« 動画配信復活! | トップページ | 塾高vs桐光、今日決戦。 »

優勝の行方。

法政の1勝1分で迎えた早法3回戦は法政が早稲田を8-4で下し、連勝で勝ち点を奪取しました。

早稲田・斎藤君を攻略した好調な打線・二神君・加賀美君と投手力も底上げされた法政は、近年の低迷から完全復活したといってもいいのではないでしょうかね。

これで各大学2カードを消化しましたので、順位をおさらいします。

  1. 明大 4勝0敗0分 勝ち点2
  2. 法大 3勝1敗1分 勝ち点2
  3. 早大 2勝2敗1分 勝ち点1
  4. 慶大 2勝3敗0分 勝ち点1
  5. 立大 2勝4敗0分 勝ち点0
  6. 東大 0勝4敗0分 勝ち点0

明治は開幕4連勝ですが、立・早・法という一筋縄ではいかない3大学との対戦が残っていますのでこれからが正念場、優勝争いはまだ混沌といった見方が適当ではないかと思います。

さてその混沌とした優勝争い、カギを握っているのはズバリ立教だと思います。

これまで慶応・法政と対戦を終え、ともに勝ち点は奪えなかったものの両校から1勝を挙げています。その健闘の原動力となっている立教が誇る戸村君・仁平君の強力投手陣は、好調明治・底力No1の早稲田といえども簡単に攻略するのは難しいと思われるからです。

第6週の慶法戦・早明戦が優勝の行方を大きく左右する大一番になると思われますが、この第6週前に明治・早稲田ともにいかに取りこぼすことなく立教戦を終えることができるかが注目ポイントだと思います。

さて明治に連敗して早くも窮地に立たされてしまった塾野球部ですが、まだまだ悲観することはありません。優勝を争う法政と直接対決が残っていますし、クライマックスに控える早慶戦も…。まずは今週末の東大戦をしっかり連勝でモノにすること、そして法政→早稲田を4タテし怒涛の6連勝を飾ることができれば、天皇賜杯は必ずや奪回できると確信しています。

二つの目は後頭部についていませんよね。目は後ろを振り返るためでなくまっすぐ前を見据えるためについているのです。優勝という目標をしっかり見据えて、気持を入れなおして力強く前進していってほしいと思いますね。

まずは東大戦、必勝です!

|
|

« 動画配信復活! | トップページ | 塾高vs桐光、今日決戦。 »

大学野球」カテゴリの記事

慶応義塾」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

信じられない事が起こりました。

昨今、低迷の法政が強力布陣の早稲田から勝ち点を挙げるという結果で嬉しいやら驚きやらで昨日から興奮しています。

やはり昨年の早稲田における細山田捕手、松本選手、上本選手の存在がいかに大きかったかがわかります。しかし、早稲田は捕手のスーパールーキー杉山捕手が活躍しています。斎藤佑投手は勿論のこと強力投手陣は相変わらずです。法政に勝ち点を落とした事が今後どう影響するのか...。息子の顔がチラつきます。

慶應も伝統の底力を必ず発揮してくるはず。優勝争いは混沌としてきたと思います。

投稿: べろちゃん | 2009年4月29日 06時59分

べろちゃんさん、コメントありがとうございます。

べろちゃんさんにとって初の親子対決となった法早戦、法政の見事な復活勝利でしたね。

明治・法政が元気だと東京六大学野球も盛り上がりますよね。

早慶は痛い星を落としたわけですが、第6週以降直接対決が組まれ、まだまだ優勝争いからは目が離せません。

大注目の春季リーグ戦となってワクワクしてしまいますね。

ということで、また何かありましたらコメントいただけると嬉しいです。

投稿: すーさん | 2009年4月29日 07時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/29335950

この記事へのトラックバック一覧です: 優勝の行方。:

« 動画配信復活! | トップページ | 塾高vs桐光、今日決戦。 »