« 早慶1回戦は塾圧勝!! | トップページ | フジテレビは金輪際スポーツ中継するな! »

THE 早慶戦。

早慶2回戦、神宮へ行ってきました。

久しぶりに単独観戦(子供・家族の同伴なし)ということで、10時開門と同時に3塁側学生席近くの一般内野席へ入り、試合開始前の応援合戦をじっくり満喫しました。応援指導部演芸部部門(?)のみなさん、はるなちゃん、メジャレッツのみなさん、楽しいひと時をありがとうございました。

その後引き続き行われた早慶応援団の陣中訪問パフォーマンス・早慶賛歌、塾旗入場・塾歌斉唱で全身鳥肌総立ちの興奮と感激を体感、試合開始前にしてアドレナリンの分泌も最高潮! 

選手ベンチ前の時には「○▼※~!! うぉおああ~」抑えきれない高揚感でわけのわからない言葉を絶叫しておりました。

塾先発は4年・小室君。

1回裏のいきなりのピンチの場面も、4番原君のスクイズを冷静にウエストして失敗させピンチを脱します。これで流れが塾へ。

2回表、小野寺君2BH→湯本君H→山本良君のレフト前タイムリーで先制、長崎君・小室君が送りバント失敗で2死後、頼りになる主将・漆畑君が3BHで2点を追加、2番渕上君が四球を選び、3番山口君がタイムリー2BHでさらに1点を追加し計4点を先制。4回にも早稲田・土生君と首位打者を争う小野寺君がタイムリーを放ち2点を追加、早稲田・先発の今季防御率1位の大石君を攻略します(この試合の結果で4位に)。目の覚めるような連打連打、胸のすくような見事な攻撃でした。

9回にも斎藤(佑)君から1点を追加した塾、3回以降立ち直った小室君の粘りのピッチングもあり7-1と6点リードで9回裏の早稲田の攻撃。

塾圧勝かと思いきや、ここからがまさしく「早慶戦」。それまで封じ込められていた小室君から堰止められていた水が一気にあふれだしたかのような連打連打の猛攻で大反撃に転じ、完投勝利寸前だった小室君をついにノックアウト。3点を奪われなお2死2・3塁、一発が出れば同点という大ピンチを、マウンドを引き継いだ松尾(拓)君がかろうじてかわしゲームセット。7-4で塾が勝利を飾りました。

早稲田は勝ち点を落としたことで優勝を逸し、塾は早稲田から06年秋以来の勝ち点奪取(連勝での勝ち点奪取は04年秋以来)となりました。

やはり「早慶戦」ですね。優勝云々は関係ない意地と意地のぶつかり合い。最後の最後までもつれ見応えのある、まさしく伝統の一戦とよぶにふさわしい素晴らしい試合でした。早慶両校の選手の健闘に大きな拍手を送りたいと思います。

試合終了後、三塁側応援席前にあいさつに来た塾ナインに対して健闘をたたえる盛大な拍手と歓声が沸き起こりました。その列の一番ベンチ寄りの端っこ、ちょっとだけ離れて他の選手よりも長い時間深々とお辞儀をしていた選手が…。中林君でした。その姿がとても印象的でした。目頭を押さえていたようにも…。

これで塾高時代から追いかけ続けていたチーム漆畑とはお別れです。慶應義塾のユニホームを着て溌剌とプレーするその雄姿、しっかり脳裏に刻み込みましたよ!数え切れないほどの素晴らしい想い出をありがとう。次のステージに進んでも頑張ってくださいね!

さて…

閉会式観戦途中に自宅から「今どこ?」という電話がかかってきました。「まだ神宮。」と答えると「まだいるの!?」という呆れ気味の声が…。そんなわけで神宮をダッシュで後にしましたので、慶應讃歌・丘の上をスタンドで歌うことができませんでした。唯一の心残り…。

それでも「THE 早慶戦」を思いっきり満喫した1日となりました。

早慶両校のみなさん、ありがとう!

そして…早慶戦、やっぱり最高だ!!!

|
|

« 早慶1回戦は塾圧勝!! | トップページ | フジテレビは金輪際スポーツ中継するな! »

大学野球」カテゴリの記事

慶応義塾」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/32035421

この記事へのトラックバック一覧です: THE 早慶戦。:

» 慶早戦を観戦 [mingoh's観戦レポート]
今日は「神宮」へ「慶早戦」〈1塁側が「慶應」なので〉昨日の「早慶戦」「慶應」が11-2の大勝今日「早稲田」勝てば1勝1敗のタイとなり明日の3回戦へ持ち越し「優勝の望みをつなぐ」「慶應」が勝てば連勝で勝率で1位となるが順位が優先される「勝ち点」で既に日程を終了し...... [続きを読む]

受信: 2009年11月 4日 04時31分

« 早慶1回戦は塾圧勝!! | トップページ | フジテレビは金輪際スポーツ中継するな! »