« 天理、凄いですね…。 | トップページ | 勝利。 »

伝統校の力。

春夏通算66回出場・優勝3回・準優勝4回を誇る龍谷大平安。春夏通算54回出場・優勝10回・準優勝4回を誇る中京大中京。

高校野球屈指の名門対決となった大会3日目第2試合。春夏通じて両校の過去の対決は4試合、中京大中京の4勝0敗です。

  1. 中京商3-1平安(1932年・第9回選抜1回戦)
  2. 中京商2-1平安(1933年・第19回選手権決勝)
  3. 中京商2-0平安(1937年・第14回選抜準々決勝)
  4. 中京商5-2平安(1959年・第31回選抜2回戦)

夏は1933年以来76年ぶりの対決となりました。

.

8回裏。5-1と4点をリードするものの4回以降内野安打1本に抑え込まれていた中京大中京の攻撃。エース堂林君に疲労が見え始め、平安に傾きつつある試合の流れを引き戻すために何としてでもダメ押し点が欲しいところ。

1死後6番伊藤君が1・2塁間を破る強烈な2ベースを放つとライトからの返球がそれ一気に3塁へ。中京は代走に俊足・盛政君を起用。

1死3塁。中京は7番柴田君。平安内野陣は前進守備体制を敷き、出村投手は中京の出方を探るため、まずは3塁へ牽制の仕草。

さあ、仕切り直し。

セットポジションから出村君が投じた柴田君への初球は、インローへのストレート。

キン!!

快音を残した打球は三遊間への痛烈なライナー!

「抜けたっ!」

と誰もが思った瞬間、平安ショート・坂本君がダイブ。打球は吸い込まれるようにグラブの中へ。

「あっ!」と思う間も無く、坂本君からサード浦谷君へ矢のような送球がなされ、盛政君は帰塁できずダブルプレーが成立。

…鳥肌が立つほどの素晴らしいプレーでした。

.

このスーパープレーはもちろん坂本君の努力の賜物だと思いますが、それに加えて伝統と歴史・意地と誇りを受け継ぐ<HEIAN>のユニホーム、そして代々先輩たちから受け継がれた平安の「6」が、彼に無限の力添えをしたと思えてなりません。

超がつく高校野球の名門伝統校対決となった平安vs中京。

堪能させていただきました。

|
|

« 天理、凄いですね…。 | トップページ | 勝利。 »

野球」カテゴリの記事

高校野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/30931053

この記事へのトラックバック一覧です: 伝統校の力。:

« 天理、凄いですね…。 | トップページ | 勝利。 »