« 新天地へ。 | トップページ | よかった、よかった。 »

怪我は怖いと改めて…

新たな球団で頑張る人もいれば、球界を去る人も…。

タイガース・赤星選手の引退発表驚きました。ダイビングキャッチを試みた際の怪我が脊髄損傷という重症で、首や手に後遺症が残っているだけでなくこれ以上衝撃が加わると命の危険もあるという話。

あの俊足・巧打に加え華麗でダイナミックな守備をもう見られないと思うと残念でなりません。でも赤星選手はまだ33歳。今はしっかり養生して体を直し、第2の人生でもガッツあふれるプレーで頑張ってほしいと思います。

それにしても怪我や病気が原因で野球人生を終えなければならない選手の皆さんは、さぞかし無念でしょうね。今年も数多くの新人が球界に入ってきますが、彼らが悔いのない選手生活を送れることを心から祈念せずにはいられません。

…ところで、塾高・上田監督の手術(股関節の痛み)はうまくいったんでしょうかね。

|

« 新天地へ。 | トップページ | よかった、よかった。 »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怪我は怖いと改めて…:

» 阪神・赤星が突然の引退 [虎哲徒然日記]
そのニュースを聞いたときは、さすがに信じられなかった。 首が悪いということは伝えられていた。それも、相当重いということも。だから、長期のリハビリを要する状態になるかもしれない、とは想定していたのだが。 阪神の赤星憲広外野手が、現役引退を発表した。 ....... [続きを読む]

受信: 2009年12月12日 10時50分

« 新天地へ。 | トップページ | よかった、よかった。 »