« 再出発。 | トップページ | もう一度じっくりと。 »

練習試合。

久しぶりに陽光に恵まれた日曜日、少年野球では春の大会にむけての練習試合が行われました。2日前に体調を崩した長男も何とか回復、2番ショートでスタメン出場です。

この時期の練習試合は「勝敗」よりも、冬の間取り組んできた課題をどれだけ自分たちができるようになったのかを試すという内容のほうが重視されます。この冬積極的に取り組んできた「走塁」がどれだけマメ達の中に浸透したのか、楽しみにしておりました。

ところが試合は序盤から、捕手から投手への返球ミスや野手間の送球間のポロリなど普段ではありえないようなつまらないミスを繰り返し、「隙をついて積極的に次の塁を狙う」という本来自分たちがやらなければならないことを相手チームに散々やられてしまい、あっという間に0-6とリードされてしまいます。

それでも終盤、やっと落着き自分たちのペースを取り戻したマメ達は、積極的な走塁を見せ始め最終的には1点差に詰め寄るまで反撃することができました。ちょっとだけでしたが冬練の成果の片鱗をチラッと見せることができたかなぁという感じでしたね(試合はグラウンド使用時間目一杯の6回までおこない5-6で惜敗でした)。

細かい問題点や課題をあげればキリがないのですが、「練習してきたことを思いっきり精いっぱい試してみる」という、試合前のミーティングで確認し合ったことはある程度できたのではないかなぁと思います。努力を重ね日々成長していくマメ達の姿を見るのはとても嬉しいですね。

これから春の大会までの1ヶ月でどこまでチームを仕上げられるか、マメ達とともにもうひと踏ん張りしたいと思います。

さて、病み上がりの長男は守備の動きではやや精彩を欠いたものの、打撃ではこの冬自ら科した毎日素振りの成果が表れ、5打数3安打・2盗塁という素晴らしい結果。打席内でもそれまでの自信なさげなおどおどした仕草が消え、堂々とした振る舞いでスイングにも打球にも力強さが加わってきたように見えました。

「継続は力なり」。

一生懸命プレーする長男の姿を見ていて、何かとても大切な事を再認識させられたような気がします。私も長男に負けないように、そろそろ本腰いれて頑張らねばなりませんね。

|
|

« 再出発。 | トップページ | もう一度じっくりと。 »

少年野球」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/33483663

この記事へのトラックバック一覧です: 練習試合。:

« 再出発。 | トップページ | もう一度じっくりと。 »