« 歓喜から一夜明けて。 | トップページ | 新人戦は準優勝。弟は? »

心踊るスコアボード!

東京六大学春季リーグ戦が閉幕すると始まるのが新人戦。明日の東京六大学を背負って立つ若人達が神宮を舞台に覇を競います。

本日は準決勝が行われていますが、その第1試合で塾が法政を4-1で敗り決勝進出を決めました。

東京六大学HPからの情報しかないのですが、塾スタメンには塾高OBの1番・福富君、4番・鈴木(裕)君、5番・山崎君、6番・内藤君が名を連ね、途中交代でも斎藤君・溝口君・阿加多君が登場していました。

そして先発は選手権8強の原動力となった只野君。彦根東でセンバツ出場を果たした金子君がマウンドを受け継ぎ、最後を締めたのが本格派右腕・白村君という投手リレー。

決勝進出以上に、あの甲子園で私たちに素晴らしい想いさせてくれた選手たちが逞しく成長し元気な姿で神宮に登場してくれたことが、嬉しくて、嬉しくて…。

無限の可能性を秘めた将来が楽しみな魅力溢れるスコアボードですよね。

今秋のリーグ戦でこの中のメンバーがスタメンに何人も名を連ねることになれば、塾野球部の戦力の充実はより一層図られたと言えるでしょうね。そしてその時こそ、本当の意味で「胸が高鳴り、心が躍るスコアボード」になりそうな気がします。

そんなスコアボードは、きっと嬉し涙で目の前が滲んじゃって、はっきり見えないんでしょうけどね…。

|
|

« 歓喜から一夜明けて。 | トップページ | 新人戦は準優勝。弟は? »

大学野球」カテゴリの記事

慶応義塾」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/35013123

この記事へのトラックバック一覧です: 心踊るスコアボード!:

« 歓喜から一夜明けて。 | トップページ | 新人戦は準優勝。弟は? »