« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

菊池君の今後に期待。

センバツ・選手権と甲子園を沸かせた花巻東・菊池雄星君。国体の中京大中京戦では1イニングだけでしたがマウンドで雄姿を見せてくれました。

チームは準決勝で敗れ菊池君は代打出場のみで登板機会はなし。

さぁ、高校での野球はすべて終了です。

これから彼がどんなステージに踏み出していくのかとても楽しみですが、どんな形で野球を続けることになっても自分の信念通りに突き進み納得できる野球人生がおくれることを心から祈念しています。

菊池君、頑張ってください!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

少年野球秋季大会、終了。

日曜日、長男の秋季大会低学年リーグBブロックの最終戦が行われました。この最終戦に勝つと3勝1敗となり、Bブロック優勝の可能性が残るため絶対に負けられません。対戦相手はここまで0勝3敗、総得点15・総失点55という2・3年生主体のチーム。春季大会優勝の長男のチームが普通に戦えればほぼ負けることはありえないという相手です。

が、しかし…

試合が始まるとこちらの中継ミス・バッテリーエラーでいきなり先制され、さらに押せ押せムードで一気呵成にたたみかけてきます。こちらは浮足立ちミスを連発、自分たちのペースをつかみきれないままバタバタと防戦一方。

2点を奪われ更に2死満塁。これ以上点を奪われるといくら力差があるとはいえ挽回が苦しくなる絶体絶命の大ピンチ!!

ゴンッ!

打球はボテボテ高いバウンドのファーストゴロ。味方ベンチが「ホッ」とした瞬間、一塁手がまさかのバンザイ!

味方ベンチ・応援団からは「あああああ~」という絶叫。

と、その瞬間一塁ベースカバーに走ってきたライトがそのボールをつかみ、そのまま一塁ベースを踏み間一髪アウト!

ベンチ・応援団は「◎※△◆Φ~」という声にならない歓喜の絶叫!

…このスーパー(?)プレーで自分たちのペースを取り戻したマメたちはこのあと打ちまくり、18-2で最終戦をモノにすることができました。

長男は5番ショートで先発出場、空振り三振・四球・レフト前ヒット、打点はありませんでしたが得点2という成績でした。

それにしても野球って怖いスポーツですね。ちょっとした心のスキマ(油断)が相手に怒涛の勢いを生じさせ、受け身に回ると自分たちの実力が全く発揮できない…。マメたちも対戦相手の実力に合わせて戦ってはいけない、どんな相手でも自分たちの持てる実力を最大限発揮できるよう絶対に気を緩めてはいけないことを学んだのではないでしょうか。

ということで、この試合の結果秋季リーグ・Bブロックでの成績は3勝1敗となりました。条件的にはかなり厳しいのですがBブロック優勝の可能性は僅かながら残りました。ブロック優勝すればAブロック優勝チームと低学年の部・優勝決定戦を戦うことになるのですが、たとえ優勝できなくても力いっぱい戦って4戦3勝という素晴らしい成績を残したマメたちを思いっきり褒めてあげようと思います。

…さあ、来季からはいよいよ長男は4年生。低学年チーム最上級生となり名実ともに彼らの代のチームとなります。どんなチームに成長していくのでしょうか…。

これから始まる来春までの長くてキツイ練習、しっかり頑張っていきましょうね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

塾、連勝で法政から勝ち点奪取!

勝った! 嬉し涙が出そうです。

 慶應 001 001 102   =5
 法政 100 001 000   =2

慶法2回戦は、連投の先発・中林君→小室君の投手リレーで法政打線を2点に封じ、打っては7回渕上君の3塁打で勝ち越し、9回には小野寺君の値千金の2ベースで突き放しに成功、5-2で勝利を飾り連勝で春の王者・法政から勝ち点を奪いました!!

ここまで…

明治は、早稲田に勝ち点を奪われ立教から勝ち点を挙げる。
法政は 慶應に勝ち点を奪われ東大から勝ち点を挙げる。
慶應は、立教に勝ち点を奪われ法政から勝ち点を挙げる。
立教は、明治に勝ち点を奪われ慶應から勝ち点を挙げる。

…すべて勝ち点1。

東大・明治から勝ち点を奪った早稲田が今のところ勝ち点2で首位を走りますが、今季好調の立教、春の王者・法政そして宿命のライバル塾との対戦が残っています。

大混戦の様相を呈してきた、東京六大学秋季リーグ戦。これからは勝ち点を落とした方が優勝戦線から脱落するという展開になってきました。

サバイバル・第1弾は次週の法政vs立教戦。注目ですね!

