« 静か~な 静かな… ♪ | トップページ | 5ヵ月半ぶりで、20年ぶりの…。 »

CS2nd と 早慶戦。

巨人、強かったですね。

もちろん両軍とも必死に戦っているのでしょうが、はたから見ていてGは地に足がついているというか、自信に充ち溢れていて慌てずじっくりと戦っているというか…。

12ゲーム離してリーグ優勝を決めたこと、シーズンでの対D戦16勝8敗という対戦成績のこともあるのでしょうか、落ち着いて普段通りの戦い方ができれば負けるわけがないといわんばかりの戦いぶりが目につきました。

一方のD。Gに比べ勝利への執念・気迫がベンチ・選手たちからビンビン伝わってくるのですが、その思いの強さが仇となって心・技・体全てにおいて目一杯で余裕(ゆとり、あそびのようなもの?)が感じられない、うまく表現できないんですけれど必死すぎてギリギリ、自らを追い詰めすぎているという印象、ある意味悲愴感のようなものさえ感じました。

王手をかけられたドラゴンズの巻き返しのポイントは、「開き直り」と「一生懸命やりすぎない」ことではないでしょうかね。

.

この2NDシリーズ、何かの雰囲気と似ているなぁとずっと思っていたのですが、今朝「ああ、そうか!」と気付きました。

Gがワセダ、Dが塾。ここ数年の早慶戦の雰囲気だ…。

(もちろん成績や結果ではなく早慶戦を戦っているときに感じられる両チームの雰囲気ですよ)

早慶両チームの4年生には、伝統と誇りを胸に感じながら、かといって過度のプレッシャーを感じずに、素晴らしい早慶戦を戦ってほしいですね。

|
|

« 静か~な 静かな… ♪ | トップページ | 5ヵ月半ぶりで、20年ぶりの…。 »

大学野球」カテゴリの記事

慶応義塾」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/31919548

この記事へのトラックバック一覧です: CS2nd と 早慶戦。:

« 静か~な 静かな… ♪ | トップページ | 5ヵ月半ぶりで、20年ぶりの…。 »