« 実現!早慶決戦!! | トップページ | 早慶戦に集中するために。 »

反省の日々。

反省の日々を過ごしております。

大事な大会の試合前に、だらけていたように見えた(見えただけでだらけていたわけではない)マメ達を一喝してしまいました。

試合開始に向けて徐々にモチベーションや集中力を高めてあげて行かなければならないのに、思わずガツンと…。それまでのリラックスムードが一変、マメ達は意気消沈、大事な大会もコールド敗退となってしまいました。

試合開始前という非常にデリケートな状況であることももわきまえず、何とも配慮のない愚かな言動をしてしまったと深く反省しております。

己の未熟さをただ、ただ悔いるばかり…。

保護者の皆さま、そして何よりもプレーする子ども達、ごめんなさい。

本当に悪いことをしてしまいました。

心からお詫び申し上げます。

|
|

« 実現!早慶決戦!! | トップページ | 早慶戦に集中するために。 »

少年野球」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

すーさん、こんばんは。
反省は大事だと思います。我々コーチも少しずつ成長するということで。
でも、ひいたらダメですよ。試合前のデリケートな状況・・・と
ありましたが、私の感覚ではそんなに「デリケート」ではないように思います。
ルーティンとかコンディションとかモチベーションとか、
そんな言葉が一般に流行るようになり、それらしいことを言う人も
多くなっていますが、少年野球レベルでそんなもんがありまっか?って。
家を出てくる時にもお母さんに「早くしなさい!!」とかなんとか
言われながら出てきてるんですから。それもルーティンというのか??(笑)

ただ、気をつけないといけないのは「逃げ道のない叱り方」を
しないということですよね。ぐうの音も出ないほど追いつめるのは
ダメだと私もしばしば反省します・・・。

投稿: chu3_ballpark | 2010年5月19日 22時57分

chu3_ballparkさん、コメントありがとうございます。

自分では良かれと思っていたことも逆効果ということがあるようですね。
今回は、低学年チームのお手伝いしかしていない私が、たまたま高学年チームの試合を見に行っての出来事でした。
私の眼には「試合前なのに集中してないな」と映り、これはいかんと思って一喝したのですが、高学年チームの面倒を見ているコーチの皆様を差し置いて、勝手にしゃしゃり出て、日頃の試合前の様子を知らないのにいきなりかなり激しく叱責したもので…。
普段の試合前の様子とかわりないなら何も問題がないわけで、もし一喝するにしても、高学年チームのコーチに「この様子は普通なのか」を確認し、たるんでいるようならば私が注意していいかを確認してからでもよかったんじゃないかなと…。

言葉遣いや表現も、気合を入れようとかなり厳しかったようで、子どもたちにとっては「逃げ場のない叱り方」だったのかもしれません。
叱るときは直情的にガツンといくのではなく、一旦冷静になって、状況やタイミング、場所、表現を考えなければならないなぁと、とてもいい経験になりました。

この経験を生かして、私もコーチとして子どもたちと一緒に成長していきたいと思います。

また何かありましたら、コメントいただけると嬉しいです。

投稿: すーさん | 2010年5月20日 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/34757542

この記事へのトラックバック一覧です: 反省の日々。:

« 実現!早慶決戦!! | トップページ | 早慶戦に集中するために。 »