そして我等が塾野球部は東大戦となります。といって今季の東大は全く油断できません。1回戦に限って見れば法政に2-4、早稲田に1-3と大接戦を戦ってきているからです。

最終的には勝率勝負にもつれ込みそうな展開ゆえ取りこぼしは絶対に許されません。連勝で勝ち点をキッチリ奪取し、第6週の明治戦、そして早慶戦にむけて弾みをつけてほしいと思います。

東京六大学秋季リーグ戦、早くもヒートアップしてきましたね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

塾、先勝! ~慶法1回戦~

どうしても負けられない対法政1回戦。

法政先発の加賀美君から、2回に新主砲・伊藤君の第1号先制ソロHR、4回には7番・山本(良)君の2ランHR等で3点、計4点を奪い、このリードをエース中林君→新戦力・福谷君→復活した小室君の投手リレーで守り切り、4-2でなんとか逃げ切りました。

   法政 000 000 110   =2
   慶應 010 300 00X   =4

さあ、いくぞ!

   あげよ かちどき 輝く空に
   溢るる意気を 高らかにこめて
   今こそ青春 紅に燃ゆる
   我等の力を 尽くそうよ ともに

この勢いで明日の2回戦もとったれ!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

勝利の時、今ぞ!

明日からは第3週にして早くも優勝戦線の行方を大きく左右する、慶法戦です。

開幕週で立教に勝ち点を許した塾野球部は、春の覇者・法政と激突。V奪回の為にはもう負けられない塾野球部、エース・中林君がどこまで法政打線を封じこみ、二神君・加賀美君に加え武内君が復活した強力・法政投手陣を塾攻撃陣がいかに攻略するか…。

厳しい戦いとなりそうですが、絶対に法政を撃破してもらいたいと思います。

   今ぞ 今ぞ 勝利の時 今ぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

B・W。

9月19日(土)

朝から仕事。途中現場を抜け出し事務所で塾高vs東海大相模をPC応援。再び現場へ戻り、夜7時30分頃事務所へ。9時ちょっと前に帰宅。少年野球秋季大会の第2戦が行われていたため、長男を捕まえて試合内容・結果を聞く。チームは10-0で圧勝、長男は7番ショートで先発出場し1打席目は空振り三振、2打席目三遊間への内野安打を放ったとのこと。リーグ戦の成績はこれで1勝1敗、優勝戦線になんとか踏みとどまることができ、ひと安心。

9月20日(日)

朝6時起床、家族を叩き起し7時過ぎお墓参りへ。8時過ぎ自宅へ戻りその後現場へ。その日の段取りを作業員に説明し一旦現場を離れ10時30分からの少年野球の練習へ参加。13時30分練習終了・解散。この日使用した小学校校庭は耐震工事の資材置き場となっている為通常の1/3程度しか使用できずダイヤモンドも確保できない程狭くなっている。満足な練習ができず選手・監督・コーチ陣ともに不完全燃焼…。17時すぎ現場へ戻り片付け・清掃・戸閉り。

9月21日(月)

朝8時現場へ。その日の作業内容等の打ち合わせをした後、現場を離れ10時30分から少年野球の練習。区内でも有数の広さがあるのだが区境の最も遠い小学校の校庭での練習だった為、マメたちを引率しての自転車移動にとても気を遣う。使えるグラウンドを求めてのさすらい生活、何とかならないものか…。23日のリーグ戦に備え、高学年・低学年チームともに気合いの入った練習(ただし、最後まで気合が入っていたのは監督・コーチ・保護者のみ…)。17時すぎ現場へ戻ると工事が連休中に終わらせるべき工区まで完了していたため、22・23日は休工となる。

9月22日(火)

朝8時30分東京ドームへ出発。東京ドームのグラウンドへ降りて巨人の練習を観ることができるという券(先着順)を持っていた私のオヤジ&長男の熱血G党組は既に出発。9時30分に私&妻・次男組が到着したときは定員オーバーで並んでもグラウンドへ降りられないというアナウンス。長蛇の列の中に真ん中付近に熱血G党組を発見しひと安心。試合終了後21番ゲート前で集合ということだけを決めて以降別行動。

グラウンドに降りられず時間を持て余したため次男の強い要望もあって東京ドーム遊園地へ。観覧車など数種類のアトラクションに乗る。しかし…アトラクションの乗車券っていうのは高い!!

