« 明日は誰のために野球をする? | トップページ | 新聞紙ボール。 »

フレー!フレー!

少年野球・低学年チームの練習がありました。

絶対的エースだった4年生が高学年チームへ移ってしまうため投手力の低下は決定的。ただし今年1年公式戦にレギュラー出場していた3年生が6人ごっそり残るため守備はある程度目処が立つ…、とすれば「バッティング」「走塁」といった攻撃の強化が新低学年チームの課題。

ということで、まず練習前ミーティングで「10点取られたら11点奪い返す打撃力も持ったチーム」を目標に掲げ、この冬は徹底的にバッティング・走塁を練習することを宣言、来年3月31日までに練習日以外で一人3,000スイング振り込むことをノルマとして課しました。

マメ達は「3,000」という数字に驚いていましたが、3月末までは約120日間で1日30回(約5分)素振りすれば十分達成できる数字だと説明すると、俄然やる気になった様子。

発表する前はちょっと少ないかななんて思いましたが、こちらの真の狙いとしては毎日の素振りを習慣化してほしい、というところにありましたので、マメ達の反応を見て1日100回なんていう身構えるような目標設定をしなくて良かったとホッとしました。

さて、その後の練習では、素振り50回、歩きながら素振り4往復、新聞紙ボールのトスバッティング40球×2セット、フリーバッティング…、200スイング以上バットを振り込むこととなりました。

「何もしなければ何も変わらない。10回バット振れば10回分だけ打てるようになる。100回振れば100回分だけ打てるようになる。振れば振った分だけ打てるようになる。」

…この言葉を合言葉に、この冬は徹底的にバットを振り込みましょう!

フレー!フレー!バット! って感じでね。

|
|

« 明日は誰のために野球をする? | トップページ | 新聞紙ボール。 »

少年野球」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

3,000スイング!
とてもいい目標ですね。壮大な数字のようで1日に割り算すると30スイング。
まさに、ちょうどいい数だと思いました。
続けること、習慣が身に付き、そして小さな積み重ねが大きなものを生む
ということが身を持って学べるでしょうね。
いやーほんと素晴らしい。毎日5分でもいいから必ずバットを握ることが
どれほどの財産になるか、考えるだけでこちらがワクワクします。

投稿: chu3_ballpark | 2009年11月30日 20時11分

chu3_ballparkさん、コメントありがとうございます。

今年はエースにおんぶにだっこという試合が多く、来年のことを考えるとやっぱり「11点打線」を目指さないわけにはいきません(笑)。

継続は力なりといいますが、ひと冬頑張った成果が来春の大会に表れたら、マメ君たちも続けることの素晴らしさをきっと感じてくれることと思います。

今から彼らの成長ぶりがとても楽しみです。

ということで、また何かありましたらコメントいただけると嬉しいです。

投稿: すーさん | 2009年12月 1日 07時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/32425040

この記事へのトラックバック一覧です: フレー!フレー!:

« 明日は誰のために野球をする? | トップページ | 新聞紙ボール。 »