんでした。ふっとセンバツ大会歌「今ありて」の歌詞が頭の中に流れてきました。

開会式も順調に進みいよいよメインイベントの選手宣誓。この大役を予備抽選で1番クジをひいた我が高学年チーム主将のA君が行うことになっていました。我々も緊張しましたが本人はそれ以上に緊張していたことでしょうね。

「僕たちを応援してくれる皆さんに感謝し、青空のもと大好きな野球ができることに喜びを感じながら正々堂々と戦うことを誓います」

堂々とした立派な素晴らしい選手宣誓に、ちょっと感激いたしました。

さて、開会式が終わるとすぐに近くの小学校へ移動し試合前の練習を行いました。準備体操・キャッチボールを行った後、約1時間かけて連携や中継・カバーの入り方等をザッおさらいして試合会場のグラウンドへ3たび移動。

いよいよ低学年チーム初の公式戦を迎えました。

試合開始直前のミーティングで先発オーダーの発表があり、監督から「1番、ショート○○」と長男の名前が。大きなどよめき、そして頑張れの拍手が沸き起こります。「先発は知っていたけれど、まさか1番とは…」と私もビックリしたのですが、試合前の緊張ですでにテンパっていた長男も「!!!」。

切り込み隊長という大役を仰せつかったことで、顔がさらに紅潮し緊張感も極限に達してしまった様子。ミーティング終了後スススっと私のところへ寄ってきて「どうしよう~」と泣きそうな顔で訴えます。「失敗したっていいんだから思い切って自分のできることを試してみりゃそれでいいんだよ。気楽に楽しんでいこう!」とアドバイスしたのですが、効果はまるでなし。

「ありゃりゃ」と思っているうちに試合開始予定時刻がきてしまいました。

「選手、ベンチ前!」の声がかかります。

「集合!」の掛け声とともに両軍マメたちがホームベース脇に整列、「お願いします」の礼のあと、長男は守備位置に走って行きました。

11時15分、記念すべき第1戦がプレーボール!

1回表、捕手から投手への返球がバッターボックス内のバッターのバットに当たり三塁ベンチへ飛び込むという珍プレーで1点を先制されてしいますが、エースが続く打者から三者三振を奪う好投でチェンジ。

その裏の攻撃。先頭バッターである長男の様子をうかがうと、顔は真っ赤、目はウルウル、動きはカチコチ。案の定ぽんぽんとストライクを見逃し、最後はくそボールをブンっと空振り。…記念すべき公式戦初打席は空振り三振という記録でした。

その後試合は相手チームの四死球・エラーに乗じて、我がチームのマメ球児達が塁上を所狭しと走り回り12得点。一方全12のアウトのうち10個を三振で奪うエースの快投もあり、12-4(低学年は5イニング)で初戦快勝です。

私は、コーチとして初の公式戦ベンチ入り試合(練習試合でのベンチ入りはこれまでありますが)を勝利で飾ることができホッとしました。

長男は、3打席1打数1三振2四球・盗塁2・得点2、守備機会は0という成績でした。何が何だかわからないうちに試合が終わってしまい、やろうと思っていたことがほとんどできなかったようで納得いかない様子でした。

守備練習でも打撃練習でもそこそこ上手にこなす長男ですが、極度のあがり症に加えミスしたらどうしようという気持ちが先に立って、本番で実力が発揮しにくいタイプであるようです。

「まあ、試合っていうものはそんなもんだよ。相手だって打たせたくないと思って投げるわけだし、ヒット打ちたいと思ってバットを振るんだからね。実力の100%が発揮できて、覚えてきたことが完璧にできるんだったら、みんなプロ野球選手になってるよ。まあ、先は長いんだから慌てずゆっくりでいいから試合中に確実にできることを一つづつでもいいから増やしていこうよ!」と、一緒に風呂に入って湯船につかりながら話しました。

背番号6・1番ショート…、監督や私を含めコーチらの期待が大きいことは長男も十分承知していると思います。これから試合経験を重ねる上でこのメンタル面を克服できるかが、長男が中心選手として活躍できるかの否かの鍵になりそうですね。

まあ、彼の野球人生も始まったばかりですから、あわてずゆっくりと、でもちょっとずつでも成長して欲しいと思いますし、過度のプレッシャーを与えないようにしながら、その姿をあせらずにでもしっかりと見守っていけたらいいなと思っています。

…ということで、土日は「野球で」忙しかったです。こんな野球漬けの週末続きで、果たしていいのでしょうかね?!

|
|

« 土日は忙しかった…。その1 | トップページ | 塾野球部、ENEOSに完敗。 »

少年野球」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

いつも拝見してますが、タフ過ぎます。でも、同時に涙も流してます←言いすぎかな?春の甲子園でも、豆を連れた保護者の方を沢山みかけました。本当に色々と気遣いをしていて、でも当人たちは将来立つかも知れない舞台にお目目をパッチリ開けてみていました。近い将来、管理人さまと、選手のお父さんとしてお会いできたら最高です。

投稿: 黄色と黒は勇気のしるし♪ | 2009年4月 6日 22時37分

黄色と黒は勇気のしるし♪さん、コメントありがとうございます。

初戦はちょっと熱くなりすぎまして、ベンチから大声張り上げて「ああせい、こうせい」と指示を出しすぎたため、マメたちが萎縮して余計緊張感を煽ってしまったようです。

「教える」ということは難しいですね~。

次回からは冷静にかつ必要最小限のシ指示にとどめ、マメたちがのびのびとプレーできるような環境を整えてあげたいと思います。

ということで、また何かありましたらコメントいただけるとうれしいです。

投稿: すーさん | 2009年4月 7日 14時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/28988900

この記事へのトラックバック一覧です: 土日は忙しかった…。その2:

« 土日は忙しかった…。その1 | トップページ | 塾野球部、ENEOSに完敗。 »