福沢先生があっという間になくなり予定外の散財で冷や汗…。

13時東京ドーム内に入場、両軍の試合前のシートノックに見惚れる。14時試合開始。巨人・ゴンザレス、中日・チェンの見事な投手戦、亀井の値千金技ありの2ランHR…、巨人快勝の試合を堪能。

試合後合流した熱血G党組は、グラウンドに降りた時ちょうどトスバッティングをしていた坂本が長男の坂本Tシャツ姿をみてにっこり笑ってくれたこと、前から2列目という席はド迫力だったこと、亀井のHRが目の前を見事な放物線で飛んで行ったことなどを興奮冷めやらぬ熱い口調でまくし立てていました。もし優勝決定試合だったら、彼らは失神してしまうんじゃないでしょうかね…。爺ちゃん(私のオヤジ)も孫と大好きな巨人戦を観ることができて満足していた様子、いい敬老の日になったんではないでしょうか(と自己満足)。

9月23日(水)

低学年チーム・高学年チームともに秋季大会のリーグ戦第3戦目。9時20分試合開始。普段抜群の安定感を誇る我が軍エースが珍しく大乱調、全くストライクが入らず四球の連続で2回表を終了し1-5と大苦戦。がここで欠席した3・4年生レギュラーの代わりに初スタメンとなった1・2年生が連続四球で作ったチャンス(背が低くてストライクが入らない)を足がかりに、主力攻撃陣が怒涛の攻撃で大逆転に成功、試合はそのまま12-9で勝利を飾りました。いつも快刀乱麻のピッチングでチームを引っ張るエースの不調をカバーし、奮起して援護射撃し劣勢を跳ね返した攻撃陣、見事なチームワークでした。そして最後まで勝負を諦めない姿勢、素晴らしかったです。

ちなみに長男は5番ショートで先発出場、1打席目は見逃し三振、2打席目は頭付近への投球をよけた際にバットにボールがあたるという不運な投ゴロ、3打席目は1死2・3塁からセンター前にクリーンヒット、打点1を挙げました。守備でもバウンドを合わせゴロを上手にさばき、「ああ、成長したなぁ」とちょっと目頭が熱くなりました。

.

…という大型連休。

私にとってはS・WじゃなくてB(aseball)W(eek)でしたねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

しばしお休み…。

自宅のPCが吹っ飛んで、はや1ヶ月…。

復旧の目途は立たず、修理に出す・新たに購入する軍資金もない状態。

現在、当ブログの更新は会社にて仕事の合間に(ブログ更新の合間を縫って仕事していたような…)行っています。

秋の大型連休開始ということで会社のPCを立ち上げることができません。とはいえ連休中は仕事が休みというわけではなく、現場に直接行き・直帰りです。

そんなわけで連休明けまではブログ更新もお休み、24日に連休中のいろいろなことが書けるといいなと思っています。

それでは皆さん、良い連休をお過ごしください!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

塾高、ベスト8で敗退。~09年秋季県大会~

秋季神奈川県大会準々決勝・慶応義塾vs東海大相模戦は…

  東海 500 60   =11
  慶應 010 00   = 1

5回コールドで東海大相模が勝利、昨秋のコールド敗退の借りを返す形となりました。

試験明けぶっつけ本番というハンデはあったものの、コールド敗退という結果は正直予想していませんでした。やはり多少なりとも影響があったのか、肝心なところでの失策・四球が多かったようですね。また盗塁やセーフティーバント等足を絡めたたたみかけるような東海大相模の攻撃の勢いを断ち切ることができなかったようです。

思い通りのプレーができなかったこと、負けてしまったこと、悔しかったですか?

そう思えれば絶対に大丈夫。

去年は春の桐光・コールド敗戦から這い上がって、見事に夏の栄冠を勝ち取ったのですから…。

強豪・藤嶺藤沢や横浜隼人に勝利したチーム佐藤旭は、決して弱いチームではないはず。今日の敗戦の悔しさをバネにして、これから始まる「下へ下へと根を伸ばす」練習、じっくりしっかり頑張ってくださいね。

来年夏、向日葵のような大輪の花を咲かせるために…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

塾高vs東海大相模、間もなく…。

心配された台風14号も、カミソリシュートの如く東に進路をとり日本本土にはあまり影響がない模様…。

絶好の野球日和です。

昨秋塾高にまさかのコールド敗退という屈辱を喫した東海大相模は、打倒・塾高を掲げリベンジに燃えながら一丸となってぶつかってくるでしょう。

その相模の気合い・執念をまともに「受け」たら勝ち目はありません。逆にチャレンジャーとして相模に思いっきりぶつかって、攻めて攻めて攻めまくっていきましょう!

保土ヶ谷へ向けて必勝の念、送り続けます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

軟式秋季大会の組み合わせ。

09年神奈川軟式高校野球秋季大会の組み合わせが、神奈川高野連HPで発表されました。

塾高軟式は2回戦から登場、初戦はなんと…横浜隼人!

いきなり強豪との対決となりました。

9月21日(月)12時30分~平塚商業Gにて決戦です。

塾高硬式も隼人を下しベスト8進出を決めました。塾高軟式も是非とも頑張ってほしいですね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

プラチナ・チケット

大学時代の友人から巨人戦のチケットを4枚(2組)もらいました。1組は1塁側ベンチ付近の前から2列目、もう1組はその後方20列目という4枚ともめったやたらに座ることができないいうナイスポジションの席です。

敬老の日に何も企画していなかったこともあり、2列目の席は私のオヤジと私の長男で、20列目の席は私と妻と次男(幼稚園生なのでチケットがなくてもOK)で観戦しようということになりました。

その日とは…

9月22日(火)の巨人vs中日戦!

22日といえば最短の場合Gのリーグ優勝が決まる日ということになります。目の前で優勝決定の瞬間、原監督の胴上げが見られるかもしれません。共に熱血G党のオヤジと長男はその情報を聞いて狂喜乱舞!!

まさにプラチナ・チケットとなりました。

優勝の瞬間に立ち会えるなんて一生に一度あるかどうかわからない。Gファンの爺ちゃんと孫がその瞬間、飛びあがって抱き合って喜ぶのでしょう。

親孝行だなぁ(…と自画自賛)。

そんなことを思うと、何としてでも巨人に最短で優勝を決めてもらいたいと思うわけです。

というわけで、これから22日まではにわかGファンとして巨人を熱烈に応援しますよ!

.

…でも私にとっては「全早慶戦 IN 甲子園」のチケットの方がプラチナ・チケットなんですけどね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

全国最激戦区・神奈川

塾高は4強進出をかけて、強豪・東海大相模と土曜日に決戦。

そんな中8強進出校を見てみると、武相・鎌学といった、かつて神奈川高校野球界を賑わせた名門校が名を連ねています。古豪復活の兆しですね。ちょっとうれしいです。

90年代からの横浜・桐蔭・東海・桐光の4強時代を経て、塾高・武相・鎌学ら古豪が復活、横浜隼人が初の甲子園出場を決め、日藤・商大・創学館ら実力私学は近年充実著しく、これに加えて公立勢が健闘をみせる…。

数だけでなく実力も拮抗し、質・量ともに全国最激戦区・神奈川になることは、県全体のレベルの向上といった意味でも歓迎すべき状況ですよね(戦っている選手達にはより一層厳しさが増したと言えそうですが…)。

かつて「神奈川を制する者は全国を制す」といわれた時代がありました。

でも松坂大輔を擁して全国制覇を達成して以来、甲子園での神奈川県勢の優勝はありません。

久しぶりに甲子園で神奈川代表のしびれるような優勝シーン、見てみたいですね。(それが塾高ならばなおさら嬉しい…)

.

【9月17日追記 お詫びと訂正】

神奈川高校野球ファンさんからご指摘がありました。甲子園での神奈川県勢の優勝は、3年前のセンバツで横浜高校が清峰高校を下し達成しております。
すっかり忘れておりました。訂正させていただくとともに、謹んでお詫び申し上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

痛たたた…。

痛たたた…。

3回戦にもつれ込んだ慶立戦。2-2で延長戦にもつれ込む熱戦となりましたが、延長10回裏立教浅田君に決勝犠飛を打たれサヨナラ負け…。

 慶應 001 001 000 0  =2
 立教 000 200 000 1x =3

V奪回を目指す塾野球部にとって、この立教戦で勝ち点を奪えなかったのは正直痛いですね。開幕したばかりというのに残りのカードでは勝ち点を落とすことができいという、厳しい状況に追い込まれてしまいました。

でも後ろを振り返ってばかりいてもしょうがありませんね。2週間しっかりチームを立て直して9月26日からの大一番・法政戦できっちり勝ち点を奪取しましょう。

一戦必勝、そうすれば天皇賜杯奪回への道は必ず開けていくと思いますので…。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

慶立戦は3回戦へ。

塾野球部先勝で迎えた立教2回戦。

立教のマウンドにはあの丸山君…。そう、平成19年夏神奈川県大会準決勝で塾高野球部の前に立ちはだかった桐光学園・丸山投手です。リリーフのマウンドに上がった丸山君は塾高の反撃をかわし、桐光の決勝進出そして選手権大会出場の立役者となりました。その因縁の相手がリーグ戦初先発、今度は塾野球部の前に立ちはだかりました。

スコアは1-3。塾野球部は11安打を放ちながら丸山君を攻略することはできませんでした。

これで1勝1敗のタイ、今日の3回戦が仕切り直しとなりました。1・2回戦の様子を見ると打線は好調のようなので、今日こそ立教投手陣を粉砕して勝ち点を奪取してほしいと思います。

う~ん、それにしても丸山君、新たな天敵になりそうな予感がしますね。

でも大丈夫。

天敵には天敵、コブラにマングース、丸山君には田村圭君がいるじゃないですか!

早く神宮のマウンドに立って、球史に残る名勝負を繰り広げていってほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

塾高、横浜隼人を撃破!

塾高、横浜隼人を撃破!

昨日行なわれた秋季神奈川県大会4回戦・慶應義塾vs横浜隼人戦は、延長戦にもつれ込む熱戦となりましたが、延長11回表に飛び出した塾高・橘君の満塁ホームランで今夏選手権代表の横浜隼人を突き放し、準々決勝進出を決めました!

  慶應義塾 102 000 000 05   =8
  横浜隼人 000 020 001 00   =3

劇的でしたね…。

思わず2004年の秋季県大会準決勝・横浜戦で平川敬悟君が放った逆転満塁ホームランを思い出しましたよ…。

藤嶺藤沢・横浜隼人と強豪との連戦に勝利し、ひと回りたくましくなった塾高野球部の次なる敵は東海大相模。よくまあこんなに厳しいクジを引いたなとちょっと恨めしくも思いましたが、この試合経験はこの先必ず生きてくると思います。しっかりきっちり、今できることのすべてを出し切って思いっきり相模にぶつかっていってほしいと思います。

そして、しっかりきっちり、今できることのすべてを出し切って思いっきり定期試験にもぶつかっていってほしいと思います。(笑)

.

ということで、9月12日(3回戦)・13日(4回戦)に行われた各試合の結果は次の通りです。

9月12日(3回戦)

  横浜隼人 10-0 横浜栄
  慶應義塾 5-4 藤嶺藤沢
  横浜商大 2-0 日大藤沢
  平塚学園 4-0 藤沢翔陵
  鎌倉学園 7-0 県横須賀
    南   5-1  海老名
  市川崎 3-2 川崎北
  橘学苑 8-4 大和南
  東海大相模 5-4 厚木西
  立花学園 2-1 横須賀明光
  相洋 9-8 川和
  桐蔭学園 2-0 湘南工大附
  向上 6-2 山手学院

9月13日(4回戦)

  慶應義塾 8-3 横浜隼人
  向上 4-3 立花学園
  横浜商大 5-4 平塚学園
  橘学苑 6-2 光明相模原
  東海大相模 10-0 南
  桐蔭学園 4-3 相洋
  武相 2-1 横浜創学館
  鎌倉学園 9-0 市川崎

いよいよベスト8。横浜・桐光・創学館が敗れ、近年充実著しかった公立勢も姿を消しました。これからの展開、どうなっていくのでしょうか?注目していきたいですね。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

あげよ、勝ちどき!

秋季神奈川県大会3回戦・塾高vs藤嶺藤沢戦は、塾高が5-4で逆転勝利を飾りました。

【保土ヶ谷球場・第2試合】

 藤嶺藤沢 200 100 001   =4
 慶應義塾 000 400 01X   =5

0-3でリードされた4回裏に、瀧本君の2ベース・敵失・谷田君の2ベースで4点を挙げ試合をひっくり返した塾高が、山本君→瀧本君→明君→三宮君の継投で藤嶺藤沢の反撃を封じ、明日の4回戦進出を決めました。

やはり強豪・藤嶺藤沢、息詰まる熱戦となったようです。
接戦をモノにした勢いで明日の4回戦・横浜隼人戦も思い切りぶつかっていってほしいですね。

.

一方、東京六大学野球秋季リーグ戦も開幕しました。

 慶應 220 200 201  =9
 立教 010 101 100  =4

まずは立教戦、先勝です。

ラストシーズンに燃える漆畑主将の活躍、エース中林君も通算13勝目を挙げて快勝です。

この勢いで明日の2回戦も勝って、一気に勝ち点奪取と行きましょう!

明日も保土ヶ谷・神宮と、目が離せない戦いが続きます。

塾高・塾野球部の健闘、心から祈念しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

驚きの名前が!

最近は神奈川高校野球(塾高?)のことばかり書いていたような…。

今日、秋季埼玉県大会南部地区予選に慶応志木が登場するんですよね。県営大宮公園野球場で大宮東と14時から試合開始予定です。大宮東といえば、1993年のセンバツで準優勝したこともある強豪です。相手にとって不足はなし、思いっきりぶつかっていってください!

軟式もそろそろ秋季大会の組み合わせが決まりそうな時期なんですが、塾高・志木高ともに、日程等の詳細決定はまだのようです。

…なんてあれこれ思っていたら、スポニチWEB版(スポニチ・アネックス)を見てビックリ!!

塾野球部の次期監督に、プロ野球で活躍した超OBの江藤省三さんが就任するという記事が載っているではありませんか!

プロ経験者が塾野球部の指揮をとるのは初、東京六大学においても初のことだそうです。秋季リーグ戦開幕直前というこの時期に次期監督の発表というのも驚きましたが、江藤さんという名前も驚きでしたね(個人的には志村亮さんだと思っていましたから…)。

チーム一丸となって2004年秋以来の天皇杯奪回を果たし、相場監督、漆畑主将・エース中林君ら4年生のラストシーズンで有終の美を飾れることを期待しています。

まずは立教戦ですね。

キッチリ戦い手堅く勝ち点奪取といきましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

保土ヶ谷、そして神宮。

秋季神奈川県大会の3回戦・4回戦の詳細が、神奈川高野連HPで発表されました。

★3回戦(9月12日)

【保土ヶ谷】

  1. 横浜栄 vs 横浜隼人
  2. 藤嶺藤沢 vs 慶應義塾

【平塚】

  1. 日大藤沢 vs 横浜商大
  2. 平塚学園 vs 藤沢翔陵

【横須賀スタジアム】

  1. 横浜創学館 vs 湘南学院
  2. 武相 vs 逗葉

【藤沢八部】

  1. 県横須賀 vs 鎌倉学園
  2. 南 vs 海老名

【等々力】

  1. 川崎北 vs 市川崎
  2. 橘学苑 vs 大和南

【秦野】

  1. 東海大相模 vs 厚木西
  2. 瀬谷 vs 光明相模原

【小田原】

  1. 立花学園 vs 横須賀明光
  2. 川和 vs 相洋

【俣野公園】

  1. 湘南工大附 vs 桐蔭学園
  2. 山手学院 vs 向上

★4回戦(9月13日)

【保土ヶ谷】

  1. 横浜栄・横浜隼人 vs 藤嶺藤沢・慶應義塾
  2. 山手学院・向上 vs 立花学園・横須賀明光

【平塚】

  1. 日大藤沢・横浜商大 vs 平塚学園・藤沢翔陵
  2. 瀬谷・光明相模原 vs 橘学苑・大和南

【相模原】

  1. 東海大相模・厚木西 vs 南・海老名
  2. 湘南工大附・桐蔭学園 vs 川和・相洋

【横須賀スタジアム】

  1. 横浜創学館・湘南学院 vs 武相・逗葉
  2. 川崎北・市川崎 vs 県横須賀・鎌倉学園

…3・4回戦とはいえ目の離せない好カードが揃いました。さすが全国最激戦区・神奈川、層の厚みを感じずにはいられません。

塾高は、強豪・藤嶺藤沢と3回戦を戦います。これに勝った場合は今夏代表・横浜隼人という大きな壁が…。難敵との対戦、厳しい週末になりそうです。

そして今週土曜日からはいよいよ東京六大学野球秋季リーグ戦が開幕し、塾野球部の戦いが始まります。まずは立教戦ですね。漆畑主将・中林君らセンバツ8強組がいよいよラストシーズン、一戦一戦悔いの残らぬよう頑張ってほしいですね。

保土ヶ谷・神宮と大注目の今週末、塾・塾高野球部の健闘を期待しています!

  

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

ナンバー1。

「1番になりたかったですね。僕はNo1になりたい。この競争世界に生きる者にとって、オンリー1になりたいとか甘いことを言っているヤツが大嫌いなんで…」

で、そうなるために

「今自分にできること。頑張ればできそうなこと。そういうことを積み重ねていかないと遠くの目標は近づいてこない。」

「夢や目標を達成するには1つしか方法がない。小さなことを積み重ねること。」

「夢をつかむということは一気にはできません。小さなことを積み重ねるということでいつの日か信じられないような力が出せるようになっていきます。」

「小さいことを積み重ねることが、とんでもないところに行くただ一つの道。」

そう語ったイチローが、間もなくこれまでの8年連続200本安打というメジャー記録を塗り替えることでしょう。

.

こういう気構えが今のマメたちに少しでもあれば…と思う、今日この頃です。

.

9月9日補足とお詫び

この記事冒頭の「1番になりたかったですね…」のイチローの言葉は、張本さんの日本最多安打記録を更新できなかった時の試合後に発したものだそうです。ただし「オンリーワンになりたいとか~」の言葉の前に「この競争世界に生きるものにとって…」という言葉があったというご指摘をいただきました。

ここに謹んでお詫び申し上げ、記事を訂正させていただきます。

申し訳ありませんでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

こっちも開幕。

秋季神奈川県大会と同じく、長男の少年野球の秋季大会が開幕しました。

試合に先立って8時から行われた開会式では、低学年ブロック春季大会優勝チームとして優勝旗を掲げながら堂々たる入場行進を見せてくれました(ちょっと胸が熱くなりました…)。

会場を小学校へ移し行われた初戦、相手は今春快勝したチームでした。試合前のミーティングで「春、勝った相手だからといって油断するなよ。秋も必ず優勝旗を持ち帰るぞ!」と気合いを入れると、「うおおおお~っ」という元気いい返事。やる気満々で試合開始となりました。長男は2番ショートで先発出場です。

1回表、我が軍1番バッターが2ベースで出塁、いきなりの先制のチャンスで打席には長男。「何とかしてくれ~」と祈るような気持ちで打席をみていましたが、相手サウスポーのインコースへの速球に空振り三振。結局1死2・3塁まで攻め込んだものの4番・5番が連続三振を喫し先制パンチを浴びせることができませんでした。

その裏3本のヒットを浴びて2点を先制されたものの、4回表に四球→盗塁→ワイルドピッチ→二ゴロで1点を返し、試合は両軍投手の踏ん張りで1-2という、ベンチにいる私たちの胃がねじれ切ってしまうような緊迫の展開となりました。

ところが4回裏、それまで踏ん張るエースを支えてきた守備陣が痛恨の連続3失策で一挙5点を献上してしまいます。最終回(5回表)も最後の打者・長男が見逃し三振に倒れ1-7で試合終了となりました(長男は三振・四球・三振という結果でした)。

試合終了の挨拶が終わって、ベンチに帰ってきたマメたち(長男を含む)が突然すすり泣きを始めました。

「悔しい~!!」

春の大会で優勝し、勝つことの喜び・楽しさ・素晴らしさを知ったからでしょう。マメたちは思ったようなプレーができなかったこと、結果を残せなかったことを心から悔しがって涙を流しているのです。

その姿を見て、負けはしたものの試合内容にある程度満足していた自分の甘い考えを思いっきり反省するとともに、「よしっ、こいつらはまだまだ伸びるぞ!一緒に頑張っていく価値のあるマメ達だ!」と嬉しく思いました。

大会はまだ始まったばかり。

ガンガン練習して、次の試合は必ず勝とうぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

09年秋季神奈川県大会1・2回戦の結果。

09年秋季神奈川県大会は9月5日・6日で1・2回戦が行われ、90校→32校に絞られました。

初戦(2回戦)でいきなり激突となった注目の桐蔭vs横浜戦は、試合序盤から互いにビックインニングをつくる壮絶な打撃戦の末、11-8で桐蔭に軍配が上がりました。今夏選手権出場の横浜隼人、今春センバツ出場の慶應義塾はともに快勝、昨秋準Vの日大藤沢、横浜創学館、藤嶺藤沢、向上、東海大相模、横浜商大らは順当に勝ち上がったものの、桐光学園・日大高・横浜商らが早々に姿を消す波乱含みの大会序盤となりました。

【1回戦】

茅ヶ崎 6-2 渕野辺
鶴見総合 4-3 逗子開成
山北 8-7 県相模原
麻溝台 1-0 保土ヶ谷
武相 2-0 荏田
逗葉 4-2 新磯・相武台
光陵 9-2 川崎総合科学
横浜桜陽 4-3 厚木北
海老名 8-3 大和東
日大高 4-3 県川崎工
県商工 6-5 鶴見工
城山 9-0 百合丘
鎌倉 11-1 港北 
湘南工大附 14-0 鶴見
橘 5-0 吉田島農林
釜利谷 10-9 相模大野
関東六浦 7-2 大船
平塚学園 9-0 大磯
有馬 4-2 津久井浜
瀬谷 2-1 橋本
橘学苑 9-0 逗子
大和西 9-6 横浜緑ヶ丘
七里ガ浜 4-2 生田東
市川崎 10-2 永谷
県横須賀 11-0 平塚江南
藤沢西 14-4 金沢

【2回戦】

山手学院 8-0 茅ヶ崎
向上 5-0 足柄
立花学園 10-0 鶴見総合
横須賀明光 11-2 山北
横浜創学館 8-6 麻溝台
湘南学院 4-1 多摩
武相 8-4 桐光学園
逗葉 6-3 横浜商
東海大相模 8-1 光陵
厚木西 8-1 西湘
南 6-1 横浜桜陽
海老名 4-3 相模原総合
横浜栄 10-2 日大高
横浜隼人 10-0 県商工
藤嶺藤沢 10-2 城山
慶應義塾 10-0 鎌倉
湘南工大附 12-5 茅ヶ崎北陵
桐蔭学園 11-8 横浜
川和 3-2 橘
相洋 17-1 釜利谷
日大藤沢 11-2 関東六浦
横浜商大 4-0 法政二
平塚学園 8-5 戸塚
藤沢翔陵 5-4 有馬
瀬谷 10-9 横須賀総合
光明相模原 7-2 座間
橘学苑 9-2 桜丘
大和南 8-3 大和西
川崎北 22-0 七里ガ浜
市川崎 7-5 希望ヶ丘
県横須賀 6-2 神奈川工
鎌倉学園 8-0 藤沢西

今週末には3回戦が、日曜日には4回戦が行われベスト8の顔ぶれが決まることになります。秋は日没時間と同じで、大会日程があっという間に進んでいきますね。

塾高の3回戦は難敵・藤嶺藤沢に決まりました。一戦必勝の気持ちで試合に臨んで1つでも多く貴重な経験を積んでもらいたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

当選!

衆議員選挙の結果じゃありませんよ。

電子チケットぴあのプレリザーブの結果、11月23日の「オール早慶戦 IN 甲子園」の3塁側アイビー席のチケット抽選に当選(家族分の4枚全部)したのです!!

11月23日は、甲子園で思う存分「早慶戦」を満喫したいと思います!

イヤッホー!!

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

09年秋季神奈川県大会組み合わせ決定。

本日15時から09年秋季神奈川県高校野球大会の組み合わせ抽選会が行われました。秋季大会は9月5日(土)に開幕、5・6日で1・2回戦が行われます。

1・2回戦の組み合わせは以下の通りです(〈 〉内は1回戦)。

【左ゾーン】

山手学院vs〈茅ヶ崎vs渕野辺〉
向上vs足柄
立花学園vs〈鶴見総合vs逗子開成〉
横須賀明光vs〈山北vs県相模原〉

横浜創学館vs〈保土ヶ谷vs麻溝台〉
多摩vs湘南学院
桐光学園vs〈武相vs荏田〉
横浜商vs〈逗葉vs新磯・相武台〉

東海大相模vs〈川崎総合科学vs光陵〉
西湘vs厚木西
南vs〈横浜桜陽vs厚木北〉
相模原総合vs〈大和東vs海老名〉

横浜栄vs〈県川崎工vs日大高〉
横浜隼人vs〈鶴見工vs県商工〉
藤嶺藤沢vs〈城山vs百合丘〉
慶応義塾vs〈鎌倉vs港北〉

【右ゾーン】

茅ヶ崎北陵vs〈鶴見vs湘南工大附〉
桐蔭学園vs横浜
川和vs〈吉田島農林vs橘〉
相洋vs〈相模大野vs釜利谷〉

日大藤沢vs〈関東六浦vs大船〉
横浜商大vs法政二
戸塚vs〈平塚学園vs大磯〉
藤沢翔陵vs〈有馬vs津久井浜〉

横須賀総合vs〈橋本vs瀬谷〉
光明相模原vs座間
桜丘vs〈橘学苑vs逗子〉
大和南vs〈横浜緑ヶ丘vs大和西〉

川崎北vs〈七里ガ浜vs生田東〉
希望ヶ丘vs〈永谷vs市川崎〉
神奈川工vs〈県横須賀vs平塚江南〉
鎌倉学園vs〈金沢vs藤沢西〉

桐蔭学園と横浜が初戦(2回戦)でいきなり激突!…驚きましたね(絶句)。

そして秋2連覇を目指す塾高のベスト8の山には、日大高・横浜隼人・藤嶺藤沢ら強豪私学勢に加え、川崎工・鶴見工・百合丘・鎌倉ら公立の強豪校もズラッと揃いました。なかなか厳しい戦いが続きそうですね…。

組み合わせも決まり、いよいよ緊張感が高まってきました。各校にとって新チームになって初の公式戦。経験値が限りなくゼロという条件はみな同じ、つまり横一線でのスタートでどこが勝ち上がっても全く不思議ではない秋季大会です。どんな展開になるか楽しみですね。

そして勝つことも大事ですが、来夏にむけて得るものが多い大会になるよう選手の皆さんには経験を積み上げていってもらいたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

秋の野球シーズンに向けて。

いやあ、早いですねぇ。9月ですよ、9月…。もう1年の2/3が終わってしまいました。

今年の夏は例年にない忙しさで、ほとんど高校野球を見ることができませんでした。素晴らしい試合が盛り沢山の大会だったのに…残念。

でもこれからはこの忙しさに流されるわけにはいきません。

メジャー・プロ野球は優勝争いが佳境に入り、少年野球秋季大会が開幕、そして7・8月とほとんど参加できずついに規定打席不足に陥ってしまった草野球への復活、秋季高校野球神奈川県大会・東京六大学野球秋季リーグ戦も開幕…。

気を引き締めてこれからの秋の野球シーズンに取り組まなければならないと決意を固めた次第です。

よしっ、頑張るぞ(…って何を?)

まずは5日10時からチケットぴあにて発売になる、11月23日の全早慶戦 IN 甲子園のアルプス自由席券を確実にゲットすることから始めるとしますか